【Marvelous Designer 3】DAZのGenesisでアバターを作る

3Dいじり
3Dいじり Marvelous Designer 作業記録

この記事は約4分で読めます。

CLO 3D/Marvelous Designer マニュアル

オンラインに公式マニュアルがあるんだけど、これ『2』であって『3』じゃないんだよね。

ソフトのヘルプの『オンラインチュートリアル』でこれに飛ばされる。

すでにメニューの配置とかアイコンが違う……

公式サイトのチュートリアルは動画で判りやすい。

こっちは『3』 Lessons


とりあえず、Genesisをアバターとして読み込むことには成功した。

けど、Genesisではあらゆる設定が無いので、チュートリアルができない(笑)

普通の女の子でチュートリアルを進める。

初期アバターだと、表示次第でこんなことになる。

20140423_D  Create3D 0043

 

↑と同じモードにしても

20140423_D  Create3D 0044

Genesisだとこうなる。↓

20140423_D  Create3D 0045

20140423_D  Create3D 0043 - コピー

↑紫の点は、アバターを動かすときの腰のポイント。

独自アバターを読み込むと、これらの設定を全部自分でしなければならない。

私は今後もGenesisを使う予定だったんだけど、

Marvelous Designer 3で作った服をGenesisとフィギアに合わせて二つ作るのも面倒くさい。

最初からGenesis 2 FemaleやGenesis 2 Maleで作ろうかと思った。

Michael 6とMichael 5はほぼ体型が同じだからいいとして

20140423_D  Create3D 0046

20140423_D  Create3D 0047

Victoria 6とVictoria 5は差が酷い。

20140423_D  Create3D 0048

こんな違ってたっけ? 世代で身長が違うのは勘弁してほしい。

Victoria 5スーパーモデルとVictoria 6が似たような体型だった。

20140423_D  Create3D 004920140423_D  Create3D 0050

Genesis 2 Femaleだろうが、Genesis 2 Maleだろうが

Victoria 6やMichael 6とは体型が違うから

Genesis作って他のフィギアに合わせるのと手間は一緒なんだ。

やっぱりGenesisでやる。

 

私みたいに、男フィギアを多用する状況だと、

Genesisの方が使い勝手いいんだ。

 

Genesis 2 Maleみたいに、男フィギアが別れてしまうと、今後、

Genesis 2 Male用服がリリースされる量なんてたかがしれてる(笑)

Genesisを使って、第三世代までの男性服を着せている方が服の種類が多い。

まぁ、服はこれから自分で作るからあれだけど。

Genesis用の服はGenesis2は標準で着られるんだから

やっぱりGenesisで作った方が使い回しは効くよね。


GenesisをOBJではなく、Colladaで書き出すと、

Marvelous Designer 3で関節が表示されてポーズをつけられる♪

20140423_D  Create3D 0052

20140423_D  Create3D 0053

ウエストポイントが足元にあるけど、これは都合が悪いのかな?

この状態で↓アバターとして登録。(Genesis2アバターとして登録)

20140423_D  Create3D 0060

OBJで読み込んだGenesisを表示させ(前回登録した、Genesisアバター)、

同じ角度まで腕を下げる。

20140423_D  Create3D 0055

20140423_D  Create3D 0056

この状態でポーズとして登録。↓

20140423_D  Create3D 0057

もう一度、Genesis2アバターを呼び出す。

20140423_D  Create3D 0058

この時点で、Genesisアバターが消える。

------------------------

なんでこんなことをするかと言うと、

Genesisアバターを読み込んだあと、

個別にアバターを削除する方法がわからなかったから。

 

一回全部読み込み直すと、全部なくなって、新たなアバターが読み込まれる。

これ、本当にどうするんだろう。個別にアバターを消したい場合って。

------------------------

Genesis2アバターに、先程の腕を下げたポーズを適用。

20140423_D  Create3D 0059

その腕を下げた状態で、Genesis3アバターとして登録。

20140423_D  Create3D 0060

Genesis3アバターを呼び出す。

20140423_D  Create3D 0058

腕が下がった状態で呼び出されるのを確認して、これをデフォルトGenesisアバターとする。

20140423_D  Create3D 0056

エクスプローラで、以前の、Genesisアバターを削除し

Genesis3アバターを、Genesisアバターと改名する。

 

これで、シーンファイルとか、初期設定とか、直さなくても

次からこのGenesisが呼び出される。


Colladaで最初から読み込んだ場合の連携方法↓

Marvelous Designer 3とDaz Studio4のCollada連携。 | DAZ3DでCreate3D-3d。CG制作作業日記

------------------------

------------------------

エンジョイ! & サンキュー♪

2014_04_23(水) am08:29

コメント

  1. とうふ より:

    MD2の頃に評価版を使ったことがありますが、このソフトはすごいですよね。まるで本物の布を扱っているように、さくさくと服が作れてしまいます。ただMD2の頃は安定性がいまひとつでOSを巻き添えに落ちるなんてこともあったので、ライセンス購入まではしなかったのですが、MD3になってからは安定しているのでしょうか。安定しているならちょっと興味を惹かれます。
    MDで作った服がD|Sでそのまま動作するようなプラグインが発売されるなら、間違いなく購入すると思います。(´∀`*)

  2. 天川和香 より:

    今作っている服が、ファイルごと壊れたのか、保存も何もできなくなったことがあったので
    別名保存を頻繁にしていると、一度も壊れませんでした。
    それ以外ではフリーズはあまりしませんし、うちの環境でも、OSを巻き添えにしてのフリーズは無いです。

    三角ポリゴンは、ジーブラシで四角ポリゴンに変換しています。
    トランスファーユーティリティも三角ポリゴンで使えますし
    Daz Studio4.6で『すぐに使える』って範疇にあるような気がするんですが、三角は駄目なんでしょうか?

    左右対称ができないとか、ポリゴンとしても使い勝手は今一つですが、
    簡単に服が作れるのはとてもいいですね♪

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。