記事の詳細

DAZで動画を作るなら、便利な、体の小さな動きのaniBlocks。

Genesis 8 Alive!
Genesis 8 Alive!

DAZでは、他の3Dソフトと同じ『タイムライン』でも動画が作れますが

DAZ独自の『aniBlocks』という形式でも動画が作れます。

『aniBlocks』を触ったことがないあなたは、是非、この動画をごらんください。


初めてみるとわけがわからないと思います。

それが普通なので、わからなくてもカーッ! ってならないで大丈夫!

 

ウインドウの下に『青いボタン』がずらっと並んでいます。

それが『aniBlocks』といって、『部分を動かす動画ポーズ』なんですね。

それを上のaniBlocks用タイムラインに『並べる』ことで

連続して動きを作ることができます。

 

動画の前半は、『カテゴリごと』にわかれたこのaniBlocksが

どういうふうに動くか、のデモです。

aniBlocksにマウスを載せるだけで、そのポーズをフィギアが勝手に表現してくれるのです。

 

この動画の最後の方で、『サブトラック』を出して

このaniBlocksをどんと追加しています。

フィギアが前に手を出したり、首を曲げたり、瞬きをしたり……これらがこんな簡単に設置できるんですね!

 

このアイテムはそれに加えて『呼吸したときの』腹筋や胸の動きとか、

『呑み込んだ』時の喉の動きとか

ポーズで作るとめんどうくさいことがパックになっています。

 

『呼吸の動き』をタイムラインで作ろうとすると、

いくつものモーフを動かさなきゃいけないので凄く大変です!

 

関連記事

ページ上部へ戻る