記事の詳細

Daz Studio4.7、PhotoshopCS6Extended、ZBrush 4R6


完成図。 iPhone_01.jpg20141203_00Create3D2376


■作りたいもの 海を前にした丘陵地に建てられた豪邸を バンカーバスターみたいなもので攻撃されて、 綺麗に地形ごと家がえぐり取られている風景の 衛星写真を携帯端末で見ているシーンの挿絵。     ■予想する手順

  1. PhotoshopCS6でグレースケールから丘陵地の地形を作る。→OBJ書き出し。
  2. Daz Studio4.7でドリームホームを全部だす。→OBJ書き出し。
  3. Daz Studio4.7でドリームホームを真上からレンダリングする。
  4. Daz Studio4.7で海をレンダリングする。
  5. ZBrush 4R6でドリームホームと地形を合体。
  6. 球体でブーリアン演算マイナスしてえぐる。真上からレンダリング。
  7. PhotoshopCS6でレンダリング画像を合成、加工。

 


■PhotoshopCS6Extendedでグレースケールから丘陵地の地形を作る。  

  • レイヤー3 真ん中に円グラデーションで白い部分を作成。ここを山頂とする。
  • レイヤー2 全体にグレー50%をかぶせる。
  • レイヤー1 フィルタ→雲模様1 で、もやもやを作成。

全部合成して、↓を作成。 20141203_00Create3D2357   3dメニューの

  1. レイヤーから新規メッシュを作成
  2. 深度マップ
  3. 平面

20141203_00Create3D2358 ↑上記をすると、ただのもやもやが↓立体になる。 20141203_00Create3D2359 ↓それをOBJで書き出す。 20141203_00Create3D236020141203_00Create3D2361 ↑OBJ書き出しは『ファイルメニュー』ではなく『3dメニュー』からしか保存できないので注意。   ZBrush 4R6で見るとこんな感じ。 20141203_00Create3D2362   Daz Studio4.7で書き出したドリームホームも読み込む。 20141203_00Create3D236420141203_00Create3D2365   家が立つ当たりを整地する。 20141203_00Create3D236620141203_00Create3D2367 山岳ではなく丘陵地だったので、もうちょっと全体をひらべったくする。   山頂の整地がうまくできなかったので、ブーリアン演算でカタをつけた。 プレイナーブラシとか、いま一つよく分からない。 こういうの、ブラシだけでどうにかなると思うんだけどな。 【ZBrush4R6】オブジェクトを綺麗にカットする。【ブーリアン演算 差】 | Create3D-3dCG制作作業日記 20141203_00Create3D236820141203_00Create3D2369   プレイナーブラシで磨く。 20141203_00Create3D2370   家を地面に下ろす。 20141203_00Create3D2371 丘陵地を薄くしてます。そんな高い山じゃないので。   家からすぐ浜辺があって海なので、そこをぼこっとへこます。 20141203_00Create3D237220141203_00Create3D2373 浜への階段とかつけようかと思ったけど、今回はもういい。 ダイナメッシュを512でやったんだけど、解像度が全然足りてない。 大地が大きすぎて、相対的に家のメッシュが足りなかった。 階段作れるようなメッシュ、無い。     球ですると意味無かったので、円柱でブーリアン演算マイナス。 20141203_00Create3D2374   家に掛かるようにえぐる。 20141203_00Create3D2375   これこれっ! この映像が欲しかったんだよ♪ 20141203_00Create3D2376   プレインをアペンドして青く塗りつぶし、海の平面を作る。 海からもっと陸地が盛り上がるように整える。 20141203_00Create3D2381 この時点で、球でも円柱でも意味なくなったし えぐれた底が見えなくなった……     山を緑に塗る。   ストロークを『スプレー』にして 20141203_00Create3D2382 『フロー』↑を大きくすると↓まだらに塗れる。 20141203_00Create3D2383 航空写真のできあがり。   どこでレンダリング画像を書き出すのかめっちゃ迷った。

↓この『レンダリング』の11分20秒あたりで触れてる。 BLESTAR ZBrush ベーシック 私が買った、ZBrush 4R6の参考書。 | Create3D-3dCG制作作業日記 BLESTAR ZBrush ベーシックチュートリアルの目次 | Create3D-3dCG制作作業日記

    DAZでレンダリングしたドリームハウスの航空写真を重ねる。 20141203_00Create3D2385   左側の砂浜っぽいところを指先ツールでならす。 20141203_00Create3D2387     全体的にこれだけ大きさはある。 20141203_00Create3D2386 トリミングしようかと思ったけど、このほうが『陸地』ってのが分かりやすそうなのでこのままにする。     波をブラシで描いて 20141203_00Create3D2390 携帯端末で見られる画像にする必要があるので、 結局、トリミング。 20141203_00Create3D2391 携帯端末でこの画面を見ているので、端末らしくする。 衛星写真っぽく、ちょっとぼかす。   波が盛り上がって見えるのは、 フォトショで『エンボス』加工をオーバーレイで重ねました。 ちょっとした立体っぽい画像なら、フォトショでいくらでも作ることができる。   ここまで来て、ようやく、 ZBrush 4R6での作業は要らなかったんじゃないか と、薄々勘づいてるけど無視してる(笑)  


これは、迷子追跡ソフトの画面なので、子供の位置が必要。 (耳の裏に発信機をつけて、位置情報を取得するソフト) Ryanがここにいますよ、っていう画面。   『もっともらしい画面』にするには込み入ったテキストが必要。   必要な数値は?

  • 場所 緯度軽度 L/L -16.726384, 139.283558
  • 速度 move speed 0 mph
  • 海抜  0.014 miles above sea level.
  • とどまっている時間 staying time 7:03:32
  • 外気温 Temperature 78.8(26)
  • 体温 vital warmth 99.14(37.2)

英語でこれらの表示、あってるかな? 温度は『華氏(摂氏)』、距離はマイルで表示してる。 そんなこと、小説では一切書いてないけど、まぁ、行き当たりばったりです。 緯度経度はたしか、オーストラリアのケアンズ当たりだと思う。テキトー。   矢印だとバカっぽいので、照準にした。 20141203_00Create3D2392     いま一つ場所が分かりにくいのでこっちにした。 20141203_00Create3D2393 ↑照準の画像もスタイルも↓どっちかに入ってる。 Ron's Sci-Fi Custom Shapes Series 2 Ron’sブラシ便利♪   2014/12/04  0:22 時点で、DAZでRon’sブラシの七割引以上セールやってるので フォトショでレンダリング画像いじる人は是非入手してみて♪ 加工が楽しくなります♪   500円ほどのRon’sブラシ バンドル♪ Rons Grunge BundleRon’sブラシ $4.49
Rons Grunge Bundle ↑このバンドル製品に含まれている単品も、一覧に並んでいるので、複数買いしないように注意。 このバンドルに含まれていない単品もたくさん出てます♪   『グランジ』ってのは『汚れたテクスチャ』のこと。 錆びとか、泥汚れとか、引っかき傷とか、経年変化とか レンダリングにちょっとかぶせるだけで、ツヤッツヤのわざとらしいレンダリング画面が 重たく汚れた渋みのあるものに変わります♪   私は、3dレンダリングは『綺麗すぎる』ことが多いので こういうテクスチャで汚すことが多いです。  

↓ちょっとだけスクラッチを掛けたレンダリング画像の見本。 【Daz Studio4.6】彷徨う提督。【ギャラリー】 | Create3D-3dCG制作作業日記

  Fast Grab 3D Models ← 毎日なにかしら七割引しているページ。  


話を衛星画像作成に戻す。   もっとかっこいい画面にならないものか…… 20141203_00Create3D2394 ライアンが超能力で地形えぐったので、荒れ狂い渦巻く海。   彼の際から建物が壊れているから 彼が海との境目にいて、彼のバイタルサインを追っているこの携帯端末だと 彼がどうなっているのか意味がわからない、という画像。 海抜高いところにいるので、海に落ちてるわけじゃないのはわかる。 体温も高いので、瀕死でもないこともわかる。   大体、屋敷とか、地形の元のカタチがわからないと、意味のわからない衛星写真だしね。 というか、パッと見た目だと、建物かどうかもわかんないだろ。  

  iPhoneのフリー素材いただきました。 商用利用可能。 iPhone 5S Psd Vector Mockup | Psd Mock Up Templates | Pixeden

  で、こんなんができあがりました。 iPhone_01.jpg 画面の上の黄色いテキストと、画面の下の時刻は同じ色なんですけど 背景が違うから違う色に見える。 スタイルが統一されてないみたいでやだけど仕方ない。   あ、なんか、照準が左に寄ってる。 今回はもういいや……(←これがクリエイト体力の無さ)   あってもなくてもいい小説の挿絵に、 しかも、キャラの入っていない挿絵に必死になって まだ小説上がってませんよ(笑)  


  ■結論 こんなちっこい画像なら、普通にドリームホームレンダリングして フォトショで丸くくり抜きゃいいじゃん、と やったあとで気づきました。   ぶっちゃけ、立体でする必要なかった。   でも、ZBrushの演算でドリームホームを地形ごとぶち抜きたかったんだよ。   ↓これの検証をしたかったってのが一番なんだ。 20141203_00Create3D2375 20141203_00Create3D2376 とりあえず、建物とかを地形ごとスパンッ! と切断するのには この方法が使えます、という、検証完了。   今度は、ペンタゴンでも丸くくり抜いてみようかな♪  



【3d】ドリームホームを破壊する。 でした。   エンジョイ! & サンキュー♪ 2014/12/03 23:53  

↓ドリームホームに関する記事はこちら。 ドリームホーム

    BLESTAR ZBrush ベーシック 私が買った、ZBrush 4R6の参考書。 | Create3D-3dCG制作作業日記 BLESTAR ZBrush ベーシックチュートリアルの目次 | Create3D-3dCG制作作業日記

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る