記事の詳細

ジャック・ザ・リッパー華やかなりし時代の馬車と御者。

女性の帽子はとても現代的です。

 

服の上等さとかは、大体テクスチャの柄で決まります。

この服の男性服は、無地なので、布地のどこを裁断しても服が作れますが

女性服は下の方にラインが入っていたり、チェックだったり、と

『柄を選んで型紙を裁断』するので、高級な服になります。

 

服全体に柄があるもの(総柄)は、無地とほぼ同じ扱いで、

ラインが入っているものは、総柄より高級です。

 

総柄で高級なのは、生地の裁断に合わせて柄を合わせてあるものです。

これはラインが入っているより高級です。

たとえば、前の打ち合わせで、右と左の柄が続いているアロハシャツなどは

現代でも、数万円以上します。

総柄のアロハシャツは千円ぐらいですね。

 

レースも、端の始末がされていないタイプは廉価品で

服に合わせて端が飾られているものは高級レースです。

 

DAZの服でも、柄を型紙によって合わせている作家さんと、そうでない作家さんがいます。

 

馬車も、辻馬車(流しのタクシーみたいなの)と、

リムジンと、お抱え馬車があります。

この馬車はエンブレムが入っているので、辻馬車ではないでしょう。

 

レンダリングにあったアイテムで楽しみましょう♪ヽ(´▽`)ノ

 

関連記事

ページ上部へ戻る