【Daz】自作アイテムで漫画を作る。【トウラブ出陣編】4

3Dいじり
3DいじりDaz StudioMarvelous Designerシーン作成作業記録漫画作成

この記事は約5分で読めます。

Daz Studio4.8で、Marvelous Designer 4で作った服を使って漫画を作成する。

まずは、漫画の元絵になるレンダリングをする。

ための、ポーズと、ポーズ服モーフを作成。

20150822_00Create3D5033

 

前の記事↓

【Daz】自作アイテムで漫画を作る。【トウラブ出陣編】3 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

このシリーズの記事一覧。↓

トウラブ出陣編 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

MD4のレイヤーについて。

今回、気付かずにOBJを書き出してしまったけど↓

20150819_00Create3D500420150819_00Create3D5005

帯レイヤーが上になってて、マントの上からも出てた(笑)

後ろショットは要らないのでこのままやる。

 

後ろショットが必要な時だけ帯レイヤーを0にすればいいんだな。

そうすれば帯が潜ることは無いんだ。

そんなことか!

 

というか、ポーズシミュレーションが終わってから帯レイヤーをそっとゼロにすれば

マントが綺麗に上に来てくれる筈。

次はそうしてみよう。

 

Dazで設置していく。

タイムラインでモーフを設置していく。

 

服はOBJをインポートしたまま、『服』にはしていない。

袂とか全部モーフが必要なので、トランスファーユーティリティしても意味が無いから。

OBJのまま、今回のためだけにモーフを作っていく。

 

そして、よく使いそうなポーズと服ポーズだけ、再利用しやすいように保存しておく。

でも、どうせ、使うときに毎回服ポーズしゅとくすると思う。

 

↓これぐらいの首を動かすのでも、トランスファーユーティリティしていないのでモーフが必要。

20150822_00Create3D501920150822_00Create3D502020150822_00Create3D502120150822_00Create3D5022

 

で、こんなのは一枚一枚レンダリングすると、この服を設置するときに背景を読み込まなきゃいけないので

タイムラインで設置していって、最後に背景を設置し、動画用レンダリングで一気に全部をレンダリングする。

静止画しか作らない場合でも、タイムラインは有効♪

20150822_00Create3D5023

【Daz Studio4.6】タイムラインを使う方法。初歩【タイムライン】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

タイムラインを使うなら、↓これが絶対必要なので、熟読の上設置すると、作業がはかどる。

【Daz】メニューバーをカスタマイズするほうほう【まとめ】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

一こま設置する、メモライズ、リストア、絶対! これしないと地獄を見るので、絶対やって!

20150621_00Create3D3428

左から

  1. エクスパンド オール。シーンで全部開く。
  2. 全部選択する。
  3. フィギア メモライズ。  フィギアの状態を記録する。
  4. フィギア リストア。   記憶したフィギアの状態を再設定する。
  5. アイテム メモライズ
  6. アイテム リストア
  7. 選択解除。
  8. シーンで全部閉じる。

↑これを、左から全部クリックすると、タイムラインでのメモライズリストアが一発でできます♪

 

↑これをクリックするだけなので、スクリプトで組んでしまいたいんだけど

まだスクリプトの勉強ができてなくてできてない。

簡単な筈なんだよなー。

 

Daz Studio4.8をもっと便利に使うための関連記事。

【Daz Studio4.6.2】初期設定 3 メニューアイコンを設定する【動画あり】 | Create3D-3dCG制作作業日記

【Daz Studio4.6】好きな小メニューをメニューバーに出す方法。【メニューのカスタマイズ(標準機能)】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

歌仙さんを設定。

牡丹をchestに、帯留をAbdomenにペアレンツ。

20150822_00Create3D504320150822_00Create3D504420150822_00Create3D5045

どうせ、服を動かすと微調整は必要だけれど、これまでMMDでポーズを作らなくていい。

ただのメッシュだから。

 

和服みたいに袂が長くて基本モーフの作りようが無いのは、

毎回MMDでポーズモーフ取る前提で始めてるからもう、なんかどうでもいいんだよね。

それ込みで作業予定組んでるから。

 

とりあえず、歌仙さんのマントが和泉ちゃんにぶつかる筈なので、

和泉ちゃんの服と体を両方OBJで読み込んで位置決め。

20150822_00Create3D502620150822_00Create3D502720150822_00Create3D5028

↑案の定和泉ちゃんの手がマントに掛かってたので、マントを必死で手の内側に流す。

 

↓歌仙さんのベルトがレイヤー上位だったので、マントから見えてる。

20150822_00Create3D5029

後ろ撮らないならこれでいいんだけど、角度的に写りそうなので

 

ここだけ、マントをレイヤーの上にした。

20150822_00Create3D5030

すると、腰鎧が裏面問題を出してきたので、変になる前にシミュレーションを止め

20150822_00Create3D5031

 

↓書き出すときに腰鎧を含めずに書き出した。

20150822_00Create3D5032

↑これは、以前に腰鎧を加えたメッシュへのモーフとしては使えないので

もう一度腰鎧を加えて書き出した。

 

↓この左手が、和泉ちゃんの顔に行くのには、激しく服の上を腕が通って服が爆発する。

20150822_00Create3D503420150822_00Create3D5026

 

間のポーズを二つ追加。

一つは、腕が縮んでも袂に絡まないように、腕を伸ばして書き出した。

20150822_00Create3D503320150822_00Create3D503420150822_00Create3D503520150822_00Create3D5036

↑この状態から↓こう。

 

20150822_00Create3D503720150822_00Create3D5038

 

そして、↓こうなる。

20150822_00Create3D5026

顔がぶつかってるのは、位置が甘かった。

本当はぶつかってない。

 

歌仙さんのレンダリングテスト。

デフォルトレンダリング。トニーカム。

20150822_00Create3D503920150822_00Create3D5040

↑影が黒いので、アンビエントを50%グレーにした。↓

そして、服にサブデビジョンをかけた(↓右側)。

20150822_00Create3D504120150822_00Create3D5042

 

 

 

 

このシリーズの記事一覧。↓

トウラブ出陣編 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

参考記事。

シーン作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

和泉守兼定を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

和泉守兼定の服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

歌仙兼定を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

歌仙兼定の服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

【Maya】3dで歌仙兼定の髪を作る。1 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

漫画用レンダリング | Create3D-3dCG制作作業日記

3dでマイキャラ作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

Marvelous Designer 3&4 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

3Dを自作する | Create3D-3dCG制作作業日記

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/08/22 18:39 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。