記事の詳細

DAZのインタラクティブライセンスとは?

 

公式サイト(英語)

Interactive License | 3D Models and 3D Software by Daz 3D

 

チョー簡単に言うと

  • 3Dゲームで使う時にはこのライセンス買いなさいよ。

ってことです。

 

『DAZ3D』のアイテムは、レンダリングしたら商用利用可能です。

『DAZ3D』で配布しているアイテムは共通して

3Dアイテムをレンダリングして2Dのイラストにしてしまえば

商用利用が可能です。

 

商業誌の背景に使っても、

メインフィギアに使って映画を作っても大丈夫!

 

動画にするのも大丈夫。

 

2Dのゲームにするのも大丈夫。

 

『3Dゲーム』にするのだけが別ライセンスです。

 

なぜ3Dゲームだけ別ライセンスなのか?

3Dゲームにフィギアを埋め込むと

『レンダリング』をしていないので

『元アイテム』が取得できる可能性がありますよね?

 

あるんですか?

あるんです!

 

ゲームを配布した先で、プログラムをいじれる人なら

フィギアを取り出せます。

 

  • 有料のフィギアを、ゲームを介して無料配付されては困る。

そういう危惧の元

『3Dゲームで使うためのライセンス』というものが誕生しました。

(多分)

 

ですので、『3Dゲーム』とかそれ以外でも

『配布先でフィギアが取り出せる形式』のものは、このライセンスが必要になります。

 

逆に言うと、

『2Dにレンダリングしてしか使わない人』には

一切関係ないです。

 

動画は3Dじゃない?

『3Dフィギアで作った動画』は『一件3D?』と思われますが

それは、『素材が3D』なだけで

動画の中からフィギアを取り出すことはできません。

 

結局は、動画は『2Dにレンダリング』したものを

パラパラアニメにしただけの話です。

 

ですので、このライセンスは必要ありません。

 

結論

Unityとかの、3Dゲームなどに

DAZのフィギアを3Dのまま使う場合、

のみ

インタラクティブライセンスが必要です。

 

【DAZ3D】インタラクティブライセンスとは?

でした。

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【ネットで稼いで2020年までに家を買います! 2018/03/16 】

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私、天川和香が常備しているもの♪


パソコンの動作が重たくならないセキュリティソフト

人気ページ

こんな記事もいかがですか♪

天川和香のTwitter

アマゾンの売れ筋10

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、サイトに来なくても記事が読めます!

4,416人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る