記事の詳細

Carrara8.5のダイナミックヘアで動画を作る方法。
  1. タイムラインでフィギアの動きを決める。【アッセンブルルーム】タイムライン
  2. フィギアに髪を生やす。【モデルルーム】
  3. 髪を初期位置にドレープする。【モデルルーム】
  4. 髪をシミュレーションする。【モデルルーム】
  5. タイムラインでシーンを施設する。【アッセンブルルーム】タイムライン
  6. レンダリングする。【レンダリングルーム】

 

4と6がわからなくて右往左往したのでメモして置きます。

個々の説明は別のページで。

 

タイムラインでフィギアの動きを決める。【アッセンブルルーム】タイムライン

今回はGenesisを使います。

130506_D9302130506_D9303

 

タイムラインで、左肩から後ろを振り返るモーションを着けます。

130506_D9304

長いシーンを作りたいときは、一回のレンダリング範囲を狭くしておいてください。

シミュレーションでマシンパワーを使い切りますので、

セーブする前にCarraraがフリーズする可能性が高いです。

 

 

セーブに時間がかかりますが、1作業終わったら必ずセーブしておきましょう。

130506_D9305

フィギアに髪を生やす。【モデルルーム】

髪アイコンを↑ドロップ↓

130506_D9307

フィギアのどこでもいいので、アイコンをドロップ。

 

赤枠にチェックを付け替え。(理由はしりません)

130506_D9308

OK。

 

モデルルームに自動的に移動します。

130506_D9310

 

ちまっ。

130506_D9309

 

髪を生やす範囲を決定する。

ペイント(ポリゴンを塗っていく)

130506_D9311

 

ロッソ(矩形選択)

130506_D9312

 

どっちのツールを使ってもいいので、選択範囲を作ってください。

こんな感じで。

130506_D9313

セーブしておきましょう。

 

髪を生やす

130506_D9314

+マークをクリック。

 

おう……。

130506_D9315

これはガイドヘアーが少ないからこうなります。

↓ここでガイドヘアーの数を増やしてください。

130506_D9316

 

こうなります。

130506_D9317

全体の髪の中さはここで変えられます。

数字が大きいほど長いです。

130506_D9318

前髪だけ切る。

現時点では、顔を出すツールを作っていないので

顔が出るように、前髪だけ短くしましょう。

130506_D9321

 

髪の先端の白いポイントを撫でるとどんどん短くなっていきます。

130506_D9322

 

髪を初期位置にドレープする。【モデルルーム】

130506_D9323

 

水色枠のコリジョン(衝突設定)のメモリを右端まで移動。

これをしないと、髪の毛がフィギアにめり込みます。

130506_D9324

緑枠は『ドレープの量』です。一気にするときは右端まで振り切ってください。

 

そして、赤枠のドレープボタンをポチ。

 

こうなります。

130506_D9325

ドレープの右の『コンバート』を押すと

このドレープが確定しますので、もう一度ドレープボタンを押すと、この位置から下がります。

コンバートを押さすにドレープボタンを押すと、同じことを繰り返します。

 

髪が根元から立っているのは、髪一本に対するコントロールポイントが少ないから『曲がれない』のです。

コントロールポイントを増やせばなめらかになります。

 

増やす場所は下記。

今回はこの長さなので22ぐらいにしました。

130506_D9327

髪が長くなればなるほど、ここのポイントは増やさないと

髪の根元がピンと立ちます。

 

ようやくここまで根元が小さくなりました。

130506_D9328

↑で↓の達成率ですが、どうせシミュレーションするので、askキーでキャンセルしてください。

130506_D9329

 

前髪が長いので。

130506_D9330

 

もう一度切りました。

130506_D9331

 

 

髪をシミュレーションする。【モデルルーム】

そして、シミュレーションボタンをクリック。

130506_D9332

 

先程、タイムラインで決めた動きに対して、髪がどう動くのか

シミュレーションされます。

130506_D9333

これは長時間掛かります。ごはんでも食べていてください。

130506_D9334

終わったらセーブ!

私はここでカラーラが不具合を起こすことが多いので、再起動させます。

 

タイムラインで確認する。【アッセンブルルーム】タイムライン

タイムラインで髪が動くか確認してください。

ライトや背景、カメラワークなど、細かい調整をしてください。

 

 

レンダリングする。【レンダリングルーム】

プレビューボタンをクリック。

130506_D9335

 

左下にプレビューが表示されます。

130506_D9336

 

レンダーボタンをクリック。(どっちでもいい)

130506_D9337

 

できません。

130506_D9338

動画をレンダリングする場合は、先にファイルを作ります。

そのファイルの保存先を指定していないから、このエラーダイアログが出ます。

 

先に、保存するフォルダを決めてください。

130506_D9339

 

動画ファイルが保存されます。開けないように。

130506_D9340

↑保存をすると、レンダリングが開始されます↓。

130506_D9341

 

ここが100%になったらレンダリング完了です。

ごはんでも食べてきてください。(何回ごはんを食べさせる気だ)

130506_D9342

 

レンダリングが終わったら、動画ファイルがレンダリング画面のアイコンになります。

130506_D9346

 

お疲れさまでした!


ダイナミックヘアで動画を作る方法【Carrara8.5】終了です♪

 

ありがとうございました♪

 

Enjoy!

 

=== 天川和香 === あまかわわか ===Waka Amakawa==

2013_05_06(月) pm09:39

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私、天川和香が常備しているもの♪


パソコンの動作が重たくならないセキュリティソフト

人気ページ

こんな記事もいかがですか♪

天川和香のTwitter

アマゾンの売れ筋10

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。