【MD4】和泉守兼定の服を作る。1

3Dを自作する
3Dを自作する Marvelous Designer 作業記録

この記事は約5分で読めます。

Marvelous Designer 4(2.1.87)で刀剣乱舞の和泉ちゃんの服を作ってみよう♪

Marvelous Designer 4(2.1.87)で刀剣乱舞の和泉ちゃんの服を作ってみよう♪

 

前記事↓

【MD4】和泉守兼定の服を作る。1 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

このシリーズ記事一覧↓

和泉守兼定の服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

インナーの外枠完成。

  20150422_00Create3D077720150422_00Create3D0776

 

エラーかと思ったら、私が足りないだけだった。(殆どはそうなんだよね)

【Marvelous Designer 4】『アバターにタックをとめる』が使えない場合。 | Create3D-3dCG制作作業日記

インナーに飾りをつける。

縁をつける。

これは新機能のパイルを使ってみようかな♪

 

↓端っこが潰れて見えるけど、シミュレーションしたら丸くなる。

20150422_00Create3D077820150422_00Create3D077920150422_00Create3D0780

 

  ↓パイピングを指示すると、合わせ目でピッと変なところに行くけど、

 

20150422_00Create3D078320150422_00Create3D0784

 

気にせずに終点を指定すると、変なところにはいかない。

20150422_00Create3D0785

 

でも、どこを始点終点にしても、その部分の縫合をしてくれない。

20150422_00Create3D078620150422_00Create3D0787

 

パイピングの部分は型紙に出ないので、縫合指示が出せない。

20150422_00Create3D0789

これはどうにかできるのかな?

それとも、現時点ではどうにもならないのかな?

 

パイピング部分を選択してデリートすると、削除はできる。

20150422_00Create3D0788

 

すぐに修正されるかもしれないし、私が見逃してるだけかもしれないし

縁を型紙作ってくっつけるよりはこっちの方が楽なので

20150422_00Create3D0792

目立たない部分に端っこを置いて処理することにする。

20150422_00Create3D079120150422_00Create3D0792

なんてったって、一発でフチをつけてくれるのどんだけ楽か♪

 

でも、超目立つ(T_T)

20150422_00Create3D0793

 

こういう『環状』に設置する場合、端っこがぶつかり合って前後にずれてる。

20150422_00Create3D0794

20150422_00Create3D0795

 

端っこを空けてもどうしようもないので

20150422_00Create3D079620150422_00Create3D079720150422_00Create3D079920150422_00Create3D0800

 

一番目立たないところに持ってくるしかない。

20150422_00Create3D0801

端の縫合って本当にできないのかな?

 

一枚の型紙をパイピングしても端がくっついてないわ。

20150422_00Create3D080220150422_00Create3D0803

 

一枚の型紙のパイピングだと、一カ所をダブルクリックすると、ぐるっとパイピングしてくれる。

20150422_00Create3D0804

けど、始点終点は縫合されてない。

これは、今はもうどうしようもなさそう。

 

端っこは極力目立たないようにして先に進む。

 

和泉ちゃんの首元は二重縁取りなので、

一つの型紙のエッジから二つのパイピングを出したらどうなるのかとやってみた。

20150422_00Create3D0805

最初のを不可視にして二つ目を作ると、

一つ目と重なって暴れる。

なのでこれは不可ってことなんだけど

二つ目を消しても一つ目が出て来なくなった(笑)

 

『取り消し(Ctrl+Z)』で一つ目を不可視にするところまで戻して先に進む。

 

型紙の淵の下に内部線を作ってみる。

内部線でもパイピングできるのかな?

 

そうだ、内部線ではパイピングできないんだった。

20150422_00Create3D0807

だから、パイピングを二つ並べようとしたら、型紙も切らなきゃいけないわけだね。

 

なら、最初から型紙切ってフチつけるわ。

パイピングの方がメッシュ重たくなるんだし。

 

 

パイピングを二本取りするために、↓型紙を足してみたけど

20150422_00Create3D0808

 

パイピングに押されて、上に追加した分が内側に折れ込んでしまう。

20150422_00Create3D0809

 

パイピングが無ければ、縫合した縁は立つ。

20150422_00Create3D0810

仕方ないので、パイピングを使わずに襟元は仕上げることにする。

 

となると、縫合線をレンダリングするために、フチ型紙をつけなきゃいけないって事ですね。

 

【Marvelous Designer 4】『縫い目』をレンダリングするために。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

  とりあえずここまでやった。

20150422_00Create3D0812

↑コスプレのは襟部分が折れてたんだけど、

↓絵では折れてなかったので修正した。

20150422_00Create3D0813

  脇の縫い目が鋭角になるように型紙をいじってる(笑)

 

これは和泉ちゃんの体格ではないので、どうせあとで和泉ちゃんを作ったら細かい変更をするし

和泉ちゃんを作らなければ、Genesis 2 Male用でいいので

細かくは詰めないでおく。

 

前回のアントニオさんにしても、

服を作ってから体格を修正したりとかすることがあるので

大雑把に作ってから細部を詰める。

 

ナニカをするときには当然の事なんだけど、

それをしたときにやっちゃった方が早いから、つい詰めてしまうのね。

 

大雑把に!

大雑把にやって行く!

 

マクロが仕あがってからミクロへ!

モーフ作成とか考えるのは、ミクロが終わった後!

 

よし。

  このシリーズ記事一覧↓

和泉守兼定の服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記
 
3d自作に関する記事一覧。↓
3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記
 
Marvelous Designerでの作業記録など一覧。↓
Marvelous Designer 3&4 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/04/22 18:29 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。