【Marvelous Designer 3】アントニオ・ロペスの服を作る。2

3Dいじり
3Dいじり3Dを自作するMarvelous Designer作業記録

この記事は約5分で読めます。

20140813_00Create3D0053

マッチョの足がスマートに見えるジーンズ。


前記事

アントニオ・ロペスの服を作る。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

アントニオさんに肩パッドを作ろうと思ってるんだけど

どこらへんに角を置くべき?

20140812_00Create3D0006

 

角は↓ここだよね。

20140812_00Create3D0007

 

 

こんな感じかな。

20140812_00Create3D001320140812_00Create3D0012

コレをDazのゼロポーズと、Marvelous Designer 3のゼロポーズで書き出す。

 

 

フリークスーパー用に作ったポイントで大丈夫だったので、これで開始。

20140812_00Create3D0014

 

相変わらずの撮りっぱなし動画。

 

ここまでとって、シャツってズボンが無いと、決まらんやんか、と気づき

この人のズボンって、ブーツインだから、ブーツから作らなきゃ、ということに気付いた。

 

いや、タイトなズボンを先に作って、それに合わせてブーツ作る方がいいのか?

けっこうスリムなズボンだから、(アニメのこの人はもう少し細いから)

先にカタだけ作っておいて、それに合わせてブーツを作って

ブーツに合わせて裾のしわを作るしかないよね。

 

よし。

では、先にズボンを作ろう。

 

ズボンは、前回作ったスラックスを改変する。

20140813_00Create3D0021

アントニオ・ロペスの服を作る。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 


 

マテリアルとか剥がして、スリムジーンズにする。

20140813_00Create3D002220140813_00Create3D0023

太股をパンパンにして上に持ち上げ、膝周りのしわつくったので

このジーンズ、踵より30センチ程長い。

 

これを書き出して、ブーツ作る。

ウエスタンブーツなのでざっくり大きめに。

 

カッコイイカッコイイ♪

20140813_00Create3D0024

ああ、ジーンズって言うのは、幅で余裕持たせるんじゃなく、

縦幅を犠牲にしてしわを作って、横皺で可動部の余裕を確保するんだ?

膝周りの10センチぐらいで、30センチの布使ってるからね。

 


Dazに書き出してみた。

20140813_00Create3D0026

服がたがたやな、と思ったけど、それほどでも無い?

 

↓左、ToonyCam。右、デフォルトレンダリング。

20140813_06460220140813_064602

 

ちょっと粗が気になったので、高解像度で書き出した。

Marvelous Designer 3でデフォルト20→5。

 

そりゃ、サーフェイス何もつけなくてもキレーよー♪

20140813_00Create3D0029

 

↓左、デフォルトレンダリング。右、ToonyCam。

20140813_06460220140813_064602

ToonyCamっ! めっちゃ綺麗っ!

ああそっかー、ハイレゾにしたら綺麗になるんだから、メッシュの細かさが綺麗さに繋がるんか(当たり前)

感動するほど綺麗。

 

↓左、Marvelous Designer 3デフォルト、右、20→5

20140813_06460220140813_064602

↑デフォルトは、サーフェイスで色つけても荒いのがわかる。

 

でも、高解像度の方のメッシュ↓こんなんだからね。

↓黒いサーフェイスつけてるわけではなく、メッシュが真っ黒。

20140813_00Create3D003020140813_00Create3D0031

↑ベルトとかはデフォルトのままだから白い。

 

サイズ、15倍(笑) スゲー。

20140813_00Create3D0032

そりゃ綺麗だよ。

 

これだと、シミュレーション、動かないのなんの。

潤沢にメモリとCPU使って、ガツガツやってくんないかなぁ。

 

↑上記の数値、シャツも入ってるからだった。

 

 

基本的に、顔のメッシュより細かいのは、私は不要だとは思うけど、

一人をレンダリングするなら、高解像度でもかまわないんだよね。

20140813_00Create3D0031

Marvelous Designer 3なら、同じ型紙からいくらでも

高解像度だろうが低解像度だろうが、出せるから。

ぺろっとレンダリングするものは高解像度で出せばいい。

元ファイルを残しておけばどんな解像度でも出力可能なんだし

こんなのなやまなくていい。

 

せっかくなので、一枚に仕上げてみた。

おはようアントニオ_01


 

もうちょっとだけ、↓赤線の部分の布に余裕を持たせて、しわをゆったりさせる。

いまだと、ちょっとしわが弛みすぎ。

20140813_064602

マッチョ服は、一番筋肉の太い部分より少し狭いメッシュで作って

太い筋肉に引っ張り上げれば複雑なしわが簡単に出るんだ!

 

そうかそうかそういうことかっ!

 

 

低解像度のメッシュに高解像度のメッシュをディスプレイメントマップ作ればいいんだ?

やってみよう。

 

ToonyCamのレンダリングがそれで騙されるのかどうか、だけど。

できたらすんごい綺麗じゃん♪

 

 

これでどうだっ! マッチョ用、スリムージーンズ!

20140813_00Create3D003720140813_00Create3D0038

ああ、布の硬さだ!

ジーンズの、あの分厚い生地の硬さがないから、なんかへにゃへにゃしてるんだ。

 

 

どこだっけ設定!

 

その前に、このしわがほしかってんっ! できたっ!

20140813_00Create3D0041

 

上端を上げるだけだった!

20140813_00Create3D0042

そうかそうか、縦に引っ張ってたんかっ!

 

 

↓つっぱってる部分が青、伸びてる部分が赤だと思うんだけど

20140813_00Create3D004420140813_00Create3D0045

コレだと、縦と横、どっちに引っ張られてるのかがわからなかったのね。

今回、股間からベルトまでの布を縦方向に伸ばしたことで、

やっと、股間周りに望んでたしわができた!

20140813_00Create3D0046

もうちょっと、裾短くしようか。

弛みすぎだね。

 

 

どうだいステキなしわだろう♪ヽ(´▽`)ノ

20140813_00Create3D004720140813_00Create3D0048

 

かっこいいかっこいい♪ (自画自賛)ヽ(´▽`)ノ

20140813_00Create3D005020140813_00Create3D005120140813_00Create3D005220140813_00Create3D0053

 

 

20140813_00Create3D005520140813_00Create3D0056

 

圧力分布図。

思いの外、ベルトに圧力かかってた。なぜだろう、ゆるゆるにしているのに。

20140813_00Create3D0057

ベルトは、今から作るインナーを入れなきゃいけないから、けっこうゆるめにしたのに

これって『分厚さ』が圧力に加味されるんかな?

 

↑こんだけ太股きつかったら、きっと歩きにくい部類にはいるんじゃないかと……

いや、でも、ふくらはぎとか少し締めた方が楽だからどうだろう。

 

圧力じゃなく、『ひずみ』だった。

だから、しわの頂点とかも赤いんだね。

 

こうやってドンドン『基本服』ができていくから、

あとがダンダン楽になるのねぇ♪ ステキ♪

 

シャツとズボン

  • シャツ
  • ズボン
  • ブーツ
  • インナー
  • ネックレス
  • ブレスレット

 

  • エンジョイ! & サンキュー♪

  • 2014/08/13 13:10

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。