記事の詳細

Daz Studio4.9で搭載となった、布シュミレーション、dForce。
簡単な使い方。

dForce第二幕!

ポーズを付けてみよう。

dForceで失敗する方法。(爆発!)

ダイナミッククロスと違って、
その場でポーズしてもできるかな、と思ったんですが
無理でした。


ポーズをつけます。

首抜けてるし、絶対無理なはずw

ここでシミュレーション開始!

お? なんでかしらんけど、フィギアが回転してる!

あれれれれ?
まさか、できるの?

場発!

わかりやすいダメな例ですね!

dForce Frey Healer Outfit for Genesis 3 Female(s) | 3D Models and 3D Software by Daz 3D


かわいいですねぇ♪

このシミュレーションだと『一枚布でないといけない』というのがあってですね。

↑腕の紐飾り

↓メッシュをぐるっと潜ってるんですね。

これは支障なさそうなので、一気にポーズを決めてみましょう。

あとは、布の柔らかさを設定すれば良いですね。

これは、静止ポーズでやっていますので
跳ね上がり方でどこで止めたいとかできませんが
タイムラインを使うと、好きなところで止められます。

 

dForceの原理の一つ。

dForceは一枚布じゃないとだめな筈なんですが
オプションで、数枚の布をくっつける設定ができるようです。

多分今、ベンダーさんがご自身の服を
チクチク縫い合わせているはずです。
既存の服も、そのうち
dForce用アップデートが来ると思います。多分。

現在でも、髪の毛がシミュレーションできるのですが
『縫い合わせる』ことができていないので
シュミレーションすると
髪の毛が抜け落ちてはげになるのですw

↓これは以前、私がZBrushで作った髪をCarraraでシミュしたものです。
別のソフトですが『一枚でないといけない』のが分かりやすいです。

爆発

脱毛……

3Dで髪の毛を素早く作るには。4 【ZBrush4R6&Blender2.68、Carrara】 | Create3D-3dCG制作作業日記

髪の根元をどうにか止めないと、はげ落ちてしまうのです(⊃д⊂)

これが『dForceの記事は一枚でないといけない』という意味です。
どんな3Dソフトでもこれは一緒で
『布の引っかかる先』がこのように『落ちてしまう』のですね。

ただ、DAZは『縫い合わせる方法』も一緒に作ってくれているので
すぐ、使える服は増えるでしょう。

あとは、とうふさんのこの動画でごらんください。

【DAZ Studio】dForceの使い方 – YouTube

また、私も使ったら、記事にします。

とうふさん、ありがとうございました!

【この記事を書いた日 2017/10/27 13:52 】
エンジョイ! & サンキュー♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私、天川和香が常備しているもの♪


パソコンの動作が重たくならないセキュリティソフト

人気ページ

こんな記事もいかがですか♪

天川和香のTwitter

アマゾンの売れ筋10

ページ上部へ戻る