【Maya】マウスピースを作成する。

3Dいじり
3Dいじり 3dでマイキャラ作成 3Dを自作する Maya 作業記録 漫画用レンダリング

この記事は約3分で読めます。

Autodesk Maya 2014でマウスピースを作る。

20151016_00Create3D767320151016_00Create3D7674

以前こういうのを作ったんだけど

ものすごい有り合わせだったので、ちゃんと作る。

20150925_00Create3D682620150925_00Create3D6825

【ZBrush】歯を見せないようにする【D|S】 | Create3D-3dCG制作作業日記

マウスピースを作る理由。

女性向けイラストでこの絵をそのまま使うと 『歯がリアルすぎて引く』という意見を複数いただいた。

20151016_00Create3D7676

これでも、歯の輪郭線は取らないように設定しているので

(私も輪郭線を取ったものはかなり気になったんだ)

以前よりは目立たなくなってるんだけど 漫画イラストだと歯は一本一本描くことは滅多にないので

(特に女性向けだと) 歯に目が行って気持ち悪い、ということだった。

私はこれぐらい歯があった方がリアルで好きなんだけど、

このイラストのターゲットは女性なので、そっちに合わせる。

友人からも聞いたけれど

今まで一切アクセスの無かった方々からもわざわざそのメッセージをいただいた。

いやなら見なければいいのに、それでも言って下さったということは

他は好きで、見たいしもっと絵を作ってほしいけれど、この、歯だけなんとかしてほしい。

ってことだと考えた。

ありがたいことじゃないですか!

見ず知らずの他人に『これ無くしてください』っていう度胸は凄いと思うの。

私も気になっていたので、即座に対応したかったんだけど

その時はどうして良いかわからなかったので後回しにしてた。

やっとできて本当にすっきりしている。

一年かかったw

Genesisの歯で作成。

20151016_00Create3D764820151016_00Create3D7649

歯を取り出してレイヤーにわける。   プレーンから分割を挿れていく。

20151016_00Create3D765020151016_00Create3D7651

最初のエッジと最後のエッジを合わせて、分割を挿れて丸くしていく。

20151016_00Create3D765220151016_00Create3D7653

20151016_00Create3D765420151016_00Create3D7655

犬歯は伸ばすことがあるのできっちり作り込む。

    20151016_00Create3D7658

元々の歯を不可視にする。

20151016_00Create3D765920151016_00Create3D7660

漫画レンダリング。

20151016_00Create3D766120151016_00Create3D7662

色を整える。

20151016_00Create3D7664

うん、いいんじゃないかな。 これでいこう。

左右対称する前にもうちょっと手を挿れた。

20151016_00Create3D7665

友人に見てもらうと、歯のラインいらないと言われたので

完全に歯の縦のラインを無くした。

20151016_00Create3D766720151016_00Create3D7669

それと犬歯モーフ。

歯が必要なときは元の歯をレンダリングすればいいんだから

このマウスピースは完全に歯の縦のラインを無くすことにする。

ミラーにして、下も作る。

今のメッシュはこんな感じ。

20151016_00Create3D7670 20151016_00Create3D7671

見えてるのは下の一列だけ。

歯茎も見えない方が良いと思ったので、一番上まで一体型で作った。

マウスピース完成。

普通歯と、牙モーフ♪

20151016_00Create3D767320151016_00Create3D7674

モーフなので、勿論長さは自由自在♪

いや、これ以上長くはならないので、長いのが必要な時は伸ばす。

よし。

関連記事 UV習熟 | Create3D-3dCG制作作業日記Maya | Create3D-3dCG制作作業日記

3d小物作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

↑タグの統合そのうちします。

  エンジョイ! & サンキュー♪

   ↑これ、Maya買ったらなるべく早い内に読む方がいい。 モデリングのスタートダッシュが早くなる。

モデリング講師の方が書かれているので、

  • 『天才』が書いた本で、『ここはぐーっとディティールを書き込む』とか
    • 『だから、そこをどう書き込むんだよ!!』みたいな
  • 『そこ、飛ばしたけど、そこが知りたいねん!』みたいな

そういう、曖昧模糊とした所がない。

  • 『なぜできない』のか?
    • 『どうやったらできる』のか?
  • 初心者がどこでつまずくのか?
    • それをどうやって解決するのか?
  • プロでも、独学でしていたら気付かずに苦労しているのはココ。
    • こうしたら、初心者でも、プロ波のツールにできる!

それが、具体的に書かれているので、すぐに初心者脱出できます。

基本はマヤを使っていますが、

モデリングの基本はブレンダーでも流用できる『考え方』です。

私が初期に買ったのは下記の6冊。

Maya スタジオプロジェクト Dynamics - Mayaで作成するリアルな大地、風、火、水のエフェクト田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)[digital]TEXTURING & PAINTINGMaya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)Maya 3D スーパーテクニックAutodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル -へたくそスパイラルからの脱出! ! -


[digital]TEXTURING & PAINTING

テクスチャを自分で作るなら、

これも読んだ方がいい。

映画のテクスチャとか作っている人の本。

はっきり言うと、精神論なんだけど、

『リアルなテクスチャを作るなら、ここまでやるんだ?』という

『プロの最高峰』が見える。

別に自分が最高峰にならなくても、最高峰を知っておくことは重要。

この人も天才だから、私には意味不明のところがあったけど

それ以外の『理屈』ははっきり書かれている。

『理屈から入る』人には最適。

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。