記事の詳細

Windows10でMicrosoftIMEとJapanist2003(富士通のIME 親指シフトで利用)を使用。

 

困っていた事態。

Windows10の場合。

  1. windows live writer(日本語で使いたいソフト)を使ってJapanistで日本語の記事を書く。
  2. Maya(半角英数字で使いたいソフト)を前面に出す。
  3. Japanistのまま。
  4. コントロール シフト を押して、MicrosoftIMEに変える。
  5. 日本語になっているので、半角キーを押して英数字にする。
  6. 作業開始
  7. 記事を書くためにwindows live writerを前面にする。
  8. 半角英数字のまま。
  9. コントロール シフト を押して、Japanistに変える。
  10. 無変換を押してひらがなモードに変える。
  11. 記事作成
  12. Maya(半角英数字で使いたいソフト)を前面に出す。
  13. Japanistのまま。

 

Windows7の場合。

  1. ライブライターでJapanistを使って日本語の記事を書く。
  2. Maya(半角英数字で使いたいソフト)を前面に出す。
  3. MicrosoftIMEの半角英数字に自動でなる。
  4. 作業開始。
  5. 記事を書くためにwindows live writerを前面にする。
  6. 自動でJapanistになる。
  7. 記事作成。
  8. Maya(半角英数字で使いたいソフト)を前面に出す。
  9. MicrosoftIMEの半角英数字に自動でなる

 

毎回、この、ショートカット二回押す必要があって、凄く困ってた。

一回や二回ならいいんですが、これを一日に何十回と繰り返すんです……

左手の腱鞘炎が悪化する程の事態でした。

辛かった……。・゜゜・(>_<)・゜゜・。

 

 

 

↓↓解決サイト!

Windows10環境でJapanist2003を安定して使うこつ: くすぴーのぼらぼらBlog2

 

 

【図解】解決方法

設定を出す。

20160911_00Create3D4709

 

検索で『言語』と入れる。

20160911_00Create3D4715

 

他のIMEは知らないけど、Japanistだと日本語が使えないので

20160911_00Create3D4710

 

他に使えるソフトで『言語』と売ってコピペする。

20160911_00Create3D4711

今の所、うちのJapanistではColladaも日本語入力できないw

ので、使わない決断は早かった。

 

↓検索に『言語』と入れると出てくる『言語』を選択。

20160911_00Create3D4712

 

↓詳細設定を選択。

20160911_00Create3D4713

 

『入力方法の切り換え』で『アプリウインドウごとに異なる入力方式を設定する。にチェックを入れる。

20160911_00Create3D4714

保存。

 

これで、Windows7と同じく、IMEの自動起動ができるようになりました!

 

あー、もうっ、どれだけ楽になったかっ!

 

 

ありがとうございます!ヽ(´▽`)ノ

Windows10環境でJapanist2003を安定して使うこつ: くすぴーのぼらぼらBlog2

 

 

【Windows10】【図解】アプリごとに別のIMEを使う方法【とくにJapanist】

でした。

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2016/09/11  8:27 】

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私、天川和香が常備しているもの♪


パソコンの動作が重たくならないセキュリティソフト

人気ページ

こんな記事もいかがですか♪

天川和香のTwitter

アマゾンの売れ筋10

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。