【Marvelous Designer 3】メッシュを確認する。【Daz Studio4.6】

3Dいじり
3Dいじり 3Dを自作する Daz Studio Marvelous Designer 作業記録

この記事は約5分で読めます。

Marvelous Designer 3で作った服をDaz Studio4.6で使うために。

パターンとメッシュの構造を確認しておく。

 

現時点で確認されていること。

  • パターンが同じだと、アバターの体型を変更して服が伸びても、メッシュの数は同じ。

 

確認したいこと。

  • パターンを作って服をシミュレーションしたあとで、パターンを変更すると、メッシュの数に変更があるのか。

→なければ、Daz Studio4.6で服のモーフとしてそのまま読み込める。(高精細のままなら)

→あったら、一端、基礎服と合わせて、ZBrushでメッシュを揃える必要がある。(この時にダウンサイジング)

 


困った自体勃発。

ウィンショットというスクリーンとショットソフトで、

『シフト F1』に矩形選択範囲スクリーンショット撮影のコマンドを入れている。

 

トライアルの時はなんともなかったのに、

正規版でこの『シフト F1』を使うと、Marvelous Designer 3が問答無用で落ちる。

Marvelous Designer 3のショートカットに、『シフト F1』は無いんだけど、なにとぶつかってるんだろう。

 

理由が判った。

WinShotを起動していないのに、『シフト F1』を押したら落ちるだけだった。

WinShotを起動して『シフト F1』を使ったら、Marvelous Designer 3落ちない。

 

Marvelous Designer 3以外では、WinShotを起動していなくても、『シフト F1』でソフトは落ちない。

 

すぐわかって良かった♪


このパターンでこんな服になる。

20140501_D  Create3D 011920140501_D  Create3D 0118

 

こんな服が一分でできるのは、やっぱり凄いと思うのね。

20140501_D  Create3D 012420140501_D  Create3D 0125

こんだけ細かい。

 

ウエスト部分をちょっと太くした。二秒の作業。

20140501_D  Create3D 012720140501_D  Create3D 0126

 

メッシュのサイズが変わった。

20140501_D  Create3D 0129

もちろん、Dazでもモーフローダープロで読み込めない。


 

パターンを全選択して、拡大した。

20140501_D  Create3D 013020140501_D  Create3D 0131

 

↓こうなると、縫合のさいに不具合が出るので、手作業で距離をつける↓

20140501_D  Create3D 013220140501_D  Create3D 0133

それでも、数秒の作業。

 

20140501_D  Create3D 0134

 

メッシュが大きくなった分、重たくなった。

20140501_D  Create3D 0135

 

 

 

ということで、

パターンは、どういじってもメッシュが変わる、ということが確認できた。


 

確認したこと。

  • パターンを作って服をシミュレーションしたあとで、パターンを変更すると、メッシュの数に変更があるのか。

→ある。

 

→あったら、一端、基礎服と合わせて、ZBrushでサイズを揃える必要がある。(この時にダウンサイジング)

 

ということで、服のパターンを変えるのなら、メッシュの数は変更になるので、すぐにモーフローダープロでは使えない。


Genesisで基本服を作って、フリーク服とかを作る場合。

 

■服がパンパンでいい場合。

  • Genesisで作って、モーションでフリークに着せ伸ばして書き出し。→モーフローダープロ

 

■ジャストサイズの服がほしい場合。

  1. Genesisで大きめに服を作る。モーションでフリークに着せ伸ばして書き出し。→モーフローダープロ
  2. パターンを変更してフリークに合わせ、ZBrushでメッシュを揃える。
  3. 基礎服をOBJで書き出し、Mayaとかでフリークに合わせてサイズを調整する。

 

1は

Genesisの服がまともに作れない。

 

2が一番現実的。

だとは思うんだけど、それには、ZBrushでのリメッシュする必要がある。

↑チュートリアルはあるんだけど、うちのZBrushとバージョンが違うので

このプラグインがなんなのかがわからない(笑)

 

 

3は

基礎服の服のシワがフリークに合わない場合の修正がめんどい。

なんのためにMarvelous Designer 3使ってるのか、ってことになる。

 

 

私は、『フリーク専用の服』が凄く少ないのがいやなんだ。

Michaelの服をフリークに着せ伸ばすのがいやなんだ(笑)

フリークにあつらえた服がほしいんだよ!(握り拳)

 

同じことで女の子の巨乳の下乳に服が張りついているのもいやなの。

漫画ではわざとそうして書いている人が多いから、

男の人は気にならないのかもしれない、というかそこが萌えポイントなのかもしれないけど

私は、ちゃんとした服にしたい。

 

あれ、女からみると、凄く恥ずかしい。

 

 

次は、ZBrushでのメッシュを揃える作業を確認。

これができないと、服のモーフが作りにくい。

 

まぁ、普通にGenesisで作ってMayaで大きさを整えてもいいんだけど

Genesisには胸筋が無いから、胸筋のためのシワが出ないんだよね。

私はそれがほしいんだよ!(握り拳)

 

 

 

あ、フリークをGenesisサイズまで小さくしたのを作って、それに合わせてしわをつけたら

サイズが変わらずにシミュできるんだ。

そうだそうだ!

 

なんて簡単なことを見飛ばしていたんだ私は。

 

なら、次は、フリークをGenesisサイズにする作業だな。

 

 

Michael服は、フリーク服を小さくすればいいんだ。

すでに胸筋とか筋肉のしわはついてるんだから。

つか、Genesis服だって、フリーク服のサイズダウンでいいんだよ。

 

しわをつけるのは手間がかかるけど、しわを均すのはスムーズで済むからこれはいいんだ。

 

------------------------

 

------------------------

エンジョイ! & サンキュー♪

2014_05_01(木) pm08:29

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。