【Daz Studio4.5】OBJファイルを読み込む方法。【講座】【ダウンロード】

3Dいじり

この記事は約3分で読めます。

Daz Studio4.5で↓にあるOBJファイルを読み込む。

130218_D0391

OBJは3Dソフトのファイル形式として汎用性が高いので

Daz Studio4.5用に作ったデータでなくても使えるようになる。

標準でその機能があるので、目一杯使っちゃいましょう。

 

------------------------

■OBJファイルを読み込む。

ファイル-インポート。

130218_D0392

 

目的のファイルをクリック。

130218_D0393

 

こういう画面が出てきます。

130218_D0394

 

今回は、私がDAZ用にシェードで作ったおぶじぇなので、等倍。

130218_D0395

Daz Studioを選択。

他のソフトで作った場合、そのソフトを選択すると、サイズが合う確率が高い。

 

シェードとDaz Studio4.5では、10000倍。

 

↓Daz Studioにしてアクセプト。

130218_D0396

 

Genesisの後ろにオブジェが読み込まれました。

130218_D0397

オブジェは作ったソフトの座標で読み込まれます。

作ったソフトで零地点から遠い位置に配置されていれば

Daz Studio4.5でも普通はその遠い位置に配置されます。

 

これは、零地点に読み込んだフィギアの後ろに表示されるようにシェードで作ったものなので

この位置に読み出されています。

 

■サーフェイスを読み込む

シーンタブで読み込んだOBJを選択。

130218_D0398

 

サーファイスタブで、マテリアルを選択。

130218_D0399

 

デフューズカラーの左の四角をクリック。

130218_D0400

ブラウズを選択。

 

マテリアル画像を選択。

130218_D0401

 

読み込まれました。

130218_D0402

------------------------

■確認

 

頭の部分を拡大したい。

130218_D0403

そのままグリグリ拡大してもいいですが。

 

頭を選択。

130218_D0404

 

ビュー脇の↓をクリック。

130218_D0405

 

一発で、選択部分が画面いっぱいに拡大。

130218_D0406

 

デフォの正面カメラで見ます。

130218_D0407

 

一切、広角とか望遠とか掛かっていない真正面。

130218_D0408

Genesisは180センチよりちょっと高い。

 

この定規は、ヴィクトリア4が身長180センチということで、それに合わせて作ってあります。

 

横から見る。

130218_D0409

 

横から見ても見えるようにしました。

130218_D0410

複数キャラクターを作るときの身長設定に便利♪

 

■保存

好きな所に好きな方法で保存してください。

私は、よく分からないので、全部、シーンサブセットで保存します。

 

↓アイコンに『セット』と入ります。

呼び出すときは『MAGE』で。

 

他に保存する方法があるんですが、どうしても理解できない私の頭。

 

 

この定規オブジェ、配布しています。

------------------------

■配布

有料再配布、作成者詐称以外はなんでも使ってください。

 

中身は↓こうなっています。

130218_D0411

インターネットショートカットリンクはこのページです。

お友達に渡す時はフォルダごと渡しちゃってください。

 

ダウンロード↓

ノーサポート、ノークレーム。

 

------------------------

【Windows】zipファイルの開き方【無料】 | 制作作業日記-天川和香-WakaAmakawa

 

定規のメイキング

 Shadeで定規をつくってPoserに読み込む。 | 制作作業日記-天川和香-WakaAmakawa

 

 

 

Enjoy!!

 

=== 天川和香 === あまかわわか ===_Waka Amakawa_==

2013_02_18(月) am07:38

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。