WinShotの圧縮率を考える。

2dソフト他
2dソフト他2Dいじり作業記録思考

この記事は約2分で読めます。

WinShotという無料のスクリーンショット取得ソフトを使っています。

 

今まで、何も考えずに、JPEG80%で撮影していました。


パーセントを減らして同じ画面をスクショしてみました。

20150301_00Create3D425880%

 

20150301_00Create3D425960%

 

20150301_00Create3D426040%

 

20150301_00Create3D426120%

 

20150301_00Create3D426310%

 

20150301_00Create3D42621%

 

↓容量

20150301_00Create3D426410%。

20150301_00Create3D426520%。

↑60と80と、多分ファイル名間違えてる。

 

サイトで説明するぐらいの矢印をつけるようなスクショなら20%でも十分なんだ!

容量が約半分になる。

 

というか、なんでヒトサマのサイトでやった?

 

上記スクショ画面は↓こちらのページです。

WordPressの画像をリサイズして自動で圧縮する方法

画像について再考させていただいたところだったので

そのままうっかりスクショテストしてしまいました。すいません。

 

↓これぐらい見えていれば説明画像としてはいいと思うので

20150301_00Create3D4269

今後は、20%圧縮で撮影して

必要なところだけ、解像度をあげることにします。

 

これで、画像の容量は半分になります♪

 

 

 

WinShotの圧縮率を考える。

でした。

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/03/01 14:55 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。