【MD4】和泉守兼定の服を作る。5【袴】

3Dを自作する
3Dを自作する Marvelous Designer 作業記録

この記事は約6分で読めます。

Marvelous Designer 4(2.1.87)で刀剣乱舞の和泉ちゃんの服を作ってみよう♪

和泉守兼定の服を作る,和泉守兼定を作る,3d服作成,袴作成

 

前記事↓

【MD4】和泉守兼定の服を作る。4【赤い上着】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

このシリーズ記事一覧↓

和泉守兼定の服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

袴を作る。

袴の型紙と作り方♪

作り方☆「袴(はかま)」Sサイズダッフィー等の縫いぐるみに Part 1☆無料型紙 : 無料型紙工房ことろ

はかま(馬乗袴) 型紙 作り方 | コスプレ衣装 無料型紙 でぃあこす

袴もどきの作り方 製図 縫い方など あくまでもどきです

 

袴は谷折り山折りがあって、縫合が面倒くさいんだよね。

 

MD4は谷折り山織りはできるけど、袴なんかは折り目で型紙別にした方が良くないかな。

縫合が多いとシミュレーションに負荷かけるだろうけど、

縫合と山折り谷折りってどっちが負荷高いだろう?

 

折り紙~♪

上記サイトに、折り紙で作ってみればよくわかるってあったので、折ってみた。

2015042423370000(2)

たまに袴を描いたこともあったけど、今始めて構造を理解したわ。

 

↓斜め部分の一番下の部分がベルトとの縫合線になるので、そこで水平に折る。

2015042423370000(1)2015042423370000

 

↓MD4で一番縫合しやすい部分に赤マジックでライン入れる。

201504242336000

リアル縫合だと、折り畳んだ全部を一気にベルトに縫い留められるけど

MD4だと、そんな縫合指定すると邪魔臭いというか、負荷だけ上がるので最低限の部分だけ縫合する。

 

展開すると↓こうなる。

201504242336000

↑右端の横ラインにも赤マジック入ってる。

この三カ所だけベルトに留めればOKの筈♪

左端の跳ね上がりのせいで、かなり変形。

 

 

 

シミュレーションの負荷が上がるといっても、

↓こういうことをしても、別段遅くは感じなかったので、気にしなくていいんだとは思うけどね。

 

ファスナーを、メッシュで作った馬鹿は私です(笑)

20141129_00Create3D246420141129_00Create3D2467 20141129_00Create3D2470

MD4でファスナー作った詳細はこちらで↓

【Marvelous Designer 3】アントニオ・ロペスの服を作る。17 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

とにかく、この型紙をMD4上で再現する。

201504242336000

 

MD4作業

右前身頃を作る。

テキトーな大きさの型紙に、折り目のポイントをつけた。

20150425_00Create3D0888

 

右側の最初の折り目に内部線を作成。

20150425_00Create3D0889

 

その2本を左側にコピー。

20150425_00Create3D0890

 

脇の折り目をつけて、変形させる。

20150425_00Create3D089120150425_00Create3D0892

 

ベルトに縫合する部分をシフト選択。

20150425_00Create3D0893

 

折り目の縫合を指定。

20150425_00Create3D0895

 

山折り谷折りを指定。

20150425_00Create3D0896

 

↓左が山折りで右が谷折り。(私の感覚的には逆なので、よく間違える)

20150425_00Create3D089720150425_00Create3D0898

 

20150425_00Create3D0899

 

ベルトをアバターにタックで固定。

20150425_00Create3D0900

 

幅が合ってないので詰めていく。

20150425_00Create3D090220150425_00Create3D0903

 

後ろもつけて、右足分を完成。

20150425_00Create3D090420150425_00Create3D0905

なーにがおかしいのかなー?

谷折り山織りの指定を間違えていた。

 

明らかに幅が足りない。

20150425_00Create3D090620150425_00Create3D090720150425_00Create3D0908

 

さっき、余ってたから縮めたら、こんなことになってたので当たり前。

20150425_00Create3D0909

 

ぐちゃっとなっとる理由は?

20150425_00Create3D091020150425_00Create3D0911

 

こういうときは、手間の少ない方から解析していく。

20150425_00Create3D091220150425_00Create3D0913

 

↓赤枠のポイントを増やして、ピンクラインと緑ラインを縫合。

20150425_00Create3D0914

さっき、左端のひだもベルトにくっつけてた。

そのせいでギャザーになってた。

多分、前も同じ理由でギャザーになってると思う。

 

矢印の部分を下に入れられれば後ろは完璧!

20150425_00Create3D0915

ここをクリックして、『下に』にしたら下になった!

型紙毎じゃなくても、アンダー、オーバーは使えるらしい! すばらしい!

 

縫合と、布の上下は完璧!↓

20150425_00Create3D0916

 

けれど、↓ベルトの同じラインで縫合しているために、メッシュが重なって見えてる。

20150425_00Create3D0917

 

これは、ちょっと前から気づいてたんだけど

奥に入る襞のために、ベルトも内側に作って、そっちに縫合させればいいんじゃないかと思う。

どの道、ベルトは厚みが必要なので、ここでその分のメッシュを作っても、

『メッシュが倍になる!』という被害ではないはず。

 

3d服をMD4で作ることについて。【ごたく】

【3d服作成】ライアン作成【まとめ】 | Create3D-3dCG制作作業日記

【3d服作成】ライアン作成【まとめ】 | Create3D-3dCG制作作業日記

↑この服を作ったときに、

『既存の型紙の方法で作った方が、結果的に巧く作れる』ということを学んだ。

というか、一着目だから何もかも手さぐりだったけど。

 

MD4はリアルタイムに布シミュレーションしながら作れるのは凄いんだけど

最終的には『メッシュ』なので、

今回の袴のように、『厚みの無いベルト』に三枚の生地を重ねて縫合すると不具合が出る。

 

ならば、ベルトの厚み↓(黒い部分)を擬似的に作成。

20150425_00Create3D0919

赤いのが前方になるヒダ。

 

緑が奥に入る予定のヒダ。

 

二重にしたベルトの前と後ろに縫合したら、

これで綺麗になるんじゃないかと思う。

 

 

 

現実で袴を作ったって、ベルト布は裏表必要なわけだから

型紙として逸脱し過ぎているようにも思わないけど。

リアル型紙とは違う。

 

 

前回の着物を作ったときも思ったんだけど

 

リアル型紙に沿った方が綺麗にしわとか作れるし、なにより、ネット上に型紙はいくらでもある。

それをおおまかな下絵として使った方が、基礎デザインが綺麗にできる。

 

けど、結局は、『布の厚み』の無い『メッシュ』なんだから

こういうときまで『リアル型紙』に固執する必要は無い。

という、分かりきったことをようやく納得した。

 

 

ということで、『メッシュなんだから』と、リアル型紙から逸脱することは

とっととやって、さっさと服を作ってしまおう。

 

 

こういうのは、こうして記事にでもして『考えを確定』しておかないと

このあとずっとこのことで悩むことになる。

 

一つ解決!

 

 

 

このシリーズ記事一覧↓

和泉守兼定の服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

3d自作に関する記事一覧。↓

3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

Marvelous Designerでの作業記録など一覧。↓

Marvelous Designer 3&4 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/04/25 10:32 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。