記事の詳細

Daz Studio4.8での自作髪のセッティング方法。

【Daz】自作髪のセッティング方法

↑こういう髪を自作で作ったとする。↓メイキングはこちら↓

歌仙兼定の髪を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

↓この子の髪を作ったときは、プロップのまま、ヘッドに設置してるだけだった。

 それでも何も支障は無い。

【3d服作成】ライアンの服作成【まとめ】

【3d服作成】ライアン作成【まとめ】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

でも、プロップのままだと↓『髪属性』がつかないのね。

↓この『ヘアー』ってアイコンを着けたいんだけど、未だに方法がわからない。

20150802_00Create3D4498

髪属性なくても支障ないからいいんだけど、長髪では髪属性無いと困るので、見つけないといけない。

 

↑これはまだできていないけれど、トランスファーユーティリティした時の注意点を書いとく。  

20150801_00Create3D4487←歌仙さん。

Dazで髪をセッティングする。

スクショないので、文字だけ。

 

『Genesis 2 Male改変歌仙さん』に着せる手順。

 

  1. 歌仙さんの身長で髪の毛を作っている場合、 『歌仙さんヘアOBJ』
    1. 『歌仙さんヘアOBJ』をDazにインポート。
    2. Genesis 2 Maleの頭に合わせて髪の位置を決める。
    3. その位置で髪の毛だけをOBJエクスポート。『G2MヘアOBJ』
      1. これで位置情報をフリーズ(『ゼロ位置』に修正)させる。(他に方法があったら教えてください!)
  2. 『G2MヘアOBJ』をインポート。
    1. 『G2MヘアOBJ』をGenesis 2 Maleにトランスファーユーティリティする。
  3. 歌仙さんをロードする。
  4. 歌仙さんの頭に『G2MヘアOBJ』をフィットツーで移行する。
    1. ここでメッシュが乱れる。 ↓
    2. 20150802_00Create3D4497
  5. このメッシュが乱れた『G2MヘアOBJ』に、『歌仙さんヘアOBJ』をモーフで読み込む。
    1. モーフを適用する。
  6. 眺めて悦に入る♪

 

 

 

私がしたミス。
  1. 『歌仙さんヘアOBJ』 をインポート。
  2. Genesis 2 Maleの頭の位置に合わせる。
  3. 『G2MヘアOBJ』をエクスポート
  4. 『G2MヘアOBJ』をインポート。
  5. 『G2MヘアOBJ』に『歌仙さんヘアOBJ』をモーフ。(この時点で歌仙さんの頭に髪がある)
  6. 『G2MヘアOBJ』をGenesis 2 Maleにトランスファーユーティリティ。
  7. 『G2MヘアOBJ』を歌仙さんの頭にフィットツーで移行。
  8. 髪がモーフの分ずれる。
  9. モーフをゼロにすると、髪が乱れる。

トランスファーユーティリティを先にしなきゃいけない ってことを忘れてた。

 

悦にいる♪

これで二人分できた~♪

 

 

よし、どんどん作って行こう♪

そして、イラストや漫画を作ろう♪

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/08/02 11:05 】

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私、天川和香が常備しているもの♪


パソコンの動作が重たくならないセキュリティソフト

人気ページ

こんな記事もいかがですか♪

天川和香のTwitter

アマゾンの売れ筋10

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。