記事の詳細

【Autodesk Maya 2014】にもスカルプトがあるのに何故ZBrush 4R7を使うのか。

 

結論

使い勝手が良いから。(当たり前)

 

実践で紹介。

今つくってる日本刀「歌仙兼定」

歌仙兼定の刀を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

柄巻(柄にぐるぐる巻いている部分)をMayaでメッシュをつくってZBrushでフィットさせる。

20160524_00Create3D2002

【Maya】日本刀、歌仙兼定を作る。13 【】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

柄巻をZBrushで調整。

柄(つか)と柄巻(つかまき)でサブツールが二つ。

20160525_00Create3D2028_thumb

「サブツール」とは、Mayaのアウトライナとチャンネルが一つになったような機能。

Mayaだと、チャンネルで可視不可視を決めるけど

ZBrushだとここでメッシュごと「自動」でできる。

 

そして、ワンタッチで「今使っているメッシュ以外を非表示」ができる。

Mayaのチャンネルみたいに、クリックをたくさんしなくてもいいし

いちいちチャンネルクリックしなくても

メッシュを「オルト+クリック」すると、編集できるメッシュを変えられる。これが便利♪

 

サブツール名はOBJのファイル名がそのまま使われるので、

いちいち名前つけなくていい。(簡単に変えられる)

 

それと、もちろん、Mayaでいうソフトブラシの使い勝手がものすごくいい。

Mayaでもスカルプトはできるけど、ZBrushを知ったら使ってられない。

 

ZBrushでの便利な表示について。

↓ノーマル表示。

20160525_00Create3D2018_thumb20160525_00Create3D2021_thumb

選択してるメッシュが明るくなってる。(色は変えられます。これはデフォルト)

 

↓ゴースト表示。

20160525_00Create3D2019 - コピー_thumb20160525_00Create3D2025_thumb

選択されていないメッシュが透明になり

選択しているメッシュにわずかに輪郭がみえる。

 

↓柄をゴースト表示にすると

20160525_00Create3D2019_thumb

柄の輪郭が↑緑の線の外側に見える。

これは、ウインドウで直接見ると、動かしているのもあって、はっきり見えます。

体に服を添わせるとか、下のメッシュが完全に見えなくなっているときに凄い便利♪

 

Mayaだと、

ハイパーシェードでランバートのマテリアルをつけて

アトリビュートでそのマテリアルを半透明にしなきゃいけない。(私はその方法しかしらない)

そして、半透明の表示が不要になったら、またアトリビュートで半透明を解除しないといけない。

 

それがZBrushだと、「オルト+クリック」したところが全表示。

それ以外のところが半透明、に自動でできる。

 

Photoshop使ってる人ならわかると思う。

「目のレイヤー」を「オルト+クリック」すると、そのレイヤー以外が非表示になる。

あれと似たように、「選択以外がワンタッチで半透明」になってくれる。

この使い勝手の良さはすばらしい。

 

勿論、サブツールで別れているので

他のメッシュは選択できないし、変形できない。

「選択範囲だけ表示」にしたときに、見えないメッシュを選択してしまう、ということも無い。

Mayaだと、チャンネルでテンプレートにチェックをいれたようなもの。

それらが自動でできる。

 

↓柄をオルトクリックして、ゴーストを反転させたところ。

20160525_00Create3D2029_thumb

これが、二つでも便利なのに、メッシュが増えれば増えるほど

その手間はMayaと比べて軽減していく。

 

Mayaで作業してて、ZBrushと連携する場合は、

GoZという方法もあるけれど、私は巧く連携できなかったのでOBJで授受してる。

メッシュのバックアップもその都度できるので、面倒だとは思わない。

【Maya→ZBrush】GoZを使わない連携方法。【OBJ連携】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

Mayaでサーフェイスのマテリアルを設定してZBrushにOBJで書き出して戻すと

サーフェイスは吹っ飛んでますw

GoZだとこれが無いらしいけど、うまくいった試しが無い。

 

今確認したら、MayaからZBrushに出すのは普通にできた。

ZBrush 4R7からMayaに持って帰るのができないんだよね。

それと、マテリアルを引き継ぐのなら、Dazを噛ませなきゃいけないので

MayaからのOBJ出力はやっぱり必須。

 

ZBrush 4R7 P2 Windows版の GoZ Mayaが動作しない不具合の対処法 « 株式会社オーク News

20160525_00Create3D2044

修正が出てるけど、修正必要なかった。

でも、できないw

とりあえず、OBJで授受してると、Mayaのマテリアルは吹っ飛びます。

だから、ZBrush作業がある場合はマテリアルつけないのがいい。

けど、見やすさのためにフチドリとか色を変えたい場合

Dazを間に噛ませると、マテリアルが受け継がれます。

【Maya→ZBrush】GoZを使わない連携方法。【OBJ連携】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

GoZでMayaに戻したときにマテリアルがついてれば凄く便利なんだけど

戻すとMayaがフリーズするw

 

使うブラシ。

私はメッシュをMayaでつくってしまうので、

ZBrushでは『整える』ことしかしないため、使ってるのは少ない。

 

スタンダードブラシ。(盛り上げる)

20160525_00Create3D2040

Mayaでの「スカルプト」はこれ一つで大体できるし、こっちの方が使い勝手いい。

  • オルトで盛り下げる。
  • シフトでスムーズ。(Mayaとは動きがかなり違う)

なので、メッシュを「整える」ぐらいなら、いちいちブラシを変更する必要はない。

 

一番私がよく使うツール。

ムーブブラシ。

20160525_00Create3D203820160525_00Create3D2039

これは、Mayaだと、「ソフト選択で移動」させるようなツール。

 

Mayaの「ソフト選択 移動」は「トポロジカル ムーブ ブラシ」が近い。

くちびるの下を小さく選択すると、上くちびるは選択されない。

 

ノーマルムーブブラシは、ブラシの範囲内を一気に動かせる。

これはMayaのスカルプトの「つまむ」に近い、かな。

くちびるの口端を含めずに、真ん中だけ突き出す、とかの場合

下唇と上くちびるを同時に動かせる。

 

 

インフレイト ブラシ。

20160525_00Create3D2042

服のしわが体に突き破ってるとかに威力を発揮。

法線の外側方向に膨れてくれる。

突き破り一挙解決! すばらしい♪

 

前はムーブブラシと、スムーズでしていたので、

これのブラシを知ったおかげで作業が十分の一になった♪ヽ(´▽`)ノ

 

これらは、初期添付プラシ。

 

↓ZBrushはウインドウを好きなように配置できる。(Mayaより大きく動かせる)

 

使うブラシだけ、右側に並べてる。

20160525_00Create3D2043

【ZBrush】ウインドウのアイコン配置を自分好みにカスタマイズする。【UIプレファランス】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

ヒトサマのZBrushは使えないわねw

 

MayaからのOBJの授受について。

Mayaで、カスタムシェルフに「選択項目の書き出し」と

20160525_00Create3D203120160525_00Create3D2030

「読み込み」を登録している。

これで、ワンタッチでOBJ出力、入力ができる。

 

「面倒」と思う作業のほとんどは「手数がかかる」だけのことが多い。

一つ一つはとても簡単なのことなのに、それが固まると「面倒」になる。

「面倒」はルーチンをつくることで解決できる。

それ、「お金」で大体は解決できる。

 

つまりは、その面倒を「アクション」で自動実行できるソフトを買うw

無料の画像ソフトではなく、Photoshopを買うと、

単純作業は全部自動でやってくれる。

 

そういうのがあるから、私はAdobe製品はそんな高いとは思わない。

物凄い使い勝手いいよ、Adobe製品。高いだけある。

 

そういうアクションスクリプトがいじれるのは、大体五万円以上のソフトという認識がある。

ZBrushって、スクリプトが簡単にいじれないよね?

まぁ、ZBrushって、定型作業かそんなないからいいんだけど。

 

 

ついでに、私のカスタムシェルフ。

やってることは今はモデリングだけ(もったいない!w)

20160525_00Create3D2032

 

20160525_00Create3D2033

↑左から

  • エッジリングを分割
  • 頂点マージ
  • インタラクティブ分割
  • フェースカット
  • スカルプト(こっちでも使うのは使う)
  • アペンド。

 

↓これは、nCloth関係。

  Marvelous Designer 5買ってからはあんまり使ってない。

20160525_00Create3D2034

↑右端はMayaチュートにあった「三点照明」

実は、Mayaでは本格レンダリングをしないために

いまだに照明の設置方法を私はしらないw

というか、覚える気がない。

 

20160525_00Create3D2035

削減、結合、ランバート設置、デタッチ、法線の反転

 

20160525_00Create3D2036

  • 読み込み、
  • 選択したメッシュをOBJ書き出し。
  • UV投影 平面
  • スムーズ
  • 選択メッシュの中央にピボットポイントを移動。
  • オブジェクトのペアレント化解除。

 

ここらへんからは、私が組み合わせたのとか。

20160525_00Create3D2037

  • setNamedPanelLayout “パネル構成23”;
    • カスタムウインドウ配置。
  • setNamedPanelLayout “LP”
    • カスタムウインドウ配置。
  • 複製
  • polyPerformAction polyMapDel f 0; performPolyProjectionArgList “1” {“0”, “Planar”, “ls -selection”, “0”} “”;
    • 選択UV削除→平面UV作成(組み合わせスクリプト)
    • UVを丸ごとつくってから、UVをエッジで分割、その一つを選択して、透視図カメラでそのメッシュを真正面に据えてから実行。
      • 現在のUVを削除して、カメラ方向から平面UVを作成してくれる。
    • アイコンは使わないのをMayaの中から引っ張ってきたw
  • 移動してUVエッジの縫合
  • 有志のスクリプト。ありがたやありがたや。

 

Evernote導入したので、ここらへんは今後メモしていく。

「始めたこと」をつけておかないと、「これなんだっけ?」でまた調べて二度手間になる。

その時は「書きとめる」という手間が発生するけれど

作業記録をこまかくつけておくのは、将来的には絶対的に有益。

 

いちおうブログでこういうのは記事にしてたんだけど

「作業記録」にちょろっとメモしてしまったものはあとで探し出せないw

そういう「ちょろっとメモ」を保管する場所が無かった。

  1. テキストと画像を同時保存。
  2. スクリーンショットを手軽に配置できる。
  3. 逐次編集可能。

これを↑満たすエディタが無かったんだよ。

 

だから、ブログにアップしてたんだけど

ブログだと微妙に『逐次編集可能』ってのができないのね。

すぐ編集したらいいやん、と思うだろうけど

うちのWordPress、更新できない状態になることがあるのさー……(T_T)

  • 更新すると、レイアウトが全部崩れてしまう。
  • 触らなければ、正常に表示される。

という状態w

もう、その場合は編集は一切しないから

『逐次編集』という面では不都合だった。

 

Evernoteマジ楽しい♪

 

Evernoteに関する記事は↓こちらの日記ブログで私の使い方をメモってます。

【Evernote】 | BL作家 晶山嵐の日記

「晶山嵐、晶山嵐子」は、私の商業小説のほうのペンネームです。

 

Create3Dは、3dに関連する記事のみ。

日記のほうはそれ以外全部。

私が日常使っている便利ツールとかも日記のほうで展開しています。

-使用ソフト | BL作家 晶山嵐の日記

 

 

以上。

最後がそれちゃいましたが

MayaがあるのにZBrushも使う理由。

でした♪

 

私が作業進まないのは

合間にこうやって「使い方」記事をつくってるからだよw

でも、こういう記事が「後日の私」の役に立つんだ♪

 

作業記録は作業記録。

チュートリアルはチュートリアル。

これからも、作業記録で出たチュートリアルは、こまかく一つの記事にしていく。

 

 

シリーズ一覧記事。↓

歌仙兼定の刀を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

関連記事

UV習熟 | Create3D-3dCG制作作業日記

Maya | Create3D-3dCG制作作業日記

3d小物作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

↑タグの統合そのうちします。

 

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2016/05/25  5:51 】

 

 


ZBrush に関するこのブログの参考記事。

 

 

 

最初に作るキャラは、美形は止した方がいい、理由↓

【設定を詰める】3dでマイキャラ作成。ガリ・アさんを作る。1【ごたく】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

私が買ったZBrush 関連の参考書はこちら↓

[digital]TEXTURING & PAINTING 田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique) BLESTAR ZBrush ベーシック ZBrushプロテクニック (DVD付)

 

ZBrush関連の人気ランキング♪

 
 

 

Autodesk Maya 2014体験版ダウンロードはこちら↓

Autodesk Maya 2014 体験版(無料)

Autodesk – Autodesk Maya サービス & サポート – Maya Learning Paths

 

 

 

 

↑これ、Maya買ったらなるべく早い内に読む方がいい。

モデリングのスタートダッシュが早くなる。

 

私が買ったのはこの6冊。

Maya スタジオプロジェクト Dynamics - Mayaで作成するリアルな大地、風、火、水のエフェクト田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique) [digital]TEXTURING & PAINTINGMaya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights) Maya 3D スーパーテクニックAutodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル -へたくそスパイラルからの脱出! ! - 

 

↓アマゾンでのMaya本の人気順だとこういうところらしい。↓

次はどれを買おうかな……

 

 

   

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私、天川和香が常備しているもの♪


パソコンの動作が重たくならないセキュリティソフト

人気ページ

こんな記事もいかがですか♪

天川和香のTwitter

アマゾンの売れ筋10

ページ上部へ戻る