記事の詳細

Marvelous Designer 5で自作小物の法線を裏返したままシミュレーションすると、

布が正しくシミュレーションされません。

20160108_00Create3D1157_thumb20160108_00Create3D1177

これは、MD5の布が、法線の表側に出ようとするから。(推測)

 

自作ブーツと、自作袴でシミュレーションしたら、

右ブーツが法線が逆のため、大惨事に!

 

法線裏側のままシミュレーションした実例。

ブーツの中に袴の裾が巻き込まれていくぅっ!

20160108_00Create3D1159_thumb20160108_00Create3D1160_thumb20160108_00Create3D1161_thumb

(この時点では、法線が逆だと、私が気づいていない)

 

ピンを使って外そうとしても、必死!

20160108_00Create3D1162_thumb20160108_00Create3D1163_thumb20160108_00Create3D1164_thumb20160108_00Create3D1165_thumb

左足は普通。

 

ここで気づいた。

つまりは、右足のブーツが法線逆やねん。

 

MD5はメッシュの法線に対して『表』に出ようとする。

ブーツが裏面表になってるから、中に入っちゃうんだ。

 

あ、逆に言うと、ブーツインズボンとか、わざと法線逆にしてメッシュ取れば、綺麗に中に入ってくれるんだ!

そっかー!ヽ(´▽`)ノ

何気に、ズボンの裾のブーツインって邪魔臭いから、これは重畳♪

 

右ブーツが裏面になった理由。

ミラーするときに、邪魔臭かったので『-X』でミラーしたため。

これは、前から裏面になるのがわかってたんだけど

前回裏面になったときは、プレビューでも黒くてわかったんだ。

今回は、Mayaで裏面に見えなかったから見過ごしてしまった。

 

実際↓法線を表示させてみたらどっちも表向いてる。

20160108_00Create3D1166_thumb20160108_00Create3D1167_thumb

でも、

↓MD5で見ると、法線逆になってる。

20160108_00Create3D1173_thumb[1]

 

MD5用に、右ブーツを法線反転して書き出したら綺麗に落ちてくれました!

20160108_00Create3D1174_thumb20160108_00Create3D1175_thumb20160108_00Create3D1176_thumb

それだけの問題!ヽ(´▽`)ノ

 

 

 

ブラボーシャカシャカ “”8(^∇^8)(8^∇^)8″” シャカシャカ

 

↓この人の着物です。

フィギア改変、テクスチャ、槍、髪、自作。

【3d】蜻蛉切の槍メイキング | 天川和香 [pixiv]

 

【MD5】法線が表になっていないと、惨劇になります。

解決方法。

全部法線を確実に表にする。

 

でした。

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2016/01/08 18:08 】

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私、天川和香が常備しているもの♪


パソコンの動作が重たくならないセキュリティソフト

人気ページ

こんな記事もいかがですか♪

天川和香のTwitter

アマゾンの売れ筋10

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。