記事の詳細

20141005_00Create3D1302

 

↓この記事で紹介した『Apophysis アポフィジス』という無料ソフト。

【Apophysis】背景用のフラクタル絵を簡単に作る。【無料】 | Create3D-3dCG制作作業日記

全自動で手では描きにくい絵を作ってくれるスグレモノソフト。

 

 

計算式を作ると↓のように、ものすっっっっっっごい画像を作ることができるそうですが

Apophysis – Google 検索

全自動でも、手で描くのはイヤンな、素晴らしいものを出力してくれます。

 

↓これ、全自動でレンダリングしたものです。

20141005_00Create3D1303

一切、私は計算式に手を加えていません。

 

これをどんなふうに使うかと言うと

簡単に↓こんなものをレンダリングしたとします。

_0002_レイヤーカンプ 3

 

背景にこれらの画像を置くだけで、パッとプロはだしに!

20141005_00Create3D1321

一生、背景画像に悩むことは無くなります♪

ブログの背景などに使ってもいいですね!

 

こんな簡素なフィギアを書き出して、

20141005_090645

 

アイテムふうに使ったり、光ってる全体にナニカのパワーが発生しているように使ったり

特にファンタジー世界なら、使い勝手ありますね♪

20141005_00Create3D1320

勿論、服の模様や、テクスチャに使うこともできます♪

 

↓こんなただのアップを、ドラマチックにもできます。

20141005_09375620141005_093756_00

上記は、同じApophysisの画像を、人物の背景と手前に置き

手前の画像をスクリーンモードにしているだけです。

 

丸い部分と円弧の部分が綺麗だったので

その間から顔が出るように配置し

背景のは丸い部分がその間を埋めるようにしました。


こういうことをするには、一枚一枚Apophysisから選択してレンダリングしていると私は邪魔臭いです。

↓これだけの画像を取るのに、一枚五分。そのたびにレンダリング指示を出すのも面倒。

20141005_00Create3D1303

一気に大量に、全自動で↑これ全部がレンダリングされるように設定します。

 

超簡単!

↓このボタンを押すだけ!連続レンダリングボタン!(最初気づかなかったんだよ)

20141005_00Create3D1306

これで、設定した全部が、全自動で、バックグラウンドで書き出されます

『バックグラウンドで書き出し』というのは

他の作業をしていても、裏でパソコンが動いてレンダリングしてくれる、ということです。

Daz Studio4.6のレンダリングと一緒ですね!

 

どれが『設定した全部』かと言うと、

 

↓ここに並んでいるもの全部です。

20141005_00Create3D1305

普通に起動すると、ここに一〇〇枚の画像が並んでいます。

ソフトが勝手に計算して、サンプルとして出してくれているのです。

 

これは起動するたびに違いますし、

ランダムバッチで変えられます。

20141005_00Create3D1307

 

 

でも、↓ここに並んでるの全部って、いらないのもあるやん?

20141005_00Create3D1305

そういう場合は、要らないものが少なければ、

↓いったん『セーブ』して、このフレームを残しましょう。

20141005_00Create3D1314

そして、↑それを開いてください。

すると、左に並んでいる絵を右クリックすると、

デリート、保存とかのメニューが出てきます。

そこでデリートしてください。

 

要らないものを削除したら、もう一度保存してください。

 

要らない画像の方が多ければ、居る画像の方を保存しましょう。

 

レンダリングしたい画像が表示されている状態でセーブ『コントロール S』。

ダイアログが出るので、OKでいいです。


Apophysisは『計算』で絵を作っていますので

設定の保存は、『絵』を保存するのではなく、『計算式』だけを保存します。

 

 

20141005_00Create3D1309

↑上の『ディスティネイション』の『flame』ファイルという『入れ物』に

これから保存するものが全部入れられます。

 

だから、一日100個の設定を一週間分保存したつもりでも↓

『flame』ファイルという『入れ物』しか無いので一瞬戸惑います。

20141005_00Create3D1318

↑このファイルを↓開くと、その時に保存した一覧が左側に表示されます。

20141005_00Create3D1314

『flame』ファイルの名前はApophysisを再起動しても残っていますので

保存するのが少ない人は、それに今日の保存したいものを追加していくといいです。

 

私みたいに、大量のレンダリングをしたい人は

この『flame』ファイルの名前を変えると、ある程度の枚数ずつなど、適宜に保存できます。

あまり枚数が多いと、連続レンダリングした時に、二日とか三日とか掛かってしまうので

(中断できますけど)

一回に表示されるサンプルから保存したら、

次のサンプルの保存は別『flame』ファイルに保存した方が良いかと、私は思います。

 

↓黄緑枠がサイズ。

注意すべきは、水色枠が緑の状態でないとレンダリングされません

_0001_レイヤーカンプ 2

ここはメモリ容量によって数値が違いますので、実際にあなたのパソコンでごらんください。

どうしてもここが赤になるなら、レンダリングサイズを小さくしてください。

 

↑赤枠の上の『絵の細かさ』というのは、そのまま、どれだけ綺麗にレンダリングするかです。

↑赤枠の『オーバーサンプル』というのは、デュアルコア以上の人はここの数値を上げると

レンダリングが早くなります。

 

『デュアルコア』ってなんだよ、ってかたは

タスクバーを右クリック。

 

↓タスクマネージャーの起動。

20141005_00Create3D1322

 

↓パフォーマンスタブを開くと↓こんな画面になります。

20141005_00Create3D1319

赤枠の部分の数がオーバーサンプルに割り当てられる数です。

私は12個あるので、オーバーサンプルには11個割り当てています。

全部を割り当てると、ネットを閲覧するのも動作が遅くなります。

寝てる間にレンダリングするなら、全部当てて大丈夫!

 

Apophysisで『レンダリング』するのも、Daz Studio4.6で『レンダリング』するのも

パソコンの中で使う場所は一緒です。

 

ですので、ApophysisでレンダリングしながらDaz Studio4.6でレンダリングすると

Daz Studio4.6のレンダリングが遅くなる可能性があります。

 

↓メモリがこれだけ余っていれば、そんな支障は無い気もしますけれど。

20141005_00Create3D1319

 

私は↓この設定でApophysisをここ最近ずーっとレンダリングさせてます。

20141005_00Create3D1317

メモリをもっと使っていいから早くしてくれたらいいのに。

 


これで↓こんな画像がガツガツたまります。

20141005_00Create3D1303

似たような画像が多いので、

毎日見てると、保存する設定が少なくなってくるでしょう。

 

↑これは、画素数が1000pixel前後ですので

寝る前とかに、パソコンの性能全部使って3000pixelとか書き出しています。

一枚五時間ぐらい掛かりますね。

 

フラクタル画像なので、どんな画素数にしても劣化しないのが魅力♪

もちろん、レンダリングした画像は拡大すると劣化します。

 

↓こんなふうに見本だけ作って『flame』ファイルと一緒に保存しておけば

20141005_00Create3D1324

大きな絵を作りたいときにまた呼び出して、それだけレンダリングできます♪

 

1000pixelもの画像が必要なければ、もっと小さいのでレンダリングするといいです。

320pixelとかでレンダリングすると、私の環境では一分以内にレンダリングしてくれます。

サムネイル扱いと思えば、ちょうどいいでしょうか。

 


もう、全自動でできる絵に飽きた、と思ったら

設定を自分でいじくってもっと複雑なモノにしてみましょう♪

 

↓こんな画像に挑戦してみるのもいいでしょう♪

Apophysis – Google 検索

 

私がそこまでいったら、またチュートリアル作りたいと思いますが

そこまでは手を出さない気もします。

 

どうやら、Apophysisプロもいらっしゃるようです。

突っ込むと奥が深そうなので、

Dazでレンダリングした画像にかぶせて楽しむぐらいの画像が出れば

今の私は十分です♪


こういう画像が簡単に作れる、Apophysisの使い方、でした♪

20141005_00Create3D132120141005_00Create3D1320

20141005_09375620141005_093756_00

 

こんなん↓が半時間でできます♪

 Daz Studio4.6マンガレンダリング 攻撃シーン

【Daz Studio4.6】漫画レンダリングで攻撃シーン♪【Apophysis無料】 | Create3D-3dCG制作作業日記


今回Daz Studio4.6のレンダリングで使ったアイテム。

 Caped Rogue Genesis 2 Female
Caped Rogue

 

 Julius Hair Bundle Genesis, Genesis 2 Female, Genesis 2 Male

Julius Hair Bundle

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


【初歩】Daz Studioのレンダリング画像を、PhotoshopCS6で手軽に光量調節する方法。【一分でできる!】

【Autodesk Maya 2014】マンションの一室を作る。6

Dazアイテムをblenderで使える!

【Daz to Blender8】DazStudioのGenesis8のフィギュアをBlenderに移植できるアドオン登場!

DAZのフィギアを、リギング(ボーン・関節)やモーフごと、blenderに正確に読み込めます!

 

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。