記事の詳細

昨日しこたま買ったRonsブラシ。

インストール方法

パスの選択までは、いつものインストールと一緒です。

 

いつものインストール画面。

130223_D0819

オケオケ、で進む。

130223_D0820

 

■インストールフォルダの選択。

パスを選べ と 言われます。

ここでどこにダウンロードしていいのか迷うと思います。

 

回答としては

『どこでもいい』です。

私はダウンロードフォルダにインストールしました。

 

買ったブラシなどによって、ダウンロードファイルが違います。

なので、選別するためにも、全部同じフォルダにダウンロードした方が効率が良いと思います。

 

130223_D0821

後で、二回クリックするのが面倒くさくなって、Eドライブにインストールしてから

ダウンロードフォルダに移動させました。

(最終的には、素材をまとめている『素材集』フォルダに移動させます)

 

 

↓こういう画面が出てきたら、全部チェックはずしていいです。

130223_D0824

 

アンインストーラーとかが↓ここに表示されるだけで邪魔なので。

130223_D0835

アンインストーラーも私は不要にしました。

アンインストールしたいときは、フォルダごと削除すればいいことです。

 

これはプラグインや、複数フォルダにファイルをインストールするものではないので

(全部のチェックをはずした場合)アンインストーラーは不要です。

 

逆に、↑の画面でチェックをつけたままにすると

アンインストーラーが無いと、手作業で削除することになります。

 

 

------------------------

■中身の説明。

 

 

130223_D0825

私が昨日買ったのを全部インストールすると、こんな感じ。

 

devineyフォルダの中。

130223_D0826

 

Ron’s Mud

Rons

↑だとダウンロードフォルダは↓

130223_D0827

中身は↓泥のピクチャです。

130223_D0828

これはブラシではないので、Photoshopでなくても使えます。

合成に使ってください。

 

板ポリゴンに張って、Daz Studio4.5の中で使ったり

イメージレイヤー機能で直接テクスチャにつけるのもアリです。

 

Ron’s Apocalypse

Ron's

↑だと↓

130223_D0829

三つのフォルダがあります。

 

■Backgroundsの中身。

130223_D0830

そのまま背景に使える、高解像度の絵です。

Daz Studio4.5でバックドロップに使ってもいいですし、

人物などをPINGでレンダリングして、他の画像ソフトで背景に合成してもいいです。

 

■Brushesフォルダの中身。

130223_D0831

これは、純粋にPhotoshopブラシなので、Photoshopでしか使えません。

↓のツール(無料)で画像を取り出すことで、他の画像ソフトでも使えるようになります。

Photoshopを起動せずブラシを一覧表示できるAbrViewer | アールズリンクのブログ
メニューのExport->Thumnailsでこのようにブラシを一枚ごとにPNG画像化してくれます。

 

ブラシだと、たくさんになると管理が大変ですが

画像にしてしまうとPhotoshopブリッジで一気に管理できますので、

私は、大きめブラシは全部これで書き出しています。

 

 

■ブラシファイルの使い方

ブラシプリセットのウインドウを出します。

130223_D0861

 

右上のメニューから『ブラシファイルの読み込み』を選択。

130223_D0862

 

今の私のブラシプリセット↓

130223_D0863

 

先程、ロンズブラシを保存したフォルダを選択。

130223_D0864

 

ブラシファイルを選択。

130223_D0865

 

ずろーんと読み込まれます。

130223_D0866

あとは、普通のブラシのように使ってください。

130223_D0869

基本的にこのブラシは画素数が大きいので

130223_D0870

↑のスライダで大きさを調節してください。

 

130223_D0871

 

 

■PSDsの中身。

130223_D0832

これもPhotoshopファイルですので、Photoshopレイヤーが扱えるソフトでないと、開いても意味が無いです。

 

高解像度の『部品』がレイヤーになっています。

130223_D0833

 

↓ひとつひとつのレイヤーに別々の部品が入っていますので

好きなものを他のファイルのレイヤーにコピペして使います。

130223_D0834

簡単にいうと、ファイル倉庫としてレイヤーを使っています。

 

これも、レイヤーを一枚ずつ書き出してしまえば、

アドビBridgeで一覧管理できます。

 

 

------------------------
Ron’s Artistic Edges

Rons

画像のエッジ(額縁効果)のアイテム。

 

内容は↓

130223_D0836

 

これもPhotoshopファイルですが、レイヤーは一つです。

130223_D0838

 

■使い方

事前に絵を用意。

以下『画像』と呼びます。

130223_D0837

ちなみに、この絵は、右がマイケル4、左がヴィクトリア4。

Poserで二人を裸でレンダリングし

Photoshopで服と髪などを書き加えて顔を修正したものです。

どうやっても顔のデッサンが狂わない3Dは凄い♪

 

 

130223_D0838

例として↑の1を開きます。

↓を『エッジ』と呼びます。

130223_D0840

 

今回は、画像がエッジよりはるかに小さいファイルですので、画像サイズを合わせます。

130223_D0841

 

画像の方の画像解像度を開きます。

130223_D0843

 

画像の解像度。横が1376。この数値をコピー。

130223_D0842

 

今度はエッジの解像度を開き、『幅』に先程の『1376をペーストしてOK。

『縦横比の固定』にチェックが入ったままなので、縦幅も縮みます。

 ここでエッジを『保存』しないように。

気になる人は、開いたときに、エッジを別名保存するか、

元ファイルをバックアップしておいてください。

130223_D0844

 

エッジを画像にドロップ。

130223_D0845

 

エッジの横幅が画像に沿うように移動させます。

130223_D0846

 

編集、変形、拡大縮小で、縦幅を詰めます。

130223_D0847

 

エッジの縦幅を画像に合わせてリターンキーを押して確定。

130223_D0848

 

画像をエッジの上のレイヤーにします。

130223_D0852

 

画像レイヤーを右クリック。

『クリッピングマスクを作成』

130223_D0853

 

レイヤーが↓こうずれたら

130223_D0854

 

画像が↓エッジで切り抜かれています。

130223_D0855

『クリッピングマスク』というのは

下のレイヤーの黒い部分で上の画像を切り抜くツールです。

 

 

 

背景が透明格子でよく分からないので、

一番下に色レイヤーを起きました。

130223_D0856

 

背景色で絵のイメージが変わります。

130223_D0857130223_D0858

 

エッジを消したいときは、画像レイヤーで右クリック。

130223_D0859

『クリッピングマスクを解除』で元の画像に戻ります。

 

画像自体は触っていませんので、

別名保存しなくても、試行錯誤ができます。

 

白エッジ。

130223_D0857

↓元絵

130223_D0860

↓黒エッジ。

130223_D0858

 

帽子をかぶると、男前や美人度が上がるように

エッジを変えるとちょっと絵がうまそうに見えます♪(笑)

 

↓には、こういう『エッジ』が30枚入って十ドル弱。今は半額です。

Ron’s Artistic Edges

Rons

 

この先、レンダリングして画像をサイトにアップとかするのでしたら

買っておいて損はないアイテムだと思います。

 

------------------------

 Ron’sブラシなどを素材集の中で整理する。 | Create3D

------------------------

 

 ------------------------------------------------------------------------

このかたのアイテムに無くてはならないPhotoshop♪

 

Photoshopの安い方。

Adobe Photoshop Elements 11 Windows/Macintosh版
アドビシステムズ (2012-10-12)
売り上げランキング: 33

 

 

 

 

 

↑スキャナとか買ったら、バンドルでついてることがある。

私もスキャナ買ったときに着いてきたので持ってるけど、

使ったことないので使い方知らない。

(ちょっと標準とウインドウが違うみたい)

 

↓アドビ公式サイトの教習ページ(体験版ダウンロードあり)

 

 

標準PhotoshopCS6。

Adobe Photoshop CS6 Windows版
Adobe Photoshop CS6 Windows版

posted with amazlet at 13.02.23
アドビシステムズ (2012-05-11)
売り上げランキング: 373

 

 

Photoshopの高い方(私が持ってるのはこれ)(なんかアマゾン品薄っぽい)

Adobe Photoshop CS6 Extended Windows版 [ダウンロード]
アドビシステムズ (2012-05-11)
売り上げランキング: 2,543

 

 

 

 

 

 

↓こういうことができるのはこのエディションだけ。(6買う前なので5の使い方になってますが、方法は同じ)

ポリゴンの展開(UV展開)とか考えずにテクスチャが作れる。←これが凄い!

なんてったって、3Dに直接絵が書き込める すぐれもの。

 

あと、動画も作れる♪

こないだ山ほど作った♪ あんな楽々動画が作れるとは♪

 

Daz Studio4.5から連続画像を書き出してPhotoshopCS6でまとめるだけ♪

 

アドビソフトは、悪女に貢ぐつもり で買うとよろし(笑)

お金だけのことはしてくれるソフトだから。

画像に関することはなんでもできるのでストレスがなくていい。

 

時間をお金で買う人は必須。

 

 

Enjoy!

 131001_D 天川和香 Create3D1674deviney

 

=== 天川和香 === あまかわわか ===Waka Amakawa==

2013_02_23(土) pm03:55

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私、天川和香が常備しているもの♪


パソコンの動作が重たくならないセキュリティソフト

人気ページ

こんな記事もいかがですか♪

天川和香のTwitter

アマゾンの売れ筋10

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。