【Maya】日本刀、歌仙兼定を作る。3

3Dいじり
3Dいじり 3Dを自作する Maya 作業記録

この記事は約2分で読めます。

Autodesk Maya 2014で日本刀、歌仙兼定を作る。

20151227_00Create3D0695

前記事↓

【Maya】日本刀、歌仙兼定を作る。2 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

シリーズ一覧記事。↓

歌仙兼定の刀を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

切っ先部分のサーフェスを当て直す。

刃の根元から凌筋を切っ先まで通したけど

20151227_00Create3D0681

 

ここから先に凌筋のラインがいらないことがあるので、サーフェスを分けた。

20151227_00Create3D0682

 

ふくらの部分は色が変わることがあるのでわけた。

20151227_00Create3D0683

 

どうせなのでここも変えておいた↓

20151227_00Create3D0684

 

これで、こういう四通り以上の切っ先を作れる。

20151227_00Create3D068820151227_00Create3D068920151227_00Create3D069020151227_00Create3D0691

凌筋と横手筋は、ラインを二本取れるようになっているのを両方白であてるとこうなる。

 

いつのまにか、サーフェス一列分、メッシュが無くなってた!

20151227_00Create3D0692

 

スムーズしても綺麗な切っ先できた♪

20151227_00Create3D0695

ここまで来るの大変だった。

 

クリースのために細分化したのが、ミラーするとマージされちゃって

エッジを追加して削除して……両面だから面倒だった。

 

でも、ミラーしてから細分化って、両方しなきゃいけないよね?

どっちが面道無いだろう。

 

DAZで細分化してもキレイキレイ♪

20151227_00Create3D0697

 

次は柄を作る。

 

 

 

シリーズ一覧記事。↓

歌仙兼定の刀を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

関連記事

UV習熟 | Create3D-3dCG制作作業日記

Maya | Create3D-3dCG制作作業日記

3d小物作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記

↑タグの統合そのうちします。

 

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/12/27 11:08 】

   ↑これ、Maya買ったらなるべく早い内に読む方がいい。 モデリングのスタートダッシュが早くなる。  

モデリング講師の方が書かれているので、

  • 『天才』が書いた本で、『ここはぐーっとディティールを書き込む』とか
    • 『だから、そこをどう書き込むんだよ!!』みたいな
  • 『そこ、飛ばしたけど、そこが知りたいねん!』みたいな

そういう、曖昧模糊とした所がない。

 

  • 『なぜできない』のか?
    • 『どうやったらできる』のか?
  • 初心者がどこでつまずくのか?
    • それをどうやって解決するのか?
  • プロでも、独学でしていたら気付かずに苦労しているのはココ。
    • こうしたら、初心者でも、プロ波のツールにできる!

それが、具体的に書かれているので、すぐに初心者脱出できます。

 

基本はマヤを使っていますが、

モデリングの基本はブレンダーでも流用できる『考え方』です。

 

私が初期に買ったのは下記の6冊。

Maya スタジオプロジェクト Dynamics - Mayaで作成するリアルな大地、風、火、水のエフェクト田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)[digital]TEXTURING & PAINTINGMaya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)Maya 3D スーパーテクニックAutodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル -へたくそスパイラルからの脱出! ! - 

 


[digital]TEXTURING & PAINTING

テクスチャを自分で作るなら、

これも読んだ方がいい。

映画のテクスチャとか作っている人の本。

はっきり言うと、精神論なんだけど、

『リアルなテクスチャを作るなら、ここまでやるんだ?』という

『プロの最高峰』が見える。

 

別に自分が最高峰にならなくても、最高峰を知っておくことは重要。

この人も天才だから、私には意味不明のところがあったけど

それ以外の『理屈』ははっきり書かれている。

 

『理屈から入る』人には最適。

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。