【Autodesk Maya 2014・ZBrush 4R6】アントニオ・ロペスの服を作る。10

3Dいじり
3Dいじり 3Dを自作する Maya 作業記録

この記事は約2分で読めます。

【Autodesk Maya 2014・ZBrush 4R6】アントニオ・ロペスの服を作る。10

【Autodesk Maya 2014・ZBrush 4R6】アントニオ・ロペスの服を作る。9 | Create3D-3dCG制作作業日記

前記事


ステッチをブーツの上に持ってきて、ブーツとは別にOBJ書き出す。

20140928_00Create3D1142

 

ZBrush 4R6でスムーズ掛けてみると、いい感じにフチが盛り上がってる♪

20140928_00Create3D114320140928_00Create3D1144

 

でも、靴と靴底が離れてしまっている。

20140928_00Create3D1145

 

 

とりあえず、ステッチをブーツに沿わせるためのカーブを作る。

マッチメーカーブラシで撫でるだけ。

20140928_00Create3D114720140928_00Create3D1146

ワンタッチでブーツにそったカーブをつけてくれる。

すばらしい♪

 

この機能、あるのは知ってたけど、どうやるのかは知らなかった。

ブラシで撫でるだけなんだね!

 

注意としては、何度も撫でてると変なことになる。

大きなブラシで一度だけさらっと全体を撫ぜるのがいいっぽい。

やりようによっては、360度環状のものも沿わせることはできそう。

 

ブーツにくっついてはくれないので、これは移動ツールでくっつける必要がある。

 

 

スムーズかけたら靴先が浮くと思ったけど

どうも、際が裏面になってるっぽい。

20140928_00Create3D114920140928_00Create3D1148

さっきもエッジの押し出しで裏面になってたから、そのせいだと思う。

 

 

Mayaではスムーズ掛けても表に見えてるのでよしとする。

20140928_00Create3D1151

 

スムーズかけると、とたんにリアルに見えて嬉しい♪

 

完成!

と思ったら、

ストラップがいるんだった。

 

とりあえず、Dazで確認する。

 

大きさはこれでいいと思う。

20140928_00Create3D115220140928_00Create3D1153

 

フチとキワが汚い。ここらへんメッシュに無理掛かってるから。

20140928_00Create3D115520140928_00Create3D115420140928_00Create3D1156

 

Mayaでスムーズ掛けたのを読み込むと、フチもキワも気にならない。

20140928_00Create3D115720140928_00Create3D1158

ただ、際の外側がバリみたいに出てきて汚い部分がある。

 

Dazでスムージングかけるのは無理そう。

20140928_00Create3D1159

 

 

押し出しのメッシュがとんでもないことになってた。

20140928_00Create3D116120140928_00Create3D1160

選択範囲作ったときに、余分なのが入ってたんだね。

 

ブーツ本体が裏面になってること発覚。

20140928_00Create3D1162

 

法線の方向の一致。か反転で整える。

20140928_00Create3D1164

 

法線編集ツールをクリックすると

20140928_00Create3D1166↓緑色のもふもふになったら法線は表向いてる。

20140928_00Create3D1165

↑これの消し方が知りたい。

 

↓表向いた~♪ヽ(´▽`)ノ

20140928_00Create3D1163

 

ZBrush 4R6で皺をつける。

 

エンジョイ! & サンキュー♪

2014/09/29  4:37

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。