【MD4】和泉守兼定の服を作る。8【腰飾りを作る】

3Dを自作する
3Dを自作する Marvelous Designer 作業記録

この記事は約3分で読めます。

Marvelous Designer 4(2.1.87)で刀剣乱舞の和泉ちゃんの服を作ってみよう♪

 

和泉守兼定の服を作る,和泉守兼定を作る,3d服作成2

前記事↓

【MD4】和泉守兼定の服を作る。7【袴を合わせる】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

このシリーズ記事一覧↓

和泉守兼定の服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

このシリーズ記事一覧↓

和泉守兼定の服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

腰飾りを作る。

20150426_00Create3D100720150426_00Create3D1008

テキトーに型紙を合わせてみる。

 

袴に合わせるので、かなり大きめでいいと思うんだけど

逆に言うと、袴が無いと形が決まらない。

 

けど、袴の方は服が4着あるためにすでに処理が遅い。

単一アイテムだけ別ページで作って持っていきたいんだけど、そもそも、袴が無いと形が決まらない。

 

この腰飾りは縁飾りとかあるので、アッチで処理したくないんだよね。

 

OBJで持ってくる。

袴のある方で、袴と赤いのだけOBJで書きだして、腰飾りのファイル持ってきた。

 

↓腰飾りの布がOBJに絡みついて引っかかっている。

20150426_00Create3D101020150426_00Create3D101120150426_00Create3D1009

これがかなりやっかい。

 

あっちを外せばこっちがつっぱり、こっちを外せばアッチが破れる……(T_T)

 

腰布をレザーに衿芯の固さにする。

20150426_00Create3D1008

 

上っ張りの膨らみが『一番上の服』だから、腰飾りでキュッとなるんだけど

20150426_00Create3D101220150426_00Create3D101420150426_00Create3D1013

 

どうしようかな。

20150426_00Create3D101520150426_00Create3D1016

背中が不細工。

 

背中は、一番細い部分にあたらないといけない。

 

なのでやっぱり、一回り細くないとな……

 

レイヤーがちゃんと認識されるなら、下から別レイヤーにして、

一番上の帯でキュッと締めるんだけど。

多分、レイヤー使うと、裏面問題が出てくると思う。

 

となると、最初から背中とか腰は引っ張っておかないといけない、ということ。

 

背中は、おはしょりを赤い布につけたら勝手に引っ張ってくれる。

脇もタックで引っ張ればいい。

 

とりあえず、

袴のほうのファイル、やりなおしってことね。

 

一応、袴姿はそれで残して置こう。

 

 

というか、せっかくあるレイヤー機能が、ほぼ使い物にならなくなってるのがもったいない。

 

レイヤー階層も10段階あるけど、どれにしても黄緑になっちゃう時点で

三着服を着させて全部違うレイヤーにする、っていうことは想定外なのはわかってた。

レイヤーって結局、どういう状況を想定して作ってるんだろう。

 

以前はそこまで表裏が厳しくなかったから、レイヤーわけても裏面問題が出なかったのを放置してるのかな?

 

とりあえず、袴を、腰飾り着けられる形にしてくる。

 

 

 

3d自作に関する記事一覧。↓

3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

Marvelous Designerでの作業記録など一覧。↓

Marvelous Designer 3&4 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/04/26  9:56 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。