【Daz Studio4.6】ダイナミッククロスでアニメーションを作れるのか。答え、作れる。

3Dいじり
3Dいじり Daz Studio Daz Studio 中級講座 作業記録

この記事は約6分で読めます。

Dazなどのダイナミックドレスの広告で、舞台を歩いてる様子が良く出るけど

歩いているのに合わせてダイナミッククロスって揺れるん?

ってのが前から疑問だった。

 

試して見よう。

 

130803_D

V5のダイナミックドレスは買ってないので、V4のをV5スーパーモデルに着せる。

Dynamic Maxi Bra Top Dress

Dynamic

サマードレスのダイナミッククロス

 

ワンシーンシミュレーションの結果。

130803_D

胸の紐が余るってどういうことなの。

 


とりあえず、aniBlocksでウォーキングポーズをつける。

 

130803_D

【aniMate第一歩】Genesis and V5 Walk Aniblocksの使い方。【Daz Studio4.5 ベータ】【動画で説明】 | Create3D

【aniMate2】Genesis-Offsetの使い方。【Daz Studio4.5 ベータ】 | Create3D

 

服をペアレントしても、置いていかれちゃうのね(笑)。

130803_D

 

服が置いて行かれる様子。

これはCarraraでやっても一緒。

タイムライン上でダイナミッククロスを使う。【Carrara8.5】 | Create3D

 

 

なので、今回は

aniBlocksをタイムラインに変換して

タイムラインのFPSを長くして、ゆっくりとダイナミッククロスをアニメーションで使ってみたいと思う。

下記記事の通りやった。↓

【Daz Studio4.6】aniBlocksをDaz Studioのタイムラインに変換する方法。 | Create3D

 

Carraraでもそれをやりたかったんだけれど、FPSを60以上に変更する方法がわからなかった。

 

↑の通り、aniBlocksをタイムラインに変換したあと、FPSを480に変更。

(Daz Studioは、ここで1200までFPSを変更することができる)

130803_D → 130803_D

すると、キーフレームの間に新たなフレームが入って、全体が間延びする。

その間延びした間を、ダイナミッククロスのシミュレーションに使ってもらおう、というわけだ。

 

 

なんで480なのかと言うと,450のタイプミスで(笑)

450なのは、

ワンシーンのダイナミッククロスのシミュレーションでも15フレームぐらい使った方が綺麗になるから。

1コマ15フレーム×一秒24FPS =370フレーム。

それにちょっと追加して450になった。(なんか全然理由になってないな)

 

------------------------

話は変わってユーチューブの問題。

昨日も今日も、動画をアップロードすると『ログインしてないから設定保存できない』と言われて

最初は何度かログインしてそのたびにアップロードしてたら

実は最初の一回でアップロードはできていた、という。

 

そして、変更が保存できないから、タイトルとかが記入できない。

 

動画自体はアップロードできているからいいっちゃいいんだけど

これは、広告流してサーバーが圧迫されているから混雑しているのかね。

 

動画にタイトルがついていないのは、そういうわけです。

動画のアップロードはかろうじてできるけど、タイトル変更とかができない。

------------------------

 

話を戻して、Daz Studio。

10分で80フレームシミュレーションかかっているので

480フレームするには一時間掛かる計算。

 

それを、四回失敗した(笑)

------------------------

計算通り、FPSを長くしたら、動いている状態のダイナミッククロスが作れたので

それをレンダリングする。

 

プレビューの段階では服に穴が空いてたんだけれど、レンダリングすると綺麗になってた。

穴あいてるかどうかがプレビューでわからないのはちょっときつい。

 

プレビューで破れてるフレームを先に何枚かレンダリングして様子を見るのがいいね。

今回は破れてててもいいや、裾の動きをとにかく動画にしたい、と思って一気にレンダリングした。

 

480フレームだと短くて、足がスカートをはみだしたので、全体で650フレーム使った。

(五回目のやり直し)

 

650枚のレンダリング。

1フレームにつき、14枚ずつ削除して、

24FPS、二秒分(結果的に数秒になった)の画像を取得。

Photoshopで動画にしたのがこれ。

長い足にまとわりつくスカートが凄く綺麗で、エロティックどすなぁ♪

 

もっと機械的に、ちゃんと『1対14』で削除していかなきゃいけなかった。

ちょっと、最後の方、あまりに動きが大きかったので、5枚ずつ抜いたらスローモーションになっちゃった。

 

でも、綺麗に裾が翻ることはわかった!

ちゃんとおっぱいも揺れてるしね! オッパイがちゃんとぷるんっ、てしてるのも注目してね♪

黒いブラ部分がふわんと浮いてるスゴイ。

 

おっぱいぷるんのaniBlocksと使い方はこちら↓。

【aniMate第一歩】Genesis and V5 Walk Aniblocksの使い方。【Daz Studio4.5 ベータ】【動画で説明】 | Create3D

 

↑動画を見てもらってもわかるように

最初の一秒分は、ゼロポーズに服を合わせるための時間。

そのあと二秒で、歩いてる。

aniBlocks一個分です。

こういう状態↓★★★★★

130803_D

↑の状態でタイムラインにベイクすると、ゼロフレームから、aniBlocksの歩行モーションになってしまいます。

なので、aniBlocksをベイクする前に、ゼロポーズをメモライズしておいて、

ベイクしたあとで、ゼロフレームと24フレームでゼロポーズをリストア。

そのあとで、FPSを480に拡大。

シミュレーションを開始します。

 

 

 

つまりは、普通の服でもダイナミッククロスにしたかったら、

24FPSで作った動きを、480FPSにしてCarraraにFBXで書き出し、

Carraraのクロスシミュレーションで好きな服を使ってレンダリングして、

レンダリング結果を、『1(残す)対 19(削除)』して、動画にしたてる。

すると、綺麗な服のシミュレーションができると思う。

 

 

 

ちょっと、windows live writer(ブログ記事を書いているソフト)の方に問題が出てきたので中断。

 

2013_08_30(金) am11:37

 (このあと、画像アップロードができなくなる(笑)今は解決済み)

Enjoy!&Thank you♪

2013_08_03(土) pm03:01

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。