【Daz Studio4.7】ライアンのプロモーションビデオを作る。6【動画作成】

3Dいじり
3Dいじり Daz Studio 作業記録 動画作成

この記事は約5分で読めます。

カメラの焦点距離を完全に管理する

前記事

【Daz Studio4.7】ライアンのプロモーションビデオを作る。5【動画作成】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 


↑このポーズは↓30フレームで作ってる。

20150107_00Create3D3109

ゼロコマが、Marvelous Designer 4アバターのゼロポーズ(ちょっと手を下げたポーズ)

5コマ目が、立ちポーズ

10コマ目が、左手を下につけた攻撃ポーズ。ここまでが一連の攻撃ポーズ。

15コマ目が、次の立ちポーズ。ここからが座る一連のポーズ。

……って感じで、5コマずつポーズを入れて、間のポーズをDAZに作ってもらっている。

 

攻撃ポーズと座るポーズの間は5コマも要らないんだけど、癖で五つ離して入れただけ。

この時点では秒数とか考えてない。

 

FPS24で作る。(一秒24コマ)

立ちポーズ二秒48コマ
攻撃ポーズ三秒72
効果二秒48
座るポーズ6秒144
ラスト二秒48

これで15秒。360こま。

 

keyMateでアクションのスピードを操作する。

そうさはできるんだけど、手作業でずらさなきゃいけない。

 

次に動画を作るときは、

最初にFPS2ぐらいにして始めればいいんだ。

最後に12倍すればいいように。

 

なんで最初から実時間でポーズをはいちしないのかと言うと。

ポーズを配置すると、その間をDAZが自動でポーズを作ってくれるんだけど

5コマの間でも、その間にポーズがすんごい暴れることがある。

すると、5コマ全部を調節して、ポーズをメモライズリストアしていかなきゃいけないのね。

 

一番暴れるのはカメラ。

カメラがわけわからん動きする。

 

↓カメラが暴れる見本。下の方に動画をリンクしてます。

【Daz3Dアイテム確認】FM Solar Systemを使ってみた。【3Dで宇宙をのぞこう!】 | Create3D-3dCG制作作業日記

↑だと、カメラが360度回転してる。

 

今回のライアンの、たかが30コマでも、一部でカメラの乱れが出て、押さえてる。

↓右端の三角が、『一つのキーフレーム』

20150107_00Create3D3112

赤枠内が、暴れてるから、数コマ連続でキーフレーム入れてる。

普通なら、カメラなんてこんな細かくキーフレーム入れなくていいんだ。

 

こんな状態なのを最初からFPS24とかでやると

間の24コマ全部キーフレームを入れるという、悲惨な事態が起こると思うと

とても実時間なんかでポーズをつけてられないわけです。

 

でも、今回考え無しで、最初からFPS24で始めたから、今、キーフレームの置き直しなんていう面倒くさいはめに……

 


やられた!

 

FPSの数値を上げて、間のコマ数上げたら、やっぱりカメラが暴れてる。↓

冒頭の動画と比べてみてください。

 

↓真ん中がフレームアウトしてる。

20150107_00Create3D311620150107_00Create3D311820150107_00Create3D3117

これを私は『カメラが暴れる』と言ってます。

 

カメラの視点を大きく変えたとき、↓

20150107_00Create3D3119

緑のラインで視点移動してほしいんだけど、赤いラインで動いてる、のかな?

 

前に動画作ったときに、↑赤のラインで動いてほしいけど、緑のラインで動かれて困ったことがあるんだ。

 

わかったわかった!

カメラの焦点距離を考えてなかった。

フォーカスされるところに白い玉があるんだよね↑

それが、動いているというか、ライアンの体にそってないことが、こういう惨事を引き起こすんだ!

 

だから↓カメラ用にnullを入れて、カメラをnullにポイントアットして

20150107_00Create3D3120

カメラの焦点距離を完全に管理すればいいんだ!

 

そういうことかっ!

 

FPS24に戻してやりなおす

 


そして、新たなる惨事勃発(笑)

 

↓プレイヘッド(オレンジの▽)が6コマ。

20150107_00Create3D3121

↑縮小したので、一こまの中に二つのキーフレームが入るという事態になってしまった。

FPS312で今回は進めることにする。

 

 

あー、でも、カメラが暴れる問題の根幹がわかって良かった!

 

マンガレンダリングなのもあって『焦点距離』ってまったく考えてなかったから、

この白いボールを気にすることがなかったんだよ。

なんかいるなー、とはわかってたんだけど。なんだろうこの白いボールー? みたいな。

 

「ここに焦点が合ってますよ!」ボールなんだ?

 

本当に、気がついて良かった。

 

全身映すときなんかは、胸あたりにnullを入れておいて、

カメラに自動追尾させるって手もあるんだね!

 

今回みたいに背景が無いと、あんまり意味無いけど

背景を入れた場合はかなり強力だよ!

 

今回も、最後の座るポーズは、踵を決める、ってのがあるから、それを起点にしてポーズを作ってるけど

攻撃ポーズの方は、背景が無いし、カメラアングルが凄く変わるから

実は、足の位置無茶苦茶なんだ。

 

本当なら椅子の前に立ってるんだから、軸足の左足を起点にして、めっちゃ前に足を開くことになるけど

軸足も、後ろにずれてる。

 

そういうのは、背景をつけた時のアクションポーズではできないので注意が必要。

その時でも、nullを胸あたりに入れてアクションを追い駆けて、そのあとフレームごとに微調整すれば簡単だね!

 

カメラが暴れるとか、カメラのせいにしてごめん、ダズ。

 

nullにポイントアットしてカメラを動かすと、パス上をカメラで動かすような不思議感を味わえる(笑)

 

 

こういうヒラメキというか、問題の根幹がわかると、なぜかドッと疲れてそのあと作業できなくなる(笑)

ということで、休憩。

 

 

エンジョイ! & サンキュー♪

2015/01/07  9:55

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。