【MD4】アントニオ・ロペスの服を作る。36【ズボン】

3Dいじり
3Dいじり3Dを自作するMarvelous Designer作業記録

この記事は約4分で読めます。

Marvelous Designer 4(2.1.87)でズボンを作る。

20150323_00Create3D4768

 

【MD4】アントニオ・ロペスの服を作る。35【ズボン】 | Create3D-3dCG制作作業日記

↑前記事

シリーズ記事一覧 ↓

アントニオ・ロペスの服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

今回すること
  • ベルトに厚みをつける。
  • Genesis 2 Male用にシュリンケージ。
  • Genesis 2 Maleに靴を履かせて裾を整える。
  • Dazに書きだす。
  • 間接モーフを仕込む。

 

現状

20150323_00Create3D474120150323_00Create3D474220150323_00Create3D474320150323_00Create3D4744

 

ベルトに厚みをつける。

厚み分の型紙を作成。

20150323_00Create3D4746縫合。

 

パンパンッ!

20150323_00Create3D4745

 

プレッシャーをゼロにしてもマイナスにしてもプラスにしても

20150323_00Create3D4754

 

パンパンッ!

20150323_00Create3D4747

 

これ、裏側に想定したベルトが表に来ているらしく

裏面が表になってるのよね。

 

で、案の定、巻き込まれるズボン。

20150323_00Create3D4748

 

前より後ろがぐっちゃぐちゃになってたので、ピンで引っ張ってみた。

20150323_00Create3D4749

20150323_00Create3D4750

 

らちが開かないので、展開から再開。

20150323_00Create3D4751

↑これよりはちょっと整えたんだけど

↓案の定ぐちゃぐちゃ。

20150323_00Create3D4752

ベルト部分はフリーズして不可視にしてるけど

どう考えても型紙に作用してる。

 

もうどうしようもないので

20150323_00Create3D4753

現状では、ベルトに厚みを持たせるというのは諦めた。

また私の技術があがるか、MDがバージョンアップしてやりやすくなってからする。

 

暫時、縫い目を端っこにつけて、サーフェイスを別にして

ベルト本体より少し濃いめの色を設定することで、疑似厚みに見せる。

20150323_00Create3D4755

アントニオさん用ジーンズは、これで完成とする。

シャカシャカ “”8(^∇^8)(8^∇^)8″” シャカシャカ

 

Genesis 2 Male用にシュリンケージ。

アバターをGenesis 2 Maleに変更。

20150323_00Create3D475620150323_00Create3D4757

お父さんのズボンと言うにもでかすぎる(笑)

お相撲さんのズボンみたい。

 

全体は8割

20150323_00Create3D4759

 

ベルトだけ、長さを七割

20150323_00Create3D4760

 

で、こうなる。

20150323_00Create3D475820150323_00Create3D4741

同じメッシュでこれが作れるのはスゴイと思うの♪

 

ベルトはそのままで、全体を、0.9にした。

20150323_00Create3D4762

スリムジーンズならこんな感じでイくない?

 

Genesis 2 Maleに靴を履かせて裾を整える。

DAZから↓この靴をOBJで書きだして、アバターにする。

StreetWear : Mens Sneakers For GenesisGenesis 2 Male
StreetWear : Mens Sneakers For Genesis

アバターにするというか、アバターとして追加するだけなので、

OBJで書きだして、OBJを読み込むだけ。設定は何もいらない。

 

倍率間違えた。

20150323_00Create3D4763

 

ズボンがあるところに靴を持ってきているので裾が埋もれている。

20150323_00Create3D476420150323_00Create3D4765

 

裾を引っ張って靴の上に出す。

20150323_00Create3D4766

 

中途半端な裾まわりで、靴が隠れないので、横幅を等倍に戻した。

20150323_00Create3D4767

 

縦が90パーセント、横が100パーセント。

20150323_00Create3D4768

Genesis 2 Maleってかなりアントニオさんとは体格が違うのに

服としてはそんなに縮めなくていいことにびっくり!

 

スリムジーンズ↓ポイポイ♪

 

ポケットがまた中に入っちゃってるけど、とりあえず、Genesis 2 Male要はこれでいい。

20150323_00Create3D476920150323_00Create3D4768

美味しそうなお尻だな♪

 

前から気になってたんだけど、なんで右ポケだけ弛むんだろう。

20150323_00Create3D4770

 

わかったわかった。

左は上の開口部も縫合してた(笑)

20150323_00Create3D4771

右も、開口部を縫合したらぴっちりなった。

 

あとは、縫い目とかを表に出す。

20150323_00Create3D4772

掃除するときに、上からハタキを懸けていくように

下の布からシミュして、上になる部分を↑離して再シミュする。

 

メッシュが人体より荒いので、20 →15にした。

20150323_00Create3D477320150323_00Create3D4774

 

OK♪

20150323_00Create3D477520150323_00Create3D477620150323_00Create3D4777

 

 

今回したこと
  • ベルトに厚みをつける。

  • Genesis 2 Male用にシュリンケージ。

  • Genesis 2 Maleに靴を履かせて裾を整える。

  • Dazに書きだす。

  • 間接モーフを仕込む。

 

ちょっと待て。

リベットが全部内側に入ってしまってる。

 

と思ったら、

リベットをつける前のセーブでやっちゃったらしい……(T_T)

やりなおし!

 

どれが最新ファイルなのか、再確認だ!

 

 

 

シリーズ記事一覧 ↓

アントニオ・ロペスの服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/03/23 13:42 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。