【MD4】ジャージを作成する。3 内部線でテクスチャ用補助線を引く。

3Dいじり
3Dいじり 3Dを自作する Marvelous Designer 作業記録

この記事は約5分で読めます。

MarvelousDesigner4.2.1.87 で3d服作成。

ジャージを作る。

20150614_00Create3D3133_thumb

メッシュが綺麗に並んでいると、『メッシュの一列選択』で一気にラインを入れられるので

ラインを入れる部分に内部線を入れてメッシュを整える。

 

前記事

【MD4】ジャージを作成する。3 | Create3D-3dCG制作作業日記

このシリーズの記事一覧↓

ジャージを作成する。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

首ニットのメッシュを整える。

首のメッシュ、ぐっちゃぐちゃなんだよ。

20150614_00Create3D3119_thumb

 

普通に真四角の型紙を作成すると

↓こういう並びのメッシュを作ってくれるソフトなのだ。MD4は。

20150614_00Create3D3120_thumb

三角メッシュだと、あまりメッシュの並びは気にならないんだけど

四角だと顕著だよね。

元々が三角メッシュのソフトなので、そこは文句を言う気はない。

 

ZBrushも、自動でメッシュを作るとこんな感じのメッシュになることがある気がする。

 

首のメッシュをいじってたらMD4が落ちた。

メモリ使いすぎた限界かと思ってたら

辺を選択して分轄三つだと大丈夫だけど、四つに分轄すると落ちる。

 

仕方ないので目分量で四つに分轄。

20150614_00Create3D3121_thumb

横は整った。

縦は、メッシュ減少があるから、際が斜めになるのは仕方ない。

 

肩から首のラインを整える。

途中で分轄入るメッシュのラインをとりたい。

20150614_00Create3D3125_thumb

『とる』ってのはできないから、綺麗に全部入るように細かく内部線を入れるか。

諦めるか。

 

とりあえず、型紙の端と、一本通したので二本ラインはとれるから、

とりあえず、他の、できるところからやってしまおう。

 

胸と背中の上部横に一本線。

20150614_00Create3D3126_thumb20150614_00Create3D3127_thumb

 

ジャージの裾のニット部分の先に白いライン。

裾は、上から二本、内部線を通すことで、裾五列分のメッシュが整頓した。

20150614_00Create3D3129_thumb20150614_00Create3D3130_thumb

 

ここはもともと、裾に内部線を横に入れていたので、端は整ってる。

20150614_00Create3D3128_thumb

このズボンは裾を絞ってないんだけど

裾を絞るジャージの場合は

ZBrushで下三列を選択して縮めるモーフを作成する。

いまんとこ堀川君だけなので、基本メッシュでは作らない。

 

私の持ってるジャージが、ニット部分が長いので、それ用のメッシュも作っておく。(笑)

それで言うと、袖のニット部分も長かったな。

20150614_00Create3D3135

↑この上の段まで絞ると、ホント、凄く楽っ!

 

ジャージ – Google 検索

』で検索して、裾を絞っているズボンが上位に無かったので、

最近の流行りはそっちなのだろうとも推測した。

 

アディダスのでも、裾絞ってるのが上位に来なかった。

アディダス ジャージ – Google 検索

 

裾なんか絞った方が動きやすいだろうに。

ジャージなんて作業服なのに、作業の邪魔になるデザインにしなくていいでしょ。

 

まぁ、本当のアスリートはこんなヒラヒラ裾着てないと思うからいいけど。

最近の子は『ファッション性』に『機動性』がかなり阻害されている印象を受ける。

 

小学生の子供が、こんな裾ヒラヒラジャージはかされたら、足早くならないよ。

こんなことで走るのが嫌い、とかの印象を受けてしまうのはかわいそうだな。

 

まぁ、私も小学校の時の安いジャージは裾しぼって無かったけど。

高校でサッカー部になって、ジャージを作ったときに裾が絞ってて

なんて動きやすいんだっ! って感動したんだよね。

よく動く人は、ゲートルとか、ブーツインとか、して当然! うん。

 

ふくらはぎとか、踝とかに裾がヒラヒラ当たったりはずれたりするのが

良く動いてると癇に触るんだよ。

 

普通にジャージ買ってたら、裾絞ってる心地よさって気づけないんだな、最近の子。

かわいそうに。

だから余計にアスリートが減るんじゃないの?

 

首から裾へ縦ラインと斜めライン。

20150614_00Create3D3131_thumb20150614_00Create3D3132_thumb

斜めラインは滅多に入らないし、メッシュの邪魔になるので

内部線では入れないで置く。

 

同じ理由で、ポケットも、投射しやすいし、内部線では入れない。

 

ズボンの縦ツートン。

20150614_00Create3D3133_thumb

左の内部線との間が、

上が3メッシュで、下が2メッシュなので途中で分岐があるけど、

右側は一列選択できる。

 

胸の横ラインの高さに自由度を出す。

左右対称編集してるのに、なんでメッシュが違うの!

20150614_00Create3D3134_thumb

↓どうせなので三本ライン入れたら、真ん中が分岐した(T_T)

20150614_00Create3D3139

 

手間を掛けても左右対称にならないのなら、手間掛けない方がいいので

追加した内部線は削除。

 

 

袖のニット部分に横ライン。

これ、袖を延ばしたらメッシュが乱れた。

20150614_00Create3D3140

 

袖からのラインに繋げて縦に入れると、全部のメッシュが整った♪ よし!

20150614_00Create3D314320150614_00Create3D3144

 

首のニット部分に横ライン。

これはできてる。

 

胸のファスナー脇に縦ライン。

これは普通に選択できるやろ、と思ったけど。

幅がかなり違うので、一本通す。

20150614_00Create3D3145

と思ったけど、やってもメッシュが乱れただけだし、左右対称にならないし

ここなんて型紙の端から等距離でラインを引けばいいんだからいらないわ、と気づいた(笑)

肩と違って、曲線にしなくても直線になる。

 

 

内部線完了。

20150614_00Create3D314720150614_00Create3D3148

テクスチャ作成にかかる。

 

 

このシリーズの記事一覧↓
ジャージを作成する。 | Create3D-3dCG制作作業日記
 
3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記
3Dを自作する | Create3D-3dCG制作作業日記

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/06/14  9:47 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。