【Marvelous Designer 3】ライアン服調整【Daz Studio4.6】2014_08_02

3Dいじり 3Dを自作する ZBrush 作業記録

この記事は約4分で読めます。

やっぱり、ZBrush 4R6で変更したライアン服をMarvelous Designer 3にも反映さぜくことにする。

UVとか全部作り直しだからめんどいんだけど

今後の服モーフ作成のこと考えたら絶対、この方が早い。

 

Marvelous Designer 3で完全服作っちゃったら

服モーフの作成にZBrush 4R6いらないんだから。

あと、ライアン体型変えたので、マネキンも、肩パッドと一緒に作り直す。

20140802_Create3D0807

それと、以前はブーツ履かせたままマネキン作ったけど

裸足で書き出した。

 

それと、ブーツが破れてた……(なんで今頃気付く?)

20140802_Create3D0808

 

ズボンの位置を下げる。

20140802_Create3D080920140802_Create3D081220140802_Create3D081020140802_Create3D0811

今、ウエスト幅を狭めてお尻に引っかかってるので

ウエストを広げて腰骨に引っかける。

それだけ位置下がったら、裾の位置も似た位置になると思う。

というか、ズボンの股間周りを短くした方がいいかな?

 

引っ張っただけで下がってくれたわ♪ 良かった♪

これで裾も降りてくれたら、型紙の変更が無くて済むから

モーフで済むっ!

20140802_Create3D081320140802_Create3D081420140802_Create3D081520140802_Create3D0816

よしっ!裾も降りた!

 

シャツいく!

20140802_Create3D081920140802_Create3D0818

メッシュ直した方は、シャツをたっぷりさせたんだけど

Marvelous Designer 3のシャツの型紙変更無しだと短いまま。

でも、コッチの方が、元絵には合ってるんだよね。

 

めっちゃ胸がパンパンです。

20140802_Create3D0820

この人は胸筋強調してるらしいので、これはこれでいいとして。

 

書き出して、Dazで見てみないとわかんないな。

 

シャツがなぜかジオメトリエラー……(T_T)

20140802_Create3D082120140802_Create3D0810

ズボンの横幅がかなり減った。下に伸ばしたからね。

シャツは、しかたないから作り替えするかー……

 

同じ型紙使ってるのに、何が悪いんだろう。

というか、作り替えするなら、裾ちょっと足そうかな。

 

実はこのシャツ↓お尻がチラリなんだ。

20140802_Create3D0822

腰回りにしわを寄せて、それでも腰からシャツを落とさないようにするためには

裾を閉めて止めなきゃいけなかったから、余裕ないんだよね。

 

でも、ズボンは型紙触らずにOKだったのに

シャツはなぜだめなの?

前に書き出した時に、何か違うものいれちゃったんだろうか?

 

作り替えするなら、袖をもっとスマートにして、やっぱり裾伸ばすよ。

20140802_Create3D082320140802_Create3D0824

↑この右側に垂れてる裾の部分はすでに太股のボーンに載ってるので

ポーズするときに必ずゆがむんだけど

でも、この、だらりさが好きなんだ。

 

シャツじゃなくボディースーツでトランスファーユーティリティしたら

太股ボーン入るんじゃないかな?

 

前はシャツでトランスファーユーティリティしたから、太股ボーン入らなくて

ここが必ずポーズでおいてかれたんだよね。

そのボーンの分重たくなるんだろうけど、やってみよう。

じゃ、位置から作り替えの型紙変更ということで。

 

色をつけたいんだけど、↓『生地』を選択してもfabricが出て来ない。

20140802_Create3D082720140802_Create3D0826

これ、出てきたことはあるから、このファイルが壊れてるのかもしれないけど。

 

 

選択式じゃなかった。ドロップすれば良かっただけだった。ヘルプにも書いてた。ゴメン。

20140802_Create3D0829

20140802_Create3D0828

ああわかりやすい♪\(T▽T)/

 

ピンを駆使して、エレガント(笑)なドレープをつけた。

20140802_Create3D0833

今回はここでDazのゼロポーズにして服を書き出す。

 

↓前にやった通り、OBJで書き出してそれを『モーション結果形状』で読み込む。

Marvelous Designer 3でGenesisモーフを読み込む方法。ポーズアニメーションをつける。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

うん?

20140802_Create3D0832

メニューが変わってる……

 

たしかに先日アップデートあったけど

『モーション結果形状』どこいった?

 

↓インポートOBJに統一されてた。

20140802_Create3D0835

 

↓『モーション結果形状の読み込み』にチェック。

20140802_Create3D0834

↑でOK押した瞬間、自動アニメーションで↓こうなる。

20140802_Create3D0836

 

Marvelous Designer 3から、直接サーフェイス別れてた!

やった!

20140802_Create3D0837

 

サーフェイス名を変更したら、以前の↓このマテリアルが使えた♪

20140802_Create3D0838

たぶん、Marvelous Designer 3でテクスチャ貼っても、いいんだ。

これで、MayaでUVセットする必要がなくなる♪

やった~♪\(T▽T)/

シャカシャカ “”8(^∇^8)(8^∇^)8″” シャカシャカ

 

こんなのはあると思ってたんだよ♪

ありがとうMarvelous Designer 3!

 


この服をGenesis 2 Male用に変更する。

簡単にDazでサイズを合わせて、ZBrush 4R6で整える。

 

↓脇の位置が違う……

20140802_Create3D0839

 

エンジョイ! & サンキュー♪

2014_08_02(土) pm03:50

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。