記事の詳細

ZBrushのZSphereで髪の毛を作ってみた。

前記事。

【ZBrush4R6】ジースフィアで髪の毛を作ったら、モーフを簡単に作れる? | Create3D


 

前日の作業記録を朝読み返して、昨日の反省と今日の予定とたてる。

読み返していて気付いた。

 

ZSphereって、ひっついてるチューブ部分って、くっついてメッシュになるんだよね……

それでは彫刻以外の髪は作れない。

 

とりあえずメッシュは作ってみるけれど、

これは、Daz Studioで使える髪には使えないだろうという予想が今、立ってしまった。

 

やっぱりインサートマルチチューブでやってみよう。


大問題発生。

 

昨日から作ってた、このZSphereのファイル、ドキュメントから保存してたし、CtrlSでも保存していたのに、見つからない……

クイックセーブから出したけど、何か、保存方法を間違えている模様。

クイックセーブから救出すると、ヒストリーが無くなってるのね。

 

Daz Studioでも保存方法がわからなくて右往左往したことがあるので

なんか、ここらへんは私が抜けてるんだと思う。

早く適切な保存方法を見つけないと、毎回クイックセーブから出すことになる。

 

ZBrushを使い始めた当初もそれは気付いてたんだけど

最近ずっと、OBJに出力して、OBJをインポートすることで作業が始まっていたので忘れていた。

 


プレビューしてみる。

131015_D 天川和香 Create3D2576131015_D 天川和香 Create3D2577

なぜ角が出た?

131015_D 天川和香 Create3D2578

 

とりあえずメッシュにしてみた。

131015_D 天川和香 Create3D2579

 

オートグループすると一色。

131015_D 天川和香 Create3D2580

 

くっついていると思っていた部分が離れた。

131015_D 天川和香 Create3D2581

あ……くっつかないんだ?

 

じゃあ、当初の予定通り、ZSphereからリンクスフィアを切り離してメッシュ化する。

そうしたら、オートグループで一本一本が別に別れるはず。

 

 

この、リンクスフィアを削除する、というのが簡単ではなかった(笑)

131015_D 天川和香 Create3D2582131015_D 天川和香 Create3D2583131015_D 天川和香 Create3D2584

 

Altクリックで消したリンクスフィアって物理的に消えているのではなく、表示上消えているだけで

奥のリンクスフィアをAltクリックすると、消えていた部分が復活してくる……

 

↓一本つながってた。

131015_D 天川和香 Create3D2585131015_D 天川和香 Create3D2586

 

これで消えた?

131015_D 天川和香 Create3D2587131015_D 天川和香 Create3D2588131015_D 天川和香 Create3D2589

 

よし、消えたな?

131015_D 天川和香 Create3D2590

 

ル・アさんにかぶせてみたところ、何もしなくても、一本一本が別グループになっとった♪ ラッキー♪

131015_D 天川和香 Create3D2591131015_D 天川和香 Create3D2592

もう、これだけでアニメ用の髪ならすぐできるんじゃない?

 

これ、いろは重なってるだけで、同じ色が同じグループってわけじゃないよね?

 

中央のスフィアが残っていたので、それを表示させて反転、デリートヒドゥンしたら、

131015_D 天川和香 Create3D2593131015_D 天川和香 Create3D2594

髪の毛がいくつかなくなった……

131015_D 天川和香 Create3D2595

なので、スフィア部分をサブツールにわけて、削除した。

 

オケオケ♪

131015_D 天川和香 Create3D2596

 

髪を整えていく。


ミラーして、ミラーアンドウェルドしたら、てっぺんはげだった。ゴメンゴメン。

131015_D 天川和香 Create3D2597

 

ここではげを直す前に、OBJでShadeに書き出す。

……

いや、ここはポリゴンなんだから、メタセコにしよう。

 

メタセコバージョンアップしてた。

そういや、九月にバージョンアップする、とテストケース配布してたな。

 

 

インストールしてる間に整理。

  • チューブの両端のメッシュを削除する。
  • 頭皮にめり込んでいる部分を削除するかどうか検討。

 

 


Metasequoiaに読み込んだら、拡大率が悪くて動かせなかったので、Shadeに読み込んだ。

131015_D 天川和香 Create3D2600桁間違えた。

 

チューブの先端の、蓋をしている部分を削除する。

131015_D 天川和香 Create3D2601

ただの円筒の方が、テクスチャを貼りやすいから。

 

あってるかどうかはわからないけれど、私はずっと髪はこの方法で作ってきた。

髪は全部同じテクスチャなので、一本に一枚のテクスチャを張る。

全部の髪が、同じテクスチャを参照する。

一本分のテクスチャだから、512でも十分高解像度になる。

 

今回も、全部をチューブにすれば、円筒で一気にテクスチャが貼れる筈。

 

Shadeで全部先端を削除。

131015_D 天川和香 Create3D2602

 

Daz Studioで見るとこうなる。

131015_D 天川和香 Create3D2603131015_D 天川和香 Create3D2604

さっき、Shadeに読み込むときに桁を間違えたので、Daz Studioに読み込んでサイズを合わせて

OBJ出力した。

 

 

Shadeでテクスチャを当てようとしたら、ポリゴンが統合されてた。

131015_D 天川和香 Create3D2605

 

ZBrushで別々のポリグループにしたら、裏面まで当たってしまった。

これは、あとでシングルにしたら無くなるんだろう。

131015_D 天川和香 Create3D2606131015_D 天川和香 Create3D2607

 

Metasequoiaで、全部の髪に違う色をつけた。

131015_D 天川和香 Create3D2608

 

Shadeではサーフェス無視されたけど、Daz Studioではサーフェスあった♪

131015_D 天川和香 Create3D2610131015_D 天川和香 Create3D2611131015_D 天川和香 Create3D2612

 

 

Metasequoiaでテクスチャ、初めて当てた。

131015_D 天川和香 Create3D2615131015_D 天川和香 Create3D2614

とりあえず、方向性が判るよ画像を当てたら、方向はあってる。

↓赤いメッシュに縦線が入ってる。

131015_D 天川和香 Create3D2617131015_D 天川和香 Create3D2618

画像自体も小さいのに、このメッシュには大き過ぎるらしい。

メッシュがまだ大雑把だから仕方ないのかもしれない。

 

 

とりあえず、縦にテクスチャが入ることは判ったので、さきにZBrushで形を整えるか……

 

 

↓髪のトリムテクスチャを貼ってみたら、縦に三回タイルにされとるし、黒い線が出てない。

131015_D 天川和香 Create3D2619131015_D 天川和香 Create3D2620

 

マッピングをUVにしたら、黒い線がたくさん表示された。

131015_D 天川和香 Create3D2621131015_D 天川和香 Create3D2622

 

これに変更すると

 

さっきより黒い線画表示戯れているけれど、縦にタイリングされているのもかわりない。

131015_D 天川和香 Create3D2623131015_D 天川和香 Create3D2624

Shadeだと、タイリング設定があるというか

タイリング設定をしないと、縦は勝手に伸びてくれるんだけどな。

Metasequoiaでそれってどこで設定するんだろう。

 

 

ZBrushで↓このテクスチャを当てると、真っ赤になるので

131015_D 天川和香 Create3D2626131015_D 天川和香 Create3D2627

左端だけがテクスチャに反映されているっぽい。

 

UVモーフにしても表示してくれないし

やっぱりShadeでサーフェス作らなきゃいけないのかな。

 

今までは、Metasequoiaで直接やるんじゃなく、Shadeでテキトーなテクスチャを貼ってから

Dazに出力してた。

 

シェードのサーフェスをMetasequoiaが理解してくれるけれど

メタセコやDaz StudioのサーフェスをShadeは理解してくれない、ということだろうか?

 

Shade12でも、材質はついてなかった。

131015_D 天川和香 Create3D2629131015_D 天川和香 Create3D2628

 

レンダリングしても、メタセコのいろは何一つ反映されていない。

131015_D 天川和香 Create3D2630


ZBrushでオートグループにして、スプリットグループでサブツールにわけ、裏面を削除。

131015_D 天川和香 Create3D2631131015_D 天川和香 Create3D2632

↑の状態でダブル(裏面表示)のチェックが消えていたので、自動的に裏面にする方法を思いつかなかった。

 

Shadeから『両面』で書き出したのが原因だと思う。

 

裏面を削除して、エキスポートしたら……一本しか書き出せていなかった。

131015_D 天川和香 Create3D2633131015_D 天川和香 Create3D2634

 

えっ! サブツールを一気に書き出す方法は?

 

UVC円柱 UVP平面 UVS球状

ああ、シリンダー、プレイン、スフィアってことか。

 

UVCを選択。

131015_D 天川和香 Create3D2635131015_D 天川和香 Create3D2636

 

こうなるわけだ……

131015_D 天川和香 Create3D2637

 

なんで先にテクスチャを当てようとしているかと言うと

 

トリム(透明度)を当てると、スケスケになるため、メッシュだけだと髪のバランスがわからないから。

131015_D 天川和香 Create3D2643131015_D 天川和香 Create3D2644

 

とりあえず、ちゃんと当たっているので、全部の髪にテクスチャを当てる。

そして、統合して、Daz Studioに書き出し。

統合したときにマップ外れないだろうな……

 

今回はZBrush4R6のUVマスターで当てた。

131015_D 天川和香 Create3D2638131015_D 天川和香 Create3D2639131015_D 天川和香 Create3D2640

131015_D 天川和香 Create3D2641横になったので、テクスチャを縦にした。

これ、UVマスターの方で回転できたら、キースの髪とかと一緒に使えるんだけどな。

Daz Studioで回転できたっけ?

 

全部に当てて全部マージするの大変だな、と思ったら

コピーしてUV作ってたから

 

サブツールが一個になっとった……

131015_D 天川和香 Create3D2646

コピーせずに、次々作っていけばいいのかな?

 

 

------------------------

 

【ZBrush4R6】ジースフィアで髪の毛を作ったら、モーフを簡単に作れる?3 | Create3D

 

------------------------

 

 

Enjoy!&Thank you♪

2013_10_15(火) am10:29

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私、天川和香が常備しているもの♪


パソコンの動作が重たくならないセキュリティソフト

人気ページ

こんな記事もいかがですか♪

天川和香のTwitter

アマゾンの売れ筋10

ページ上部へ戻る