【Daz Studio4.5】スーパースーツをいじる。その2 シェイプをいじる。

3Dいじり
3DいじりDaz Studioアイテム確認チュートリアル

この記事は約2分で読めます。

Supersuit Pro Bundle 3D Clothing Model | 3D Models and 3D Software by Daz 3D

Supersuit Pro Bundle 3D Clothing Model | 3D Models and 3D Software by Daz 3D

 

 

右下のスーパースーツを着せる。

130310_D1565

 

トロピカル。

130310_D1566

 

スーツを選択して

130310_D1567

 

シェイプタブ。

130310_D1568

 

ここを動かすと

130310_D1569

 

こうなるわけね。

130310_D1570

 

ここだと

130310_D1571

 

丸い。

130310_D1572

上記は『全身』を一気に動かしているので、

その下のタブで、全身を部分ごとにパーツを動かしていくということですね。

 

 

頭をこう動かすと。

130310_D1573

 

ヘルメットになる。

130310_D1574

 

基本的に、パラメータを左(マイナス)に動かすと浮き上がる。

逆じゃないかと思うけど、まぁ、そういうことです。

 

 

うーんとな……

130310_D1575

コロニーを守っている、警察官(治安維持部隊)って感じで決めていきたいと思う。

部隊の中で一番軽装で、市民に触れ合う部署の人たち。

だから、威圧的ではなくて、本当にソフトスーツの延長線上で。

 

喉まわりが大きいのは、通信回線機器が入っているから。

 

スーツの色と、パラメータの色が同じなので

判りやすいですね。

 

 

最初に全身を太らせてからやった方が効率いいんじゃないの?

130310_D1576

 

130310_D1577

 

と思ったけど……

130310_D1578

太るんだけど、ダウンジャケットみたいに膨らんで

接合部分がフラットになってない。

130310_D1579

悪役レスラーじゃないんだから。

(多分、二つパラメータを動かしたから。一つだけだと都合良かった筈)

 

 

最初にいじるときに、一番上のパラメータを-2にしておきます。

下記は、全部-2になっていますが、一番上だけ揃えれば、統合できます。

130310_D1580

 

23分掛かって全身いじりました。

130310_D1581

色を着けていきましょう。

 

続く

【Daz Studio4.5】スーパースーツをいじる。その3 サーフェイスをいじる。 | Create3D

 

 

2013_03_10(日) am09:01

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。