記事の詳細

Marvelous Designer 4で服を作るなら

小物も全部MD4で作った方が、シミュレーションが一回で済む。

 

アントニオ・ロペスの服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

↑この服のズボンにウォレットチェーンがついているので、その鎖を作りたい。


20150210_00Create3D394420150210_00Create3D3947

20150210_00Create3D3949

↑内部線は、チェーンの溶接跡のつもり。


シミュレーション開始。

こんな小さな型紙でなんか凄く時間かかってる……と思ったら

爆発した!

20150210_00Create3D394520150210_00Create3D3946

なぜ?

 

ちゃんと、両方表面になってるし、縫合も合ってるのに。

20150210_00Create3D394920150210_00Create3D3947

 

 

下にズボンがあったからでした。

20150210_00Create3D3953

ズボンが、引っかかるところがなくてぐちゃっとなって爆発していたらしい。

 

鎖だけだと、すぐにシミュ終わった。

20150210_00Create3D395520150210_00Create3D3954

 

メッシュ解像度を5まで上げて

20150210_00Create3D3963

 

↓左が20、右が5。

20150210_00Create3D395820150210_00Create3D3959

プレッシャーを100、500に上げると

20150210_00Create3D3962

 

パンパンッ!

20150210_00Create3D396020150210_00Create3D3961

↑上が尖ってるのは、落ちないようにピンで留めているから。

 

パンパンなのはいいけど、↓これはさすがにメッシュ多すぎ。

20150210_00Create3D395920150210_00Create3D3964

四角にしてもこんなん。

 

 

カタチの調節をするために、シメントリペーストしたら

20150210_00Create3D3969

 

ねじれた……

20150210_00Create3D3968

メビウスの環みたいになってる。

20150210_00Create3D3970

 

ピンで押さえて引っ張ったら直る。

20150210_00Create3D397220150210_00Create3D3973

 

四角ポリゴンにしていても、ピンモードにすると三角のままなのね。

20150210_00Create3D397520150210_00Create3D3976

 

 

解像度を10にした。

20150210_00Create3D3979

 

いい感じじゃないだろうか。

20150210_00Create3D397720150210_00Create3D3978

 

Mayaで鎖作ったってこんぐらいにはなるでしょ。

20150210_00Create3D3980

 

ただ、これを20個とか作ったら、さすがにシミュレーション遅くなるというか

できない可能性もあるので、

Mayaで鎖を作って、テクスチャにする。

 

↓この動画の方法で、腰にぶら下げた布に鎖をノーマルマップで張り付ける。

▶ Autodesk Maya 2014 Tutorial – Baking Normal and Transparency Maps within Maya – YouTube

 

その前に、ズボンをもう少し整える。

 

 

アントニオ・ロペスの服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 


 

エンジョイ! & サンキュー♪

2015/02/10  5:34

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る