記事の詳細

Daz Studio4.8で髪の毛を設定する。

 

メッシュは、

MarvelousDesigner4.2.1.111で作成し、

Autodesk Maya 2014とZBrush 4R7で改変した。

 

 

前記事。↓

【MD4】3dで和泉守兼定の髪を作る。22 透明度マップを作る。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

このシリーズ記事一覧↓

和泉守兼定の服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

公式和泉ちゃん。↓

20150419_00Create3D0703

 

Mayaでメッシュを作り替える。

前回のアバターの修正から、服が変更になり、髪の毛が服を突き破った。

多少の変更にしようかと思ったんだけど、テクスチャを描いてみたら、おもいのほか、『後れ毛』を描くスペースが無いことに気付いた。

なので、修正が、がっつりとメッシュの幅を広げる。

ついでに、修正する部分にかかるMD4の乱れたメッシュも、全部、エッジを削除して割り直した。

20150831_00Create3D5609

↑頭が大きいと思ったので、それを下げるかたわら、全部繋がっていた髪をデタッチで離した。

MD4だと『縫合』すると全部のメッシュが繋がってる。

ヘッドキャップの一本のエッジから3本のフェイスが生えている状態だったので、ヘッドキャップを独立したメッシュにした。

これで、髪短冊は全部ヘッドキャップから離れてる。

 

↓ピンクのメッシュが袂に掛かっていたので、横を全部削除して割り直し。

20150831_00Create3D561120150831_00Create3D561220150831_00Create3D5617

その才、後れ毛の確保のために裾の幅を広げた。

 

サイドの髪も、後れ毛のために大幅にサイズを増やす。

20150831_00Create3D561020150831_00Create3D5613

エッジフローがあるのでこういうのはパパッとできる♪

20150831_00Create3D561420150831_00Create3D5615

 

メッシュ完成とする。

20150831_00Create3D561720150831_00Create3D562520150831_00Create3D5616

もう触らないよ!

 

再度UV展開をする。

おさらい。

 

マテリアルからオブジェクトを選択。

20150831_00Create3D5626

 

平面マッピングの

20150831_00Create3D5627

 

↓『最適プレーン』をチェック。

20150831_00Create3D5628

適用。

 

↓平面投影のアイコンをカスタムシェルフにイン♪

20150831_00Create3D5630

 

↓UV移動ツール。

20150831_00Create3D5631

 

↓とりあえず赤枠から外す。

20150831_00Create3D5632

ヘッドキャップの位置を中心に、メッシュを配置。

拡縮はあとでする。

 

↓リラックスツールで

20150831_00Create3D5633

 

↓『展開』を右に目一杯振り切る。

20150831_00Create3D5635

とりあえず展開しとく。

これも、最後にまとめてやる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このシリーズ記事一覧↓

 

関連記事
和泉守兼定を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

3dでマイキャラ作成 | Create3D-3dCG制作作業日記
3Dを自作する | Create3D-3dCG制作作業日記

 

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

 

エンジョイ! & サンキュー♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私、天川和香が常備しているもの♪


パソコンの動作が重たくならないセキュリティソフト

人気ページ

こんな記事もいかがですか♪

天川和香のTwitter

アマゾンの売れ筋10

ページ上部へ戻る