【D|S】日本古典の刀剣セット作成 20  【螺鈿の柄のテクスチャを作る】

3Dいじり
3Dいじり 3Dを自作する Maya 作業記録

この記事は約4分で読めます。

Daz Studio4.9でセッティングする。

メッシュは 2014。

PhotoshopCS6でtexture作る。

 

武器5点を一気に仕上げるので、一つのシリーズ記事にまとめます。

 

前記事↓

【D|S】日本古典の刀剣セット作成 19  【★★★★★】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

シリーズ一覧記事。↓

 

 

 

貝レイヤーの下に黒で塗りつぶしたレイヤーを置く。『黒レイヤー』

貝レイヤーの上に、『蒸気レイヤー』を作成。

『蒸気』って↓『雲模様1』フィルターのこと。

 

私はこれをよく使うので、アクションに登録してる。

現在のレイヤーの上にスクリーンモードのレイヤーを作って、

雲模様フィルタを掛け、名前を『蒸気』に変える。

 

↓こうなる。

蒸気レイヤーの上に『色レイヤー』を作成。

柄を左右に不等分で『黄、青、黄、青、黄』でテキトーに塗りつぶす。

 

スクロールを掛けて両端を真ん中に持ってくる。

 

指先ツールで真ん中を撫でる。

これで、上下にシームレスになる。

 

『貝濃淡レイヤー』

貝レイヤーに蒸気レイヤーを、薄さを見ながら乗算で別統合

現在のレイヤー

 

ヤバイ。

『別統合』だからいいんだけど

『貝』レイヤーってマスクでもあるので、複製して鍵を掛ける。

 

工程表に追加↓

 

乗算するとこんな感じ。

貝それぞれの凹凸の差を出す。

 

全然関係ないけど

腰痛には屈伸運動がいい、ってテレビで言ってたので

今朝起き抜けに10回やってみたら

腰も楽になったけど、膝も楽になった♪ヽ(´▽`)ノ

 

ベッドの上に座ってパソコンを使ってる。

膝にキーボードとマウスパッドを置いているので

ある程度の高さが必要だから

大体あぐらで、たまに足を伸ばすと、最近膝が凄い痛かったんだ。

 

やっぱりあぶらさすために動かさなきゃいけないんだよね、関節は特に。

 

で、↓こういうのを細かくEvernoteに残していく。

『ちょっと始めてみたこと』って大体翌日には忘れてるからw

こういうメモを『したとき』『気付いたとき』にこちょこちょためていって

夜見返して

良いと思ったことは明日もする。

明日も軽減したらまた書いてると、自然と毎日の習慣になる。

 

いいと思ってやってたけど、やっぱり無駄だった

ってことも『やめたとき』にメモを残す。

惰性でやっちゃうから。

 

Evernoteは、『コントロール シフト N』でノートを呼び出して

最前面に出してくれて、

一行目をタイトルにして自動保存なので

こういうメモに本当に重宝する♪

 

私の別名ブログでもっとEvernoteについて書いてます♪

Evernote | BL作家 晶山嵐の日記

 

Evernote ← アカウント作成

↑このリンクからアカウント作成すると、プレミアが一カ月分無料です♪

プレミアにしなければ、一生無料です♪

この便利さ、味わってみて~♪

コントロール シフト N』よ♪

 

 

 

 

 

 

シリーズ一覧記事。↓

 

 

関連記事

UV習熟 | Create3D-3dCG制作作業日記

| Create3D-3dCG制作作業日記

3d作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

 

エンジョイ! & サンキュー♪

天川和香
 

【この記事を書いた日 2017/03/24 19:19 】

   ↑これ、Maya買ったらなるべく早い内に読む方がいい。 モデリングのスタートダッシュが早くなる。  

モデリング講師の方が書かれているので、

  • 『天才』が書いた本で、『ここはぐーっとディティールを書き込む』とか
    • 『だから、そこをどう書き込むんだよ!!』みたいな
  • 『そこ、飛ばしたけど、そこが知りたいねん!』みたいな

そういう、曖昧模糊とした所がない。

 

  • 『なぜできない』のか?
    • 『どうやったらできる』のか?
  • 初心者がどこでつまずくのか?
    • それをどうやって解決するのか?
  • プロでも、独学でしていたら気付かずに苦労しているのはココ。
    • こうしたら、初心者でも、プロ波のツールにできる!

それが、具体的に書かれているので、すぐに初心者脱出できます。

 

基本はマヤを使っていますが、

モデリングの基本はブレンダーでも流用できる『考え方』です。

 

私が初期に買ったのは下記の6冊。

Maya スタジオプロジェクト Dynamics - Mayaで作成するリアルな大地、風、火、水のエフェクト田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)[digital]TEXTURING & PAINTINGMaya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)Maya 3D スーパーテクニックAutodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル -へたくそスパイラルからの脱出! ! - 

 


[digital]TEXTURING & PAINTING

テクスチャを自分で作るなら、

これも読んだ方がいい。

映画のテクスチャとか作っている人の本。

はっきり言うと、精神論なんだけど、

『リアルなテクスチャを作るなら、ここまでやるんだ?』という

『プロの最高峰』が見える。

 

別に自分が最高峰にならなくても、最高峰を知っておくことは重要。

この人も天才だから、私には意味不明のところがあったけど

それ以外の『理屈』ははっきり書かれている。

 

『理屈から入る』人には最適。

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。