【Daz Studio4.6】ライアン対鮫6 【シーン作成】

2dソフト他
2dソフト他 3Dいじり Daz Studio Photoshop 作業記録

この記事は約3分で読めます。

そうそう、レンダリングが一つ残ってた。

鮫の脳だ。

 

 

『anatomy』であった筈なのに、と思ったら

『DAZ Anatomy』だった。

 

brain で検索した。

20140727_Create3D0677

 


↓こういうフキダシとか入れるのは、ComicStudioのほうが簡単なんだけど、

効果とか考えるとPhotoshopCS6の方が楽なのでこっちでする。

20140727_Create3D0691

で、↑の丸フキダシ。

PhotoshopCS6になかったから(コミスタなら標準である)Illustratorでワザワザ作った(笑)

で、Illustrator起動したら、初期設定で、私が溜めてたアクション消えてた……

このパソコンになって、全然使わなかったから、アクションファイルをどこに保存したのかもわからない。

 

場所で言えば↓ここにあるはずなんだけど、なかった。

20140727_Create3D0692

なので、アクション作りながらぱぱっとやる。

 

丸を描く。

20140727_Create3D0678

 

アンカーポイントを増やす。

20140727_Create3D0679

 

パスの変形で膨張させる。

20140727_Create3D0680

 

20140727_Create3D068120140727_Create3D0682

 

↓アンカーポイントが均等に入っているのでこうなる。

20140727_Create3D0683

 

これだと漫画では使えないので、パスツールで手作業でランダムにアンカーポイントを増やす。

20140727_Create3D068420140727_Create3D0685

これをIllustratorでコピーする。

 

そのままPhotoshopCS6でペーストする。

IllustratorとPhotoshopCS6はアドビのソフトなので、ソフトを跨がったコピペができる。

20140727_Create3D0686

シェイプレイヤーでペースト。

 

↓PhotoshopCS6にIllustratorのパスがペーストされる。

20140727_Create3D0687

 

編集からシェイプを定義(登録)する。

20140727_Create3D0688

 

すると、カスタムシェイプツールを使った時に↓ここに出てくるので、使い回しが効く

20140727_Create3D068920140727_Create3D0690

 

こういうトゲトゲをIllustratorで作って、PhotoshopCS6にカスタムシェイプとして登録する。

20140727_Create3D0694

 

↑の一つをシェイプで呼び出して、一方を消しゴムで消すと、びっくりマークになる。

20140727_Create3D069520140727_Create3D0696

 

レイヤースタイルでドロップシャドウ(デフォルト)をかけるとくっきりする。

20140727_Create3D0697

 

前からこういう雷みたいなのを作りたかったんだけど、作り方が浮かばなかった。

ようやく作れたわ♪

 

 

27枚、全部セリフ入れたけど、ラストが決まらないので、現代ライアンにフッフン、させることにする。

20140727_Create3D0699

で、現代ライアンで決めるとなると、サングラスとピアスを作らなければならない。

後回しにしてたので、ここで作ってしまう。

 

完成画像。

【Daz Studio4.6】ライアン対鮫7 【完成画像】 | Create3D-3dCG制作作業日記


エンジョイ! & サンキュー♪

2014_07_27(日) am11:47

 

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。