【設定を詰める】3dでマイキャラ作成。ガリ・アさんを作る。1【ごたく】

3Dいじり
3Dいじり 3dでマイキャラ作成 3Dを自作する Daz Studio ZBrush 作業記録

この記事は約10分で読めます。

赤狼 烈火の如く2 裏表紙元絵

↑左の人がガリ・アさん。

 

今私がしたいのは↓この本の映画化ね。(私の別ペンネームの商業誌です)

赤狼に喰らわれし冴月の如く (アズ・ノベルズ)

赤狼に喰らわれし冴月の如く (アズ・ノベルズ)

 

↑これはホモエロ本なんだけど、これのホモ関係ない部分戦国時代の戦争なのね。

古代中華、春秋戦国時代がモデル。

まだ馬がなくて戦車と、銅剣使ってる時代。

 

↑この話で主役の若い頃のル・アさんは↓前回作ったので。

ル・ア作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

今回はそのお父さんのガリ・アさんを作る。

ノーマルで書くときはこの人を主役にすると、エロシーンが男女になるから(そんな理由!)

息子は本当にホモだから、BLでしか描けない。

 

ガリ・アさんの設定

赤狼 烈火の如く2 裏表紙元絵

【ギャラリー】第一期トップ絵 | Create3D-3dCG制作作業日記

↑これはPoserのコウジさんをPhotoshopで顔変えてる。

手前の金髪はテライユキちゃん、ほぼそのまま。ユキちゃんかわいー♪

 

なにぶん、小説のキャラクターなので、細部の設定が無い(作者が言う)

小説ではガリ・アさんはこんな感じ↓(小説から抜粋。フリガナ振ってません)

------------------------

「……はいっ! 兄上の仰せのままにっ!」
 史留暉はその剣を鞘に戻し、兄に従った。美しい太子の即位式に国は沸き立つ。鉄剣での剣舞を披露した史留暉に万座の拍手が贈られた。
「良いものを見せてもらった」
 即位式の式場に突然、騎馬が一騎駆け込んできた。拍手が止まり、その場に座していた者達が咄嗟に立ち上がり、腰を抜かす。
 黒衣に身を包んだ長身の男。髪を結い上げて背中に垂らし、両頬に紅を描いた獰猛な姿。ガリ・ア王帝だ。三尺もあるような大きくとがった角を持った馬が彼を乗せたまま荒々しく野外式場の中をうろついた。その馬の後を、後ろ手に縛られた荒くれ者達が続く。彼らは傷だらけで服もぼろぼろ、どうみても式典に参列できるようなありさまではない。明らかに罪人だ。史留暉も磨牙鬼も、衛兵達も辺りを見回す。外にキラ・シ軍はいない。王帝が祝いに駆けつけるなどと連絡は聞いておらず、裏方が混乱の極みに陥った。
「俺だけだ。葬儀と即位式には間に合わなかったが、弟御の立太子式には間に合いそうだったので飛んできた。祝いに面白い見せ物をしてやろう。普段は戦場でしか見せぬ。こやつらは道中で捕まえた謀反人共だ」
 王帝はつい先刻、史留暉が剣舞を見せた座のど真ん中に罪人を並べさせた。叛乱ならば即時打ち首の極刑だ。そんな男達を二〇人、縦一列に並べてその両脇から人を立ち退かせる。王帝みずからが罪人達の腕を縛り上げたとも思えない。近くにキラ・シの武人がいるはずだ。
「太子殿。その刀を貸してくれるか?」
 よく通るけれど重たい声でガリ・アは言った。わざと明るく振る舞っているけれど、腹の中が冷たいのがわかる。相変わらず気配を消したまま、口許だけで笑っていた。黒い切れ長の瞳が史留暉を呑み込みそうだ。ル・アは母親似だと言っていたけれど、やはり面影がある。史留暉はガリ・アを見上げて思った。この肌色と切れ上がった瞳はル・アが成長すればこうだっただろう、と言う顔だ。史留暉は、つらり、と自分の頬を冷たいものが滑り落ちたのを感じた。刀を渡したその手でさっと拭う。ガリ・アに見られただろうか。先程流した喜びの涙は頬に熱かったのに。悲しみのそれはなんと冽たいものか。ガリ・アは受け取った剣を一振り、二振り、風を切り、並んだ罪人達の方へ一度切っ先を向けた。その瞬間、ガリ・アが隠していた『威』が膨れ上がり、その場にいた全員の顔を叩き払う。衛兵や女達が腰を抜かし、楽隊の弦がはじけ跳び、ガリ・アの腕が振り切られた。否。振られたことを誰も見たわけではない。ただ、その剣は振り切られた形でガリ・アの躰の後ろにあっただけだ。その動きは速すぎて、誰の目にも見えなかった。ややあって、並べられた罪人の躰が右肩から左脇に亀裂がはいり、ゴトゴトと音を立てて上半身が転がり血が吹きあがる。その向こうで、手入れしていた松の木が不格好に枝を落とした。
「良い刀だ」
 ガリ・アは振り切ったその刀を史留暉に差し出した。当然、血もついていない刀。けれど、確実に一振りで二〇人は殺した、刀。風帝と言われるガリ・アの剣技だった。この業で、遠くの将軍の首を落としてしまうのだ。列席していた鷺と科七理がくちびるを噛んで震えながら俯いた。とてもではないが、かなう相手ではない。ここには二十人が並んでいたけれど、一軍がいたらどうだっただろう。戦では、これぐらいの間合いに百人以上の兵士がいることは珍しくない。その百人の首を一瞬で落とせるのだろうか? たとえ、それを連発出来ないとしても、最初の一撃で兵士の士気は地の底まで落ちて回復不能だろう。
 こんな化け物が出てくるとは……将軍達は拍手もできずにただうなだれた。
 ガリ・アは、史留暉をよこせ、と出した書簡が無視されたことで叛乱の気配を感じ取ったのだろう。逆らえばこうなる、と。余興といいながら見せしめを行ったのだ。唆賀鬼が生きていたときに、賛成派にまわっていた重臣達が腰を抜かして失禁した。こんな男にどうすれば勝てると言うのか。あのとき、王をもり立てて反乱を起こしていれば、ここで躰を半分にされたのは自分達だった。
「何か聞きたいことがありそうだな。即位祝いに一つだけ答えてやろう」

赤狼に喰らわれし冴月の如く (アズ・ノベルズ) より。

------------------------

小説だとこんだけの描写で済むんだわ。

でも『絵』にしようとすると細部をつめなきゃいけないし

3dで360度見えるというより 『 動かす 』 となると、翻った裾の裏側の色は? まで設定が必要になる。

 

そして、オリキャラ二番目に彼を選択した理由の一つは

『典型的な美形ではない』ということ。

 

最初に作るキャラは美形はよしたほうがいい。


これは、私が最初に作ったのが、美形ではないル・アだったというラッキーもあるけど

絶世の美形とか絶対に作っちゃいけない、ってなんとなくわかってた。

ル・ア作成の記事にも、それは書いてる。

 

『美人』って、目の位置が一ミリ違っても美人にならないのね。

顔メッシュの作成方法がわからないときに、そんな一ミリの制御なんてできるはずが無い。

 

3d初心者で『化物を作りたい』人は結構するっと作るけど

『カワイイ美少女を作りたい』人が挫折するのはそこだと思うの。

 

化物はある意味『不定形』だから、『結果的に』怖くなれば、下絵とちょっと違っていても納得できる。

けれど『アニメキャラ』とかを作りたい場合は、『結果的にかわいくなった』としても

アニメキャラと顔が違えばそれは『完成』にならない。

 

それより先に『カワイイ顔』を作るのは化物を作るより一般的には大変だと思うの。

それを、『一作目』で挑戦してはいけないと私は思う。

 

これは、スカイハイスーツを作ったときにわかったんだ。↓

20140108_D 天川和香 Create3D599620140108_D 天川和香 Create3D5997

スカイハイスーツ作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

↑これめっちゃメッシュが汚いねん。

今使うなら全部1から作り直すレベルで(笑)

 

勿論↓このメットも一緒。これが、私がメッシュ作った最初の作品。

------------------------

------------------------

これらはアニメのキャラクターで『元絵』があるから『それに添って作る』ことができたけど

オリジナルアイテムだと、設計図が目の前にあっても

メッシュ作成が困難な初心者時代に

設計図が無いものを作るのはほぼ無理。

 

特に『顔』ってどうやったって設計図無いんだから。

三面図作ったとしても、斜めから見た時の角度とか、図面にできないものがあるんだ。

 

普通の顔でも困るのに『美人』なら尚更困難になる。

 

この小説は絶世の美形が何人もいるので、それから作りたいんだけど

そんな美人を今作れるとは思えないので、フツメンから作ってる。

 

でも、美形じゃなかったら簡単に作れるかというとそうでもない(笑)

20140629_D  Create3D 2274

↑バタ臭く見えない頬骨の位置と眉間のしわに苦心惨憺したアントニオさん。

 

完成詳細はこちら↓

【TIGER&BUNNY】アントニオヒーロー登録写真流出 by 晶山嵐 on pixiv


かっこいいマッチョになったと自負してる。

 

Measure Metrics for DAZ Studioのおかげで、体のサイズがわかるってのも凄く嬉しい♪

こういうマッチョって、胸筋どんぐらいあるんだろうとか、相対的ウエスト細く見えるけどどんぐらいなんだろうとか思うやん?

それが数字でわかるんだから♪ Measure Metrics for DAZ Studioすばらしい♪

 

話が大きくそれましたね。

ガリ・アさんの設定を張ろうとしているのに。

 

ガリ・アさんはとにかく↓こういう世界の人なのです。

Daz 3D

【ギャラリー】刀作ったので、お披露目~♪【Daz Studio4.6】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

だから、戦闘シーンをかっこよくできるためのモーフが必要。

つまりは長い髪と翻る服ですな……

 

最近iClone6を導入したので、動画ポーズ作成の手順が変わってる。

iClone | Create3D-3dCG制作作業日記

 

最終レンダリングをどこでするかによって作るアイテムが変わるんだわ。

それはこれから検証しないとわからないことなので、先にしないといけない。

 

なのになんでキャラ作成しようと思ったのかと言うと

『検証ばっかりだと気力が続かない』から。

 

iClone6とCubase Pro 8を買ったおかげでどちらも検証の連続。

ソフトの基礎使い方を覚えている状態で『創作』できてないのね。

 

それと、私は小説を書いてたときでも、数本を同時進行してた。

3dではとにかく一つのアイテムの完成を目指してずっとそれだけやってたんだ。

それが、視野を狭くして完成を遅らせたんだと思う。

 

勿論、いくつかのプロジェクトを同時進行すれば、一つが完成するのは遅くなるけれど、

今まで3dメッシュとか扱ってきて、すっっっっごい狭いところで堂々巡りしたことがよくあった。

小説だと、そういうときはすぐに他のにかかっちゃうんだけど

3dではそれができなかったんだ。

 

それが、Cubase(音源作成)という、3dとはまったく別のアプローチが入ってきたことで

本来の私の方法を思い出した。

 

それは、結局の所『音源作成』は最終的に人に頼める、という点。

勿論3dだってヒトサマに頼むことはできるけれど、

今なら私が専門でやってるんだから、まぁ、自分ですればいいし

素材はいくらでもある。

 

でも今からする音楽は、三年やったとしても『専門』になる気がしない。

3dフィギアはDazの基礎フィギアを借りてるけど、音楽にはその『借り物』がないんだよ。

 

でも、三年前は3dでも思ったんだよね。

お金出すから誰かアイテム作って、って。

作れるようになったんだよねー。

音楽も、三流レベルにはできるようになるかも、とは思う。

 

 

勿論、3dメッシュも人に頼んで作ってもらうことはできるけれど

冒頭にも書いたように『小説キャラクターを3d化する』場合、

顔は私がしないとどうしようもないんだよね。

 

Cubaseの作業は、お金があるなら人に頼めるので

はっきりいって『後回しでもいい』ことなんだ。

ただ、できるなら自分でした方が『面白い』。

 

私は、慣れた『作業』が続くと『勉強したい』欲求が出てくる。

その時にゲームにハマルと、ゲームを最短で攻略する方法を見つける。

つい最近、刀剣乱舞に三日間はまってた(笑)

刀剣乱舞やってる間中、「Cubase Pro 8したいのにしたいのに……」ってずっと思ってた。

 

他のことをすると『今したいこと』がはっきりわかる。

そういう意味で、同時多発にいろいろなことをやって、『したいこと』をやっていく方が『面白い』。

 

ただ、小説はテキストエディタ一つでカタがついたけど

3dとかになるとソフトがいろいろなので、つい、それ一直線で使いたいと思ってしまうのね。

いろんな種類のファイルがたまるから完全にプロジェクトフォルダを分けてないと混乱するし。

『作業中』がたまるとうっとうしいし。

 

でも、この三年間そこらへんはいろいろできるようになった。

ごたく | Create3D-3dCG制作作業日記

 

作業記録の方針転換【ごたく】 | Create3D-3dCG制作作業日記

なんでこんなに手順が後手にまわったのか考えてみる【ごたく】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

うん。

いろいろやっていこう。

 

 

よし、ゴタク完了!

作業開始。

 

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/04/19  7:10 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。