【Daz Studio4.6】既存のFigureにボーンを追加する方法。2

3Dいじり
3Dいじり Daz Studio 作業記録

この記事は約3分で読めます。

既存のFigureにボーンを追加する正しい方法は↓こちらです。

【Daz Studio4.6】既存のFigureにボーンを追加する方法。 | Create3D

 

 これは試行錯誤中の作業記録です。

------------------------

今回はこの服の袖のボーン。

 

ポリゴングループエディター

袖部分をフェイスグループに割り当てる。

20140120_D  Create3D011820140120_D  Create3D0119

 

 

フィギアセットアップ

↑でフェイスグループを設定したのが読み込まれなかったので、Daz Studio4.6を再起動させた。

多分、他にもっとスマートな方法があると思う。

 

20140120_D  Create3D011320140120_D  Create3D0114

ヒップから胸や、首から頭は必要ないので、ボーンを削除した。

20140120_D  Create3D0115

今回は、『Collar』(鎖骨)から『Arm』というボーンを入れる。

 

鎖骨の下に腕ボーンを入れて、フェスグループをドロップして割り当てる。

20140120_D  Create3D0120

たまに、ドロップできないことがありますが

Daz Studio4.6を再起動させるとできるようになります。

 

 

方向は鎖骨と一緒がいい。

今回は同じ方向なので触らない。

------------------------

設定を出力する前に、↓袖の名前に数字をつけておいた。

20140120_D  Create3D0125

------------------------

クリエイトする前に、『ランチ トランスファーユーティリティー』をチェックしてみた。

(クリエイトしたと同時にトランスファーユーティリティーウインドウを起動する)

20140120_D  Create3D0121

 

前の袖から、今出力した袖に設定を移してくれるらしい。

20140120_D  Create3D0122

 

追加したボーンが消えてる……

20140120_D  Create3D0123

なんのためのフィギアセットアップだったの……

 

(フィギアセットアップの設定は消えないので、他のフィギアを読み込まない限り何度でも設定を出力できる)

 

↓ウェイトマップ以外のチェックを外してみたけれど、やっぱりボーンは外れたままでした。

20140120_D  Create3D0127

 

なので、ランチせずにクリエイト。

20140120_D  Create3D012820140120_D  Create3D0129

もちろん、ウェイトマップはマッサラなので、前の袖からコピペが必要です。

 

↓レガシーにして、『アプライ セレクテッド フィギア』をcheckしたいのに、グレイアウトしてできない。

20140120_D  Create3D013520140120_D  Create3D0136

 

↓このチェックができないと、ボーンがきれいに出力されない。

20140120_D  Create3D0132出力したボーン。

20140120_D  Create3D0133元のボーン。

 

検索しているうちに気付いた。

 

なんで私は、ボーンの追加を、Figureセットアップでしようと思った?

ジョイントエディターでできるやんか。

 

↓ここに一つ、ボーンが追加されればいいんだよ。

20140120_D  Create3D0137

 

jointエディターツールのおさらい。

操・活・解 Content Creator Toolkit その2:Joint Editorツール

ジョイント エディター | 検索結果: | Create3D

 

------------------------

 【Daz Studio4.6】既存のFigureにボーンを追加する方法。 | Create3D

------------------------

 

でも、グレイアウトしてチェックできないのは問題だと思うの。

どうしたら、↓でチェックできるようになるんだろう。

20140120_D  Create3D0136

宿題。

 

 

Enjoy!&Thank you♪

2014_01_20(月) pm00:26

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。