記事の詳細

Daz Studio4.8で、特定のキャラクターをフィギアとして使いたいから、自分で作りたい、という人へ。

『マイキャラ』を作る、ということですね。

 

Daz Studioの公式チュートリアル(動画、英語)

Help – Daz 3D Video Tutorials | 3D Models and 3D Software by Daz 3D

全部の機能について、細かく動画が上がっています。

ちょっと古いものもありますが、『これどう使うの?』と思ったときは

その機能名で検索してください。

 

英語がわからなくても、Daz Studioを直接いじっているので

使い方は推測してください。

 

↓こちらをご一読いただけると、Daz Studio4.8のフィギアまわりがわかりやすいと思います。

【Daz】日本人向けの可愛い女の子一式を使いたい、作りたい人へ。【まとめ】 | Create3D-3dCG制作作業日記

↑これをごらんになったという前提で、下記説明を続けます。

 

Dazのフィギア。

Daz Studio4.8には↓これら二体の男女モデルが無料標準添付になっています。

20151223_00Create3D0422

左がGenesis 2 Male、右がGenesis 2 Femaleです。

後述する理由により、

マイキャラ改変するのでしたら、Genesis 2をお勧めします。

 

DAZフィギアの改変でどんな顔を作れるのか。
Genesis 2 Maleを改変した場合の私の作例です。

↑この男性の方のキャラクターの改変で↓私は二カ月ほどでこれだけキャラを作成しました。

刀剣乱舞のファンアートです。

 20150903_085139[1]

それほど似せていないので、これぐらいでしたら簡単です。

(完全なアニメ顔にするのはもうちょっと大変)

 

私は漫画レンダリングがメインなので、イラスト調ですが

これをデフォルトレンダリングすれば、リアルレンダリングになります。

 

改変フィギアも、DAZの表情ポーズがそのまま使えます。

これは、Genesis 2 Maleモーフですので、Genesis 2 Maleのポーズやモーフがほぼ全部使えます。

 

表情の作例(Daz販売の表情集のモーフのみ使用)

20151223_00Create3D042420151223_00Create3D042320151223_00Create3D0425

20151223_00Create3D042920151223_00Create3D042820151223_00Create3D042720151223_00Create3D0426

20151223_00Create3D043120151223_00Create3D043020151223_00Create3D0432

↑顔が赤いのとか、眉間の皺、汗はPhotoshopCS6で書き加えています。

20151223_00Create3D043520151223_00Create3D043320151223_00Create3D0434

20151223_00Create3D043620151223_00Create3D0439

↑ここまでは、既存のポーズ集で可能。

 

↓これは、『大口&大笑いポーズ』を自作しました。

20151223_00Create3D043820151223_00Create3D0437

標準ポーズで作れない、必要な表情は自分で作れます♪

(3dモデリングソフトが必要です。私はZBrushを使っています)

 

 

私の技術では↓このコの目の大きさが限度です。まばたきできません。

他のコは、目が綺麗に閉じないこもいますが、まばたきできます。

(DAZの表情モーフが流用できる)

 

↑この状態でも、動きにくいのは目周りだけで、口とが眉毛は普通に

Daz Studio4.8の表情ポーズで動かせます。

 

これぐらいの顔の改変でしたら、ソフトに習熟していれば半日でできます。

短髪なら髪の毛に一日。

服は、それぞれです。

 

公式、和泉守兼定↓

刀剣乱舞-ONLINE- クリアしおり 和泉守兼定

 

私が作った和泉守兼定↓

20150902_00Create3D576520150902_00Create3D576420150902_00Create3D576320150902_00Create3D5766

Genesis 2 Maleの顔改変、体改変、服、髪の毛、顔と髪のテクスチャ、全部自作です。

全部、メイキングはこのブログにあります。

和泉守兼定を作る | Create3D-3dCG制作作業日記(メイキング一覧)

 

↓公式、歌仙兼定。

トレーディングクリアファイル 刀剣乱舞 vol.1 [12.歌仙兼定](単品)

私が作った歌仙さん↓

20150817_154037

同じく、改変&自作です。

歌仙兼定を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

これらは、有料プラグインを使って『漫画用レンダリング』したものですので

普通にレンダリングすると、リアル系レンダリングになります。

 

漫画用レンダリングの方法についてはこちら↓

【D|S】漫画用レンダリング設定など【まとめ】 | Create3D-3dCG制作作業日記

漫画用レンダリング | Create3D-3dCG制作作業日記

 

これらのキャラをどれぐらい動かせるのか

全身ポーズは、Genesis 2のポーズが99%使えます。

 

デフォルトレンダリングするとこんな感じになる。(ポストワークナシ)

Daz 3D

【ギャラリー】刀作ったので、お披露目~♪【Daz Studio4.6】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

 

↓これぐらいは、DAZの標準機能で簡単に動きます。

DAZレンダで作った漫画です。【湯屋】 | Create3D-3dCG制作作業日記

↑これらの人物絵の部分は、一切、画像ソフトでいじっていません。

Daz Studio4.8でポーズをつけてレンダリングしたそのままです。

 

ただし、私のキャラは足をものすごく長くしてあるので

DAZのポースを適用すると、ずれるものも多いですが、そこは修正して使っています。

 

↓左がデフォルトGenesis 2 Male。

20150507_00Create3D172320150507_00Create3D1724

右が、私の改変した足長キャラです。

 

それでも、普通にポーズはとれます。

20150627_00Create3D3741Genesis 2 Male

20150627_00Create3D3742マイフィギア

手足の長さが違うので、これだけずれますが修正は容易です。

【Daz】自作アイテムでイラストを作る。トウラブ着付け編5ポーズ修正後。

服は、Marvelous Designer 5で作っています。

(リアル布シミュレーションソフト(有料)です)

髪の毛はAutodesk Maya 2014です。

 

Daz Studio4.8は動画も簡単に作れます

Daz Studio4.8自体で動画を出力することもできるようですが

私の環境では一度も成功していませんw

ただ、タイムラインを連続静止画で書き出すことは簡単ですので、それを使います。

 

【Daz Studio】動画のはじめの一歩【タイムライン】 | Create3D-3dCG制作作業日記

タイムライン | Create3D-3dCG制作作業日記

 

私の作った15秒スポット動画↓

 

勝手にライアンプロモーション動画作った。 by 晶山嵐 on pixiv

リンク先のYouTubeでは音が出ます。

 

漫画レンダリングについては下記記事で↓

【D|S】漫画レンダリングの実際【まとめ】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

他にも、私のpixivアカウントに作品をアップしていますので作例としてごらんください。

http://pixiv.me/ranko_giren

 

 

フォトリアルレンダリングについて。

Irayに関する記事。

【Daz】リアルレンダリングを目指す方へ。【Iray】 | Create3D-3dCG制作作業日記

Daz Studio4.8&beta版のNVIDIA Irayレンダリングについて。【参考リンク】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

私はフォトリアルレンダリングに興味がないので、詳細記事はアップしません。

↑参考リンクのとうふさんの記事か

操・活・解(Daz Studio総合 神サイト) をごらんください。

 

 

マイキャラを自分で1からモデリングしたい。

『フィギアを作成すること』が最終目的の場合は、Daz Studio4.8ではできませんので

モデリングのできる3dソフトを使ってください。

 

参考書はこれをお勧めします。

ただ、これでフィギアの顔と体ができたとしても、ボーン(リギング)とウェイトマップをつける必要があり

それはこの本では説明されていません。

この本は『美少女モデリング』に特化したものです。

 

Mayaのスタートダッシュのための参考書としてもお勧めです!

Mayaの操作も詳細がありますが、

モデリング部分は他のソフトでもものすごく参考になるものと思います。

 

フィギアができたらあとはリギングとウェイトマップですが

それらは私は勉強する気がないので、本を買う気がなく、専門書をお勧めできません。

ごめんなさい。

リギングに関する本は少ないので、これぐらいだと思います。↓

ウェイトマップについて詳述があるのかどうかはわかりません。

 

1からキャラクターを作る手順

Daz Studio4.8でいうと、スタンドアローンフィギアという扱いになります。

 

  1. フィギアの顔と体のメッシュをモデリングする。 (モデリングソフトで)
    1. Autodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル ← これでできます
  2. ボーン(リギング)を入れる。 (Daz Studioで)
    1. これがないと、フィギアが動きません。
    2. 動かしたい関節のだけ必要です。
      1. 顔にも、最低、眼球、下顎に必要です。
      2. 表情にボーンを入れない場合は、表情すべてモーフが必要になります。
    3. Genesis 2 Femaleだとこんなふうに入っています。
      1. 20151223_00Create3D044120151223_00Create3D044020151223_00Create3D0442
        1. Genesis 2 のボーンはかなり少ない方です。
      2. 眼球のボーンをいじる方法→眼球の位置合わせをする | Create3D-3dCG制作作業日記
    4. リギングの互換性について。
      1. Daz Studio4.8でいれたボーンは、FBX出力すれば、Mayaでも使えます。
      2. Mayaで入れたボーンをDazで使う方法は、まだ見つけていません。
  3. ウェイトマップを作る。 (Daz Studioで)
    1. これが無いと、関節を曲げたときにメッシュが歪んで使い物になりません。
      1. ウェイトマップとは → 【Daz Studio】3dで和泉守兼定の髪を作る。25 ウェイトマップも設定。
      2. 動かしたい関節の数 × 3(XYZ座標分)の濃淡テクスチャが必要です。
      3. DAZでこれをつけるのはけっこう大変です。
        1. このブログの、ウェイトマップに関する記事一覧
  4. テクスチャを作成する。(画像ソフトで)
    1. 顔、体の色(デフューズ)テクスチャから、凹凸が必要なら作業はいくらでもあります。
    2. 顔の造作のほとんどはこれで決まります。
  5. 髪の毛を作成する。(モデリングソフトで)
  6. 服を作成する。(モデリングソフトで)

 

Daz Studioのフィギアを改変する場合。

Daz Studioフィギアですので

Dazが用意した髪、服、ポーズ数万点全部使用できます。

↑これが最大の利点。

 

  1. フィギアの顔と体を改変する。 
    1. Daz Studio4.8内で、モーフにより改変。
    2. それで不具合が出たときだけ、3dモデリングソフトで修正。(OBJで)
      1. 勿論、1からモデリングソフトで改変もできます。
  2. ボーン(リギング)を修正する(Daz Studioで)
    1. 関節にかかる部分を3dソフトで変更した場合のみ必要です。
      1. たとえば、G2Mを↓こんな風に細く改変した場合
      2. 20151021_00Create3D788020151021_00Create3D7881
      3. 股関節、膝関節まわりがこんな風に歪みます。
      4. 20151021_00Create3D7883
      5. ただ、その場合も、↓この角度でしか撮らないのでしたら必要ありません。
      6. 20151021_00Create3D7882
      7. 配布しない限り、自分で『不具合部分を見せないことは可能です。
        1. その割り切りができれば、速成は簡単です。
    2. 顔の改変をすると、眼球のボーンの調整は大体必要です
      1. 眼球のボーンをいじる方法→眼球の位置合わせをする | Create3D-3dCG制作作業日記
        1. 単純なボーン二つだけですので、数分の作業です。
        2. ウェイトマップをいじる必要はありません。
  3. テクスチャを作成する。(画像ソフトで)
    1. 顔、体の色(デフューズ)テクスチャから、凹凸が必要なら作業はいくらでもあります。
    2. 顔の造作のほとんどはこれで決まります。
  4. 髪の毛を作成する。(モデリングソフトで)
  5. 服を作成する。(モデリングソフトで)

 

Daz Studio4.8フィギアを改変する利点。

  • モデリングが最小限。
  • ウェイトマップはほぼいじらなくていい。
  • リギング修正も最小限。
  • 数万点のアイテムが使用できる。

 

モデリングをしたいのでしたら、一から作ればよいですが。

『そのフィギアを使って』『何かをしたい』のでしたら、『改変』されるのをお勧めします。

改変に慣れてから、自分で作られると、モデリングのスタートダッシュはかなり早くなると思います。

 

顔写真から顔を作りたい場合。

顔写真はあなたに著作権、肖像権があるものを使ってください。

あとで訴えられるのはあなたです。くれぐれも注意してください。

 

ネットで拾ってきた顔写真で作らないように。

それらは個人で楽しむ以外に、あなたが使える権利はありません。

どこにも公開せずに自分一人で楽しむ分には可能です。

無料ブログやYouTubeなどで公開しちゃいけません。

人に見せてもいけません。

 

 

私はしたことがないので想像ですが、予想される手順を書いておきます。

ZBrushの場合です。

ZBrushの習熟はできているものとします。

私が買った、ZBrush 4R6の参考書。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

スタンドアローンフィギアの場合も、ZBrushに読み込んでからの手順は一緒です。

Dazフィギアで無い場合は、UV展開をしておくのが第一条件です。

UVがなければ、ZBrushでテクスチャそうさはできません。

ZBrush内でUVを作ることもできますが、お勧めしません。

 

  1. Daz Studio4.8から基本フィギアを書き出す。
    1. 【Daz】モーフローダープロの使い方【初歩】一分でできる。 | Create3D-3dCG制作作業日記
  2. ZBrushに読み込む。
  3. 首以外をUVの範囲にそって削除。
  4. スポットライト(画像参照ツール)で正面の顔写真を用意。(横顔もあるといいです)
  5. カメラの広角設定を変更。(これしないと多分成功しません)
    1. 理由と数値はこの本に書いてあります。
      1. Autodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル
        1. 私は、この数値でも今回の用途にはちょっと足りないんじゃないかと思います。
          1. ご自分で確認してくからモデリングに入ってください。
          2. これができていなければ、手間だけがかかります。
  6. 顔の部品の位置を写真に合わせる。
    1. 勿論、全方位、綺麗に作ってください。
  7. メッシュの解像度を最高まで上げる。(デバイドを掛ける)
  8. スポットライトで顔写真を、メッシュに転写する。
    1. この時点では、ポリペイントで描かれています。(ZBrush独自ペイント方法)
  9. ポリペイントからテクスチャを作成する。
  10. 高解像度のままメッシュをOBJで書き出す。
    1. 数十分かかる可能性があります
    2. メッシュは必要ないので、テクスチャが書き出されたら捨てて大丈夫です。
      1. ハードディスクの圧迫が心配な容量のメッシュが書き出されますので注意。
  11. 低解像度で顔メッシュをOBJで書き出す。(ZBrushで改変した場合)
  12. Daz Studio4.8で、基本フィギアモーフとして読み込む。
    1. 【Daz】モーフローダープロの使い方【初歩】一分でできる。 | Create3D-3dCG制作作業日記
  13. サーフェイスでテクスチャを適用する。

 

完了。

ZBrushが無い場合、顔を写真から作成する専用ツールがあります。

私は使ったことが無いので、使用方法はわかりませんが、動画などを見る限り

かなり簡単そうです。

HeadShop 9 | 3D Models and 3D Software by Daz 3D

HeadShop 9 | 3D Models and 3D Software by Daz 3D

 

 

 

ZBrushでの顔や体を改変したときの、Daz Studioとの連携手順。

【Daz】美容整形を直接全部3Dソフトでする。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

適宜、下記が必要になります。

表情なども、既存のDaz表情モーフが使えない、足りない場合は、自作することになります。

 

権利問題について。

【この記事を書いた日 2015/12/23  8:13 】時点。

 

Daz Studioの権利を持っている企業は、訴訟大国アメリカに在籍です。

英語で弁護士から通知が来るのを避けたいなら、必ず、権利問題は遵守してください。

 

そういうの面倒くさい、と思われる人は

  • あなたが作ったアイテムにも同様の権利が発生し
  • あなたの権利も守られる、

と考えてください。

 

他人の権利を守らない人は、自分の権利を主張することはできません。

 

商用利用なんてしないから関係ない、

と言う方は、こちらをごらんください↓

DAZ以外の3dアイテム配布サイト。【ライセンスなどに関して】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

あとは各自、Daz Studio4.8のライセンスをごらんなって下さい。

簡単に、私が必要な部分の権利情報だけ書きます。

 

必ず読んでください↓

Daz公式license(英語)

End User License Agreement | 3D Models and 3D Software by Daz 3D

 

レンダリングした画像、動画は商用利用可能。

DAZのアイテムを使って、2Dレンダリングした画像

それらを使って作った動画は、商用利用可能です。

 

無料で入手したアイテムでも、Dazのサイトから入手したものはすべてこの権利を包括します。

他の3dアイテム頒布サイトのように、作成者個人によってライセンスが違う、ということはありません。

 

ただし、素材そのものを大写しにして、素材集として発売するとかは論外だと、私は理解しています。

 

Unityなどで使う場合。

ゲームに埋め込んで、ゲームからメッシュを取り出せるような状態で配布するには

『 ゲーム デベロッパー ライセンス 』 の購入が必要です。

 

同じゲームでも、レンダリングした画像を動画で使うとかは要らないと思います。

あくまでも、メッシュを取り出せる場合に置いてのライセンスだと、私は理解していますが、違うかもしれません。

 

↓ライセンスを発行しているアイテム一覧。

20151223_00Create3D0444

Search results for ‘Game Developer License’ | 3D Models and 3D Software by Daz 3D

商用ゲームと、インディーズゲームでライセンスが別れているものが多いです。

これ以外のアイテムを使う場合にどうなっているのかは、Dazに問い合わせてください。

 

私はこちら関係に手を出さないので、詳細を調べません。

 

 

DAZフィギアの改変を配布する場合。
  • 基本フィギアの改変は、有料無料に関わらず、配布自由
    • Genesis 2 FemaleやGenesis 2 Male、Genesis 3 FemaleやGenesis 3 Male、Genesisなど
  • 購入したフィギアモーフの改変は、元フィギアを購入していなければ使えない状態で配布する。
    • 差分だけを配布する、ということです。
    • Victoria 7を改変して作ったフィギアを、Victoria 7を購入していない人が使える状態で配布するのはダメ。
    • 購入したフィギアモーフを配布する場合、元フィギアのテクスチャを同梱してはダメ。
      • 元フィギアのテクスチャを改変しても、同梱配布はダメ。
  • テクスチャなどの有料再配布には、『マーチャントリソース merchantresource』の許可が必要。
    • これが無い場合は、絶対にテクスチャもモーフそのものも配布してはいけません。
    • マーチャントリソースも、無料配付は禁止。『商用配布』する場合のみに使えるライセンスです。

 

基本的に、Daz Studioと作成者の権利を害しないように、ということです。

 

Daz Studioフィギアでゲームや作品を作って発表したときに

それを読んだ、遊んだ人がDaz Studioを使う確率は低いですが

Daz Studio4.8フィギアを配布した場合、Daz Studioでしか基本的には使えないので

Daz Studioが繁栄するのです。

 

できればDazアイテムはDazサイトで販売してください。

同じアイテムが他でも売っている場合、できればDazで買ってください。

 

Daz Studioが無料なのは、Dazサイトの売り上げで運営しているからです。

他のサイトで販売、購入すると、Dazに利益が入らず、Daz Studioの発展に支障が出ます

 

『権利』というのはそういう風に理解してください。

他人の権利の全部が、あなたの権利を阻害するものではありません。

『権利を守る』という義務を負えば、その先には、そのアイテムを使っての膨大な将来が開けています♪

 

 

閑話休題。

↓このモーフを使うには、Olympia7が必要です。

20151223_00Create3D0443

Curvaceous Olympia 7 | 3D Models and 3D Software by Daz 3D

『元フィギア』がある場合は、こういうふうに配布する必要があります。

その場合でも、テクスチャは全部作り直しです。

元フィギアのテクスチャを使ってはいけません。

 

マーチャントリソースについて表示されているアイテムの一覧。

Search results for ‘merchantresource Genesis’ | 3D Models and 3D Software by Daz 3D

 

↑この一覧でも、『マーチャントリソースに使うの禁止!』というアイテムも入っています。

3dArtist no merchant resources were used.

↑これとか、禁止です。

 

前述の、マーチャントリソースに使ってもいい『人体マテリアル』のテクスチャは

そのままでも、改変しても、『有料』アイテムに同梱して大丈夫だと思いますが、

それぞれのライセンスは必ず見てください。

改変不可のものがあるかもしれません。

 

Zev0氏のフィギア改変用モーフは、大体が、マーチャントリソースとして使用可能ですので

ライセンスをごらんください。

 

↓このアイテムのように『マーチャントリソースとして使用できます』と明記してあるものだけです。

3dArtist This product may be used as a Merchant Resource.

これは、このモーフ集を使って改変した体型や顔を、ライセンスを書かずに販売して大丈夫、ということです。

 

私はこれらを毎世代、全部買ってます。

マイフィギアを作りたいなら、これらは絶対にあった方が速成できます。

これが無いとどれだけ大変か!

 

足長キャラを作ったときの私の奮闘記はこちら。

 

顔は、ZBrushで一気にやった方が楽ですが

体はボーンが絡んでくるので、リギングの修正が容易でない限り

シェイプシフトを使うことを強くお勧めします。

 

 

有料配布か、自分で使う分のマイキャラを作りたい人は必携!

 

マイフィギアを改変する方法。
改変するのでしたら、Genesis 2をお勧めします。

すでに最新世代のGenesis 3 が出ていますが、

改変するのでしたら、前世代のGenesis 2。

男女どちらにも使いたいのでしたら、Genesisをお勧めします。

 

女体化したい、とか男体化したい、とか

一つのキャラクターの性別を変えることが前提のフィギア

Genesisで作ると、あとで簡単に性別を変更できます。

 

第六世代で作ることをオススメする理由。

【D|S】Michael 7 顔のボーンを見てみよう。 | Create3D-3dCG制作作業日記

↑この記事でも書いていますように顔ポーンの数が違います。

 

↓左がGenesis 3、右がGenesis 2 の顔ボーンです。

【D|S】Michael 7 顔のボーンを見てみよう。20151125_00Create3D9366

Genesis 2の顔ボーンは、

  • 眼球
  • 上下顎

だけですが、

 

Genesis 3 からは、表情をモーフではなくポーズで作ることになったので

顔ボーンが無数にあります。

 

 

Daz サイトからの販売モーフでしたら、顔のボーンは一緒に動いてくれると思いますが

そこからZBrushなどで改変した場合、無数のリギングを自分で調整しなくてはなりません。

 

Genesis 2 フィギアをIrayレンダリングしたい場合でも

すでに↓マテリアル自体は販売されていますし、自作することもできます。

IG Iray Essentials - Victoria 6 & Michael 6 | 3D Models and 3D Software by Daz 3D

IG Iray Essentials – Victoria 6 & Michael 6

↑他にも、下位世代のIrayマテリアルは頒布されています。

 

よっぽどリギングに自信がある人以外は、Genesis 2 以下のフィギアの改変をお勧めします

 

体型を改変する方法

前述の、シェイプシフトを使って、Genesis 2 Maleの体型を改変しています。

↓動画で説明。

Daz Studio4.6 体型を変更する – YouTube

 

【Daz Studio4.6】アントニオさんの体のシェイプをいじる。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

顔を改変する方法

Daz Studio4.8で、シェイプシフトや、キャラクターモーフなどを使って

顔を改変する記事です。

Genesis 改変 マイキャラ 『ル・ア』さん。

【Daz Studio4.5】自前キャラクター『ル・アさん』を作る。顔編【メイキング】 | Create3D-3dCG制作作業日記

私の小説商業誌のキャラクターを3dで作ろう企画です。

赤狼に喰らわれし冴月の如く (アズ・ノベルズ)アマゾンで、イーストプレス出版社から発行されています♪

BL小説は『晶山嵐子』『晶山嵐』で活動しています。  

私は元々が、自分の小説の挿絵や表紙を自分で作りたい、と思ったのが

3dに手を出したきっかけです。

ここまで完全独学だったので三年かかりましたが、有意義な修行期間だったと感じています♪

 

ZBrushでGenesis 2 Femaleの顔を改変する動画です。

【ZBrush 4R6】アントニオ顔を作る1 000 – YouTube

 

前述のシェイプシフトを使ってある程度まで変更してからかかるとさらに簡単です。

無料配付する場合は、基本フィギアから直接モーフを作成してください。

 

男性向け漫画とか、フォトリアルだとあまり関係が無いですが

↓こういう問題も解決しています。

【D|S】漫画レンダリングで歯を漫画風にする【まとめ】 | Create3D-3dCG制作作業日記  

 

 

他に、マイキャラを使う際の注意など

【Daz Studio4.6】体型を変化させるときに気をつけること。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

キャラクターモーフを作ったら、DAZに登録しましょう。

自作モーフを登録する方法 | Create3D-3dCG制作作業日記

登録しなくても使えます。

 

ただしシェイプが登録されていないため『キャラクター』として登録はできません。

 

 

登録が面倒な場合は、『シーンサブセット』で保存しておけばいいです。

 

登録すると、改変するときに上書きができないので、

面倒くさくて、私はほとんど登録していません。

 

現時点で刀剣乱舞のファンアートキャラをこれだけ作っていますが

20151223_00Create3D0445

 

キャラクターとして顔を登録しているのは↓この四人だけです。

20151223_00Create3D0447

他は、和泉か堀川の顔から改変しています。

 

  • 和泉 → 目が切れ長のキャラ
  • 堀川 → ドングリ目。

 

↓和泉ちゃんは『アクター』で登録していますが

20151223_00Create3D0448_122315_092001_AM

それは、この顔を私の漫画キャラクターの基本顔にしているからです。

 

他のキャラはほとんど『シーンサブセット』で体と顔を保存して、登録はしていません。

20151223_00Create3D0449

この顔から改変することなんてないので、手間を省いています。

今のところ支障ありません。

 

配布する場合は、登録する必要があります。

 

 

備考

他に、私の作ったチュートリアル動画集です。 → 天川和香 – YouTube

勿論日本語です。

ほとんどは文字説明入ってない、取りっぱなしの作業動画です。

 

あると便利だったツール類。

Dazで測量ができる有料プラグイン。

足のサイズとか身長とかバストサイズとかわかる。

Measure Metrics for DAZ Studio | Create3D-3dCG制作作業日記

 

動画をDaz Studio4.8で作る場合、

言葉にそって口や表情を簡単に動かせるツールがあります↓

【Daz Studioで動画作成】人間の唇の動きをDaz Studioで再現させる方法。【Mimic Live】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

わからないことがあったら

ツイッターでも、記事のコメントでも、メールでも大丈夫ですので

どんどん聞いてください。

 

大体は、こんなふうに記事にして公開します。

 

Daz Studioを楽しんでくださいませ~♪

 

 

【D|S】特定のキャラクターをフィギアで作りたい人へ。

でした。

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/12/23 11:29 】

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私、天川和香が常備しているもの♪


パソコンの動作が重たくならないセキュリティソフト

人気ページ

こんな記事もいかがですか♪

天川和香のTwitter

アマゾンの売れ筋10

ページ上部へ戻る