【MD5】刀剣乱舞キャラに浴衣を着せる。

3Dいじり
3Dいじり 3dでマイキャラ作成 3Dを自作する Daz Studio Marvelous Designer 作業記録

この記事は約4分で読めます。

Marvelous Designer 5で刀剣乱舞のキャラに浴衣を着せる。
20151012_00Create3D7429.jpg

 

陸奥用浴衣作成。

以前に作っていた浴衣を陸奥の丈に合わせる。
20151011_00Create3D7393

 
陸奥のベーシックポーズ作成。それに浴衣を合わせる。

20151011_00Create3D739420151011_00Create3D7397
浴衣なんかは服ポーズ作っても仕方ないので、ポーズごとにモーフを作りに来るしかない。
とりあえず公式のポーズで立たせておけば基本はいいので、このポーズで基本服モーフを作成する。
 
どうしても破れてしまうところをピンで補整。
20151011_00Create3D739520151011_00Create3D7396
補整はしたけど、
ストレッチ感が半端無いので、ZBrushでしわモーフ作った。

20151011_00Create3D739820151011_00Create3D7399
やっぱり、肩周りとか、最終的にはZBrushでの補整が必要。
 
肩がストーンと落ちちゃうのが嫌なのよね。

日本人の撫で肩だといいんだけど、この子たち肩幅あるから(笑)
本当に衣紋掛け見たいになってかっこ悪いから、肩周りにしわつけて誤魔化さないといけない。
 
↑布がてれんとなってるのは『サテン』だったから。
コットンにしたら↓張りが出た。

 
同じ調子で山伏国広にも着せる。

山伏国広用浴衣作成。

山伏国広
帯に兵児帯はついてません(笑)
 

長曽祢に浴衣を着せる。

長曽祢の浴衣が位置ずれ。
このポーズをOBJで書き出してMD5で着せているのに
MD5からアバターごと書き出したらずれてた。
20151012_00Create3D7434
 
これは、手を前に出す準備ポーズで位置ずれしたのかと
このポーズから腕を前に出した状態でアバターを書き出したけど、
20151012_00Create3D743520151012_00Create3D7436
 
位置ずれが治らず……(T_T)

20151012_00Create3D7433
長曽祢は『ゼロ位置』に立ってるんだよ!
 

長曽祢ができるまでの顛末。

20151012_00Create3D742220151012_00Create3D7423
腕組みポーズ作成。
Genesis 2 Maleでこれだけずれる。

 
腰を捻る。

20151012_00Create3D742420151012_00Create3D7425

ここで、腕を組む左右が違うことに気づく。(公式図録に載ってるポーズを作ろうとしている)
 
ここで、両方の肩を選択して、
左右対称を『セレクト』ですると、肩から先だけ左右入れ代わってくれる。
 

右のポーズを左にコピー(左右対称にしたい)場合。

20151012_00Create3D7439
 

シーンで選択した箇所から末端を、左右逆にしたい場合。

20151012_00Create3D7440
 

モーションする前に、ピンで留める。

これは『アバターにピンを留める』にしてある。
20151012_00Create3D7426
ここから腕組みポーズにすると、指先が真横に滑って服を引っかけていくので
↓一端前に出してから、腕組みさせる。
20151012_00Create3D7427
↓『BP ベースポーズ』(前後間違えてるの有るけど)
20151012_00Create3D7428
↑これで、手を前に出しているのが『1』。
腕組みしてるのが『2』
 

これは基本ポーズとして、色々な服で使うので
この二つをセットで置いておいたらいいんだ。
20151012_00Create3D742920151012_00Create3D7430
あとは、破れてるところをZBrushで補整する。

 

書き出しの注意。

20151012_00Create3D7443
赤。
この設定にしないと痛い目にあう。
 

『複数』『結合しない』にすると
ZBrushでSurfacesごとに別れてるので
ムーブトポロジーブラシが使えない。

 

 
Dazでサブデビジョンかけると、サーフェイスの端が丸くなって穴があく。
最初、なんで切れるのかわからなかった。

 
 
緑。
チェックを確認。

『結合された~』はUVを作っていないときはチェックしてはいけない。
配置した場所にテクスチャがいかなくなる。
 

 
黄色。
必要に応じてチェック。
私は大体しない。
 

一番上の『zip』で書き出すのは

配布テクスチャを一緒に書き出してくれる。
 
私は手でファイルを動かすので、これはしない。
ただ、テクスチャの試作品が一杯あって、どれつかったっけ?
とか言うときに使うととても便利(笑)
 
 
破れを修整する。
20151012_00Create3D743220151012_00Create3D7431
あとでZBrushで整えると思ったら、MD5でのしわはそれほど追求しなくていいので気が楽になった。
以前は、ZBrushを起動するのが面倒だからMD5で全部したかったんだけど
やっぱり単一ソフトだけで完成させようとか
言うのが時間の無駄
 

服のずれ勃発。

MD5から読み込んだ
20151012_00Create3D743320151012_00Create3D7434
【D|S】グループを使うときに気をつけること。その2 | Create3D-3dCG制作作業日記
↑こういう罠にはまり、こう解決しました。
 

目当てのポーズの前にポーズを作成。

ゼロポーズから腕を組ませると、服が巻き込まれるので、一端前に腕を出すポーズを挿れる。
20151012_00Create3D743520151012_00Create3D7438
できた♪
 
やたら苦労したので、『作品』にして鬱憤晴らしをする(笑)

 

 


シリーズ一覧記事。↓
陸奥守吉行の内番服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記
 

 

関連記事UV習熟 | Create3D-3dCG制作作業日記

Maya | Create3D-3dCG制作作業日記

3d小物作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 
 
エンジョイ! & サンキュー♪
【この記事を書いた日 2015/10/12 16:30 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。