【D|S】日本古典の刀剣セット作成33  【太刀打ちのテクスチャを作る】

3Dいじり
3Dいじり 3Dを自作する Irayレンダリング Photoshop テクスチャ作成 マテリアル作成 作業記録

この記事は約4分で読めます。

Daz Studio4.9でセッティングする。

メッシュはAutodesk Maya 2014。

PhotoshopCS6でtexture作る。

 

武器5点を一気に仕上げるので、一つのシリーズ記事にまとめます。

 

前記事↓

【D|S】日本古典の刀剣セット作成32  【太刀打ちのテクスチャを作る】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

シリーズ一覧記事。↓

 

下絵を表示させて、要らない線をもうちょっと手作業で削除。

 

削除後

 

整えた。

 

ここまで、削除してから二。

 

ZBrushからメッシュを書き出して、二半かかった。

 

↓左の、桐にこれをする気力はないわー……

 

Illustratorでライブトレースしたらどうだろう。

 

予想外に凄く綺麗にトレースできた。凄い!

 

 

 

こんなことできるの???!

 

SVG形式で書き出せばできるらしいけど

 

【Autodesk Maya 2014】は対応してなかったw

SVG オブジェクトからポリゴン メッシュを作成する | Maya | Autodesk Knowledge Network

 

エクステンションの機能なので、うちのじゃできない。  

blenderならできそうな気がするけど……

 

blenderで読み込んでもできなかった。

イラレから書き出したSVGをblenderで読み込むと、どうにもならない感じ。

 

で3d化してみた。

うちのフォトショ、PhotoshopCS6Extendedだから、3d扱えるんだったw

 

桐の背景を透明化して、押し出し。

(透明化しないとファイル全体の四角を押し出す)

  

 

すばらしいっ!

 

Mayaで読み込めない。↓

なにか↑この『テクスチャ形式』ってのがおかしいのかもしれないけどわからない。

 

エラー二つ出てるな。

 

名前を変えても↓これは出る。

// エラー: line 0: OBJ ファイル 48808 行目: インデックスはフェース作成の範囲外です。 //

 

 

 

 

 

 

 

 

シリーズ一覧記事。↓

 

 

関連記事

UV習熟 | Create3D-3dCG制作作業日記

Maya | Create3D-3dCG制作作業日記

3d作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

 

エンジョイ! & サンキュー♪

天川和香
 

   ↑これ、Maya買ったらなるべく早い内に読む方がいい。 モデリングのスタートダッシュが早くなる。  

モデリング講師の方が書かれているので、

  • 『天才』が書いた本で、『ここはぐーっとディティールを書き込む』とか
    • 『だから、そこをどう書き込むんだよ!!』みたいな
  • 『そこ、飛ばしたけど、そこが知りたいねん!』みたいな

そういう、曖昧模糊とした所がない。

 

  • 『なぜできない』のか?
    • 『どうやったらできる』のか?
  • 初心者がどこでつまずくのか?
    • それをどうやって解決するのか?
  • プロでも、独学でしていたら気付かずに苦労しているのはココ。
    • こうしたら、初心者でも、プロ波のツールにできる!

それが、具体的に書かれているので、すぐに初心者脱出できます。

 

基本はマヤを使っていますが、

モデリングの基本はブレンダーでも流用できる『考え方』です。

 

私が初期に買ったのは下記の6冊。

Maya スタジオプロジェクト Dynamics - Mayaで作成するリアルな大地、風、火、水のエフェクト田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)[digital]TEXTURING & PAINTINGMaya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)Maya 3D スーパーテクニックAutodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル -へたくそスパイラルからの脱出! ! - 

 


[digital]TEXTURING & PAINTING

テクスチャを自分で作るなら、

これも読んだ方がいい。

映画のテクスチャとか作っている人の本。

はっきり言うと、精神論なんだけど、

『リアルなテクスチャを作るなら、ここまでやるんだ?』という

『プロの最高峰』が見える。

 

別に自分が最高峰にならなくても、最高峰を知っておくことは重要。

この人も天才だから、私には意味不明のところがあったけど

それ以外の『理屈』ははっきり書かれている。

 

『理屈から入る』人には最適。

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。