【MD4】服がアバターからずれたときの対処法。

3Dいじり
3DいじりMarvelous Designerエラーチュートリアル

この記事は約2分で読めます。

Marvelous Designer 4(2.1.87)で服を作ったときに

↓こういうふうにアバターをすり抜けた場合。

【MD4】服がアバターからずれたときの対処法。 Create3D4468

↓この動画の二分ぐらいのところのように、引っ張って直していた。

ライアンプロモーション音入れ完了 – YouTube ←ユーチューブでエラーが出た時用のリンク。

 

このズボンは部品がたくさんあるし、Marvelous Designer 3の頃はそれで良かったと思うけれど

Marvelous Designer 4から仕様が変わったのか、

引っ張っても布がアバターをすり抜けてくれる確率が下がった。

かなり強引に引っ張っても、布がこっちがわに来てくれない。

 

なので、もう一つの方法を見つけた。

↓こんなふうにすり抜けた場合。

【MD4】服がアバターからずれたときの対処法。1

 

シミュレーションをとめて、該当の型紙をアバターのこっち側にとりあえず移動させ

そののちシミュレーションすると、服が正常化する。

  【MD4】服がアバターからずれたときの対処法。2【MD4】服がアバターからずれたときの対処法。4

これは3の時にすでにできたと思うけど、思いつかなかった。

 

↓これみたいに部品がたくさんある服の場合、

20150307_00Create3D4468

下から型紙を移動させて順繰りに上のを再度、再再度移動させて、

シミュすれば、順番が元通りになる。

 

 

【MD4】服がアバターからずれたときの対処法。

でした。

 



↑文中の『複雑なズボン』はこの動画で使用しました↓

 

【3d服作成】ライアン作成【まとめ】 | Create3D-3dCG制作作業日記

ライアン・ゴールドスミスの服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記



エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/03/07 14:24 】



コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。