【PS】湯屋 7 【漫画作成】

2Dいじり
2DいじりPhotoshop作業記録漫画作成

この記事は約5分で読めます。

PhotoshopCS6Extendedでコマワリ漫画を作成する。

20151114_00Create3D8761 前記事↓ 【D|S】湯屋6 【漫画作成】 | Create3D-3dCG制作作業日記   このシリーズの一覧記事↓ 湯屋 | Create3D-3dCG制作作業日記

Photoshopでコマワリ漫画を作る方法はこちら↓ 【Photoshop】漫画のコマワリのテンプレートを作る。【アクション配布】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

別の話のコマを作る。

今作っているコマで別の話が作れる! と思いつき、それに必要なショットを撮った後、 長谷部という、必要なかったキャラの作成に入った(T_T)   長谷部自体は、髪のけも体も顔も作っていたので大した手間ではないと思ったんだけど 図録での彼の指の動きがエレガントすぎて、Dazで再現するのにムキになった(←悪い癖) 20151112_00Create3D863820151112_00Create3D863920151112_00Create3D8640 Dazは手が綺麗じゃないんだよね…… そのうち、手の美麗モーフも作ってやる!   二つのベースポーズを作成。 20151112_00Create3D864120151112_00Create3D8642   Dazでポーズをつけることそのものはそんなに難しくはないんだけど、 このあと、Marvelous Designer 5で服ポースを作るとなると、 布が通る隙間を空けなきゃいけない。 20151112_00Create3D864320151112_00Create3D864420151112_00Create3D8645 腕組みとか地獄を見る。   最初から、ZBrushで修整必須だからいいんだけど ZBrushで修整予定だろうが 『布が通る隙間』は必要で その隙間を開けたポーズは、服を着たときに整合性が無いといけない。   なぜなら、服をつけたあとでポーズを動かすことはできないから。 その隙間を作るのが邪魔臭い。 体に刺さっていいんならパパッと作って終われるんだ。   突然だけど、ツイッターの中で語ってたので抽出しとく。

修行中はファンアートがいい理由

オリジナルでやってると↑こういうふうに『センス』の問題が出てくる。 ファンアートだと『真似』すればいいので、 自分のセンスは棚上げにメッシュ技術とかに集中できる。   初心者のうちに自分のセンスと戦うのは無駄。 同じく『オナジナル美少女』を作るのも遠回り。   基礎技術ができていないときに『オリジナル美少女』なんていう 『自分の中の美的センス』と戦っていたら、いつまでたっても処女作が完成しない。   100体ファンアート作ってからオリジナルやって丁度いい。 その間に『オナジナル美少女』像をかためるといい。   ヒトマネを凄く嫌がる人がいるのは知ってる。 けど実力の無い内にオリジナルで基礎習得しようとしたら 『真似』するより10倍以上時間がかかる。   その習作を『自作』として発表するわけではないのだから 最初は先人の胸を借りてもあなた以外は誰も文句を言わない。   真似しなくても、最初から巧くできる人を『天才』という。 天才かどうかの見極めは、『チュートリアルを探しに行ったこと』があるか無いか。   天才は自分の中から作り方を見つけるから、他人のチュート必要ない。 チュートやハウツーを欲しがる時点で天才ではない。   天才でなければ、最初はマネをするのがやりやすい。 初心者のうちは『こここうした方がうまくいく』とか思わず、 チュート通り「全部」やる。 なれてからファンアートやって、それらをするっと作れるようになったらオリジナルする。   オリジナルは『自分との戦い』になるから、 ソフトの使い方で悶着おこしてると、アイデアは飛んで逃げる。 次に何をしていいのかわからなくなる。   だから、呼吸するようにそのソフトを使えるようになってから、オリジナルにかかると急がば回れになる。   今、世に出ている最先端の人はみんな『天才』だから、 その人がやって来たことをそのまま真似しようと思わないこと。 『使ってる内にできたんですよー』って本当に『天才』の発言だから。   秀才でも、『使ってる内にできた』には違いないんだけど、 秀才はそんなふうに言わない。   自分が天才だと思わないのなら、それを真似しない。痛い目を見るのは自分。   それと、世に出た人でも、 「すっごい苦労して手に入れた技術なんです」って言わない人もいる。 テレビでの発言を鵜呑みにしない。   でも、過大評価して、やる前から『自分にはできない』と思ってもだめ。 天才にはなれなくても、秀才には誰でもなれるから。 やりたいなら、まず始める。 それだけが大事。   始めないうちにあれこれ考えても全部無駄。   ------------------------ 自分メモ 20151113_00Create3D8695歌仙99 20151113_00Create3D8692陸奥95 20151113_00Create3D8693光忠85 20151113_00Create3D8694日本号35

飲み会のシーンを作成。

先日作っていた、飲み会セットで飲み会のシーンを作成。 【D|S】湯屋 2【シーン作成】 | Create3D-3dCG制作作業日記   大男三人がおでん囲んで酒飲んでるシーン 左から、186センチ、174センチ、195センチ。みんなマイボトル。 20151114_00Create3D8734 ↑この背景のために↓天守閣内装を作成。 【Maya】天守閣内装を作成。 | Create3D-3dCG制作作業日記 ↓こうなる。 20151114_00Create3D8761 漫画にしたときに加工しやすいように↓人物はまた別に取得。 20151114_00Create3D8762   向こうで寝てる人を見てる四人の図。寝てる人に注目しないでいいんだけど、 四人から見ると、誰一人顔がこっち向いてないのは絵面的にどうだろう。 20151114_00Create3D876720151114_00Create3D8766 でも、寝てる人目線にすると凄い寝てる人がクローズアップされる……   とりあえず、両方レンダリングしてストマにするところでもう一度考える。 寝たことに驚いたシーンだから、寝てる人アップでいいのかなぁ…… うーん……   黒浴衣の人は、どうやっても首だけであっち向けなかったので 体ごと向けてる。 あっちに向かって足を投げ出しているので 寝てる人の膝で隠してるw   寝てる人、顔の左に傷があるので、反対側ショットの方がいいんだけど そうすると、黒い浴衣を膝で隠せない……ジレンマ。   とりあえず、これで、五人画面にいる。 この先、七人画面にいるのを作るので やっぱり背景は軽い方がいい。     このシリーズの一覧記事↓ 湯屋 | Create3D-3dCG制作作業日記       エンジョイ! & サンキュー♪         関連記事

他の『シーン作成』の記事。

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。