記事の詳細

光りの加減でできることは大体なんでもできるカメラ。

  • できること
    • 奥行きのある空気感。曇り空、霧、靄、夕日。
    • 神聖な光線(『ボリュームライト(後述)』。レイライト、後光、木漏れ日)
    • 超自然的な雰囲気、自然なカラーイメージ。
    • 背景の山、背景の樹木、水のそこ、夕日、横殴りの嵐。
    • 12色、6濃​​度レベル、10種類のテクスチャ効果
    • 4kHDRレンダリング設定
  • 使い方。
    • アイコン50個をテキトーにロードするだけで適用されます。
    • またはスライダーをドラッグするとで、「密度」簡単にいじれます。
    • テクスチャは『レンダリング設定』で適用されます。他の色や画像を使いたい場合は、そこを変更してください。
  • 幻想的なレンダリングをしたいのなら、これ一つあれば万全ですね。
 

Atmocam2 Atmocam2

 

『ボリュームライト』についての関連記事。

 ↓ こんなふうに『ライトのラインが空気上で見える状態をレンダリングできるのが、ボリュームライトの機能を持つ『カメラ』です。

【Daz Studio4.6】コンサートのようなライトを作る。【ボリュームライト】

【Daz Studio4.6】コンサートのようなライトを作る。【ボリュームライト】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

ポリュームライト | Create3D-3dCG制作作業日記

 

関連記事

StarJet Cockpit

スキューバダイビングセット。Scuba Gear for Genesis 3 Male

ページ上部へ戻る