【MD4】アントニオ・ロペスの服を作る。38【ズボン】

3Dいじり
3Dいじり 3Dを自作する Marvelous Designer 作業記録

この記事は約6分で読めます。

Marvelous Designer 4(2.1.87)でズボンを作る。

 

【MD4】アントニオ・ロペスの服を作る。37【ズボン】 | Create3D-3dCG制作作業日記

↑前記事

シリーズ記事一覧 ↓

アントニオ・ロペスの服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

曲げる余裕はあるけど、パンッパンッ! な感じのジーンズ。

20150328_00Create3D002720150328_00Create3D0028

股上を深くしたので、デザインが全部変わっちゃったけど

これでいいとおもう。

おかげで、ベルトループのタック、全部付けなおしだけどねー(T_T)

pocket位置がここにあることで、どんだけベルト下を増やしたのかわかるとおもう。

20150328_00Create3D0030

型紙を動かすと、↓こんなふうにタックが外れちゃうんだよね。

スクリーンショット_032815_073500_AM

で、外れたのは型紙で見えるんだけど、型紙では位置調整できないから

3dでもう一度設置し直しになるんだ。

これがイヤダから型紙変えたくない程ストレスかかる。

 

いや、タックの機能自体は凄く有難いので、無いと困るんだけど

次の改変でここを改良してくれることを望む。

 

こんな細かいこと作業記録にメモするの初心者の内だけだから。

Photoshopみたいに使い慣れてくると、ぱーーーーーっと一気呵成にやっちゃうので

一切作業記録が残せなくなる。

 

作業を止める方が苦痛だから、そこで『作業記録とらないと!』とはおもわない。

あくまでも、作業を効率よくすすめるための作業記録だから。

作業記録を取るために作業が止まるならつけない。

 

次どうしよう……って、つまるから

考えるために作業記録を取るひまがあるんであって

パパパパパッと処理できるなら、集中してやっちゃうから

作業ウインドウしか見てない。

 

で、こういうふうに↑型紙を動かしてタックがずれると

ウアーッムッキィ!! ノ`⌒´)ノ ┫:・’.::・┻┻:・’.::・

となって集中力が途切れるから作業記録を書きにくる。

 

スムーズにやってたら、Marvelous Designer 4もそろそろ

作業記録がそんな残らなくなるんじゃないかな。

今でも、最初にカタチをつけるまではパーッとやっちゃうから、

残してるヒマないし。

 

Marvelous Designer 4で服作ってるの、超楽しい♪

Mayaで服作ることに比べたら……。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

まぁ、逆に、余裕を持たせるのとか、メッシュいじった方が速い場合もあるけど

最終的にシミュレーションで服のしわをつけるなら

シミュしながらメッシュを触れるMD4が一番楽。

 

手作業でしわつけるなら、Mayaで大雑把なカタチを作ってから

ZBrush 4R6でしわつけるのが楽。

 

ZBrush 4R6でしわつける作業も楽しい♪

 

でも、MD4でしわをつけられるんだから、そんな手間、もう取りたくない。

私は絵を手で描く時でも、服のしわをつけるのは凄く好きだったので

そこらへんはまったく苦にならない。

 

↓これはマウスで描いてるからよたってるけど

20150328_00Create3D0032

これぐらいのフリフリなら数秒で描ける♪

鉛筆なら二秒で描ける♪

 

布のしわは楽しい♪ うへ♪

 

よし、タックの付けなおしをする。

それがいやで、思わず記事に逃げてしまった。

 

  1. タックを付けなおして、タックの下の縫い目も上に上げる。
  2. ヨークのラインを上に整えて
  3. ポケットを上げる。

20150328_00Create3D0033

↓型紙

スクリーンショット_032815_074959_AMスクリーンショット_032815_075057_AM

緑のタックは一調整で済むけど

赤い方は外れてる。

 

タックが外れると、型紙に残ってる方だけ残って、反対側は消える。

 

これ、付けなおしできない(T_T)

  1. 削除して、
  2. 再設置

になる。

型紙を動かすと

  1. タックの片方が削除されるのに
  2. 元タックが消えない上に
  3. 元タックを付けなおすことはできないから
  4. 元タックを削除して ←この手間が邪魔くさい
  5. タックを再設置

になる。

↓これわかるかな。

スクリーンショット_032815_080201_AM

左下が右前身頃。

右上がベルトループの飾り。

 

縫い目と、型紙の角にそってタックでつけてる。

こんなの型紙の移動でずれたら本当に泣く(T_T)

 

ここだけは邪魔くさいから、動かないように型紙動かした。

いっその事、型紙からずれたタックは自動で外してほしいぐらい邪魔くさい。

 

型紙移動した時に、型紙について行ってくれ、とはおもわない。

その場で良い場合もあるだろうから。

 

型紙を動かす時に『タックをずらしますか? 固定しますか?』とか

ウインドウが毎回出ても非常に邪魔だとおもう。

 

ただ、型紙ウインドウでタックの位置調節をできるようにしてほしい。

 

タック自体は凄く良い機能!

Photoshopでレイヤーが搭載されたぐらい革新的だと思う、私は!

 

Photoshop2ではレイヤー機能がなかったんだぜ?

私は3から使ってるので、最初からレイヤーあったし

最初はレイヤーの使い方がまったくわからなかったけど。

レイヤーなかったら凄く使いにくいソフトだったと思う。

 

洗い桶でゴシゴシやってたのが、洗濯機出てきたぐらいスゴイ。

私、本当にこの『タック』はスゴイ感謝してる。

 

↓このウエストのしわ、カッコイイだろう♪(自画自賛)

20150109_00Create3D3214<img style="background-image: none; padding-top: 0px; padding-left: 0px; display: inline; padding-right: 0px; border: 0px;" title="20150109_00Create3D3214" src="http://i0.wp.com/create3d.giren.net/w/wp-content/uploads/2015/01/20150109_00Create3D3214.jpg?resize=404%2C255" alt="20150109_00Create3D3214" border="0" data-recalc-dims="1" />

↓こんだけタック入ってる。

20150109_00Create3D3213<img style="background-image: none; padding-top: 0px; padding-left: 0px; margin: 0px; display: inline; padding-right: 0px; border: 0px;" title="20150109_00Create3D3213" src="http://i2.wp.com/create3d.giren.net/w/wp-content/uploads/2015/01/20150109_00Create3D3213.jpg?resize=404%2C266" alt="20150109_00Create3D3213" border="0" data-recalc-dims="1" />

ベルトループをタックでつけようとしている私もおかしいんだろうけど

本当に、3dウインドウでタックを『所定の位置』につけるの大変なんだ。

 

多分、タックを固定位置につけるって想定が無いんだとはおもう。

あくまでも仮止めの筈だから。

 

じゃあベルトループ、みんなどうしてたんだ?

って話なんだ。

 

でも、これからiClone6で服モーフとれるなら

Marvelous Designer 4では本当に

リアルタイムに服のしわだけつけて基本ポーズで作成すればいいから

タックじゃなくてピンで止めてもいいし、

ベルトループやベルトを最後に縫合設置すれば

タックでとめるような手間はいらないとおもう。

 

だから、これは今回だけの手間だから、まぁ、いい。

 

心配なのは

Marvelous Designer 4とiClone6でソフトクロスの設定は完全に一致させられないだろうから

Marvelous Designer 4で良い感じのしわができても

それがiClone6で再現されるのか、って心配はある。

 

それはやってみないとわからないので、

今はこのズボンを完成させる。

 

シリーズ記事一覧 ↓

アントニオ・ロペスの服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。