【MD4】アントニオ・ロペスの服を作る。37【ズボン】

3Dいじり
3Dいじり 3Dを自作する Marvelous Designer 作業記録

この記事は約2分で読めます。

Marvelous Designer 4(2.1.87)でズボンを作る。

 

【MD4】アントニオ・ロペスの服を作る。36【ズボン】 | Create3D-3dCG制作作業日記

↑前記事

シリーズ記事一覧 ↓

アントニオ・ロペスの服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記


 

現状

前回、リベットが無い服で作ったので、リベットのあるものをGenesis 2 Maleに着せた。

↓これはGenesis 2 Male、アントニオさん服と等倍。

20150324_00Create3D478320150324_00Create3D478420150324_00Create3D4785

裾がちょっと余ってるけど、これでいいんじゃん?

 

シュリンケージで縮める。

縮めると言っても、ベルト芯を0.7にしただけ。

20150324_00Create3D4786

ジーンズらしいしわになったと思う。

 

というか、牛服がパンパン過ぎたんだ

そっか、『余裕』が無いと服のしわは寄らないから、自然な感じに見えないんだ

 

逆に、牛服は120パーセントとかにした方がいいんじゃないか。

↑股間のしわとか超自然じゃんっ!

このしわが欲しかったんだよ!

 

そうなんだ。

牛服をGenesis 2 Maleにするぐらいの余裕があったら、このしわは自然に出るんだ!

↓この体格差なんだよ。(左が牛さん)

20150324_00Create3D478720150324_00Create3D4783

この牛さんズボンをそのままGenesis 2 Maleに着せて↑こうなるんだ。

 

 

 

圧迫点。

20150324_00Create3D478820150324_00Create3D4789

↑この青い点が出るのが余裕がある証拠だと思ってた。

赤い点を青にしなきゃいけないと思ってたんだけど

青い点も、出ない方がいいんだ!

 

まぁっ! 初めて気づいたわ!

牛さんのズボンの圧迫点。

20150324_00Create3D479120150324_00Create3D4790

へーへーへーへーへー……

なんか目から鱗が落ちた感じ。

 

元ズボンを整え直す。

牛さんのズボンをサイズを整えてしわがキレイに入るようにした。

20150324_00Create3D479520150324_00Create3D479620150324_00Create3D4797

これはシュリンケージじゃなく、型紙を動かした。

 

 

20150324_00Create3D479820150324_00Create3D4799

 

↓太股ラインがぽこぽこなってるから余裕があるのかと思ってたら

20150324_00Create3D480020150324_00Create3D4801

牛さんの太股が筋肉ででこぼこしてた(笑)

太股はパンッパンなんだ。

もうちょっと余裕持たせてもいい感じなのかな。

 

膝をもうちょっと絞る。

20150328_00Create3D002120150328_00Create3D0022

膝関節の動きの余裕は、縦幅で取ればいいんだ。

横はほぼぴったりでいい。

 

現時点の型紙。

20150328_00Create3D0023

膝を絞る。

ズボンの真ん中のポイントが膝。

 

明らかに前がたるんでるので、前身頃を縮める。

20150328_00Create3D002420150328_00Create3D0025

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/03/28 12:53 】

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。