【MD4】表から見えない型紙をアバターにタックする。

3Dいじり
3Dいじり 3Dを自作する Marvelous Designer 作業記録

この記事は約3分で読めます。

#MarvelousDesigner4.2.1.111を使用。

 

↓こういう袴を作ったとき。

20150630_00Create3D3932

ヒダになる部分を縫合せず、谷織りの部分でアバターにタックしたほうが

メッシュがこんがらがらずにすむ。

 

今回の袴自体は縫合でそれを避けたけど

今後のために備忘録を残しておく。

 

型紙

今回の袴は右の黄色い部分が折り込まれて表から見えない。

20150630_00Create3D393620150630_00Create3D3936 - コピー

 

↓赤い部分を帯に縫合し、緑の部分をアバターにタックする。

20150630_00Create3D3936 - コピー - コピー

 

↓こういう風に縫合したらタックはいらないんだけど、タックしたときは気付かなかったんだ。

20150630_00Create3D3936 - コピー - コピー (2)

 

赤い部分と一緒に緑の部分も縫合してしまったから

20150630_00Create3D3936 - コピー - コピー (2) - コピー

場所によっては3枚の型紙が重なってしまって、メッシュが暴れたり、

前後が逆になって表にメッシュがはみ出したりしたんだ。

 

緑の縫合がまったく邪魔だったんだよ。

 

でも↓これにしても、一つの縫合ラインに二つのメッシュが重なるので

できたらやめた方がいい。

 20150630_00Create3D3936 - コピー - コピー (2)

この袴ではものすごく暴れて布がおさまらなかった。

 

ということで、帯に縫合するメッシュは一つにして、ひだの奥をアバターにくっつける。

これも、アバターじゃなく、以前は帯の方にタックしてたから、

動かすたびにヒダが表に出てきて大変だった。

 

アバターにタックすることで、型紙とアバターの差分で

ヒダが必ず奥に入るので、表に出て来ない。

 

これは、帯を二重にして、前ヒダ用、奥ヒダ用として縫合したら巧くいくんじゃないかと思うけど

帯メッシュがなる上に、その前ヒダ用帯と、奥ヒダ用帯の前後関係でまた暴れるので断念した。

重なり具合がどうにかなるようなら、できると思うので今後のバージョンアップに期待する。

 

ただ、この方法だと、上半身に着物をきたときに

その着物を突き通してアバターに袴のひだをタックさせることになるので

それはそれで少し問題が出る。

 

 

アバターにタックする方法。

アバターを非表示にする。

20150630_00Create3D393720150630_00Create3D3938

20150630_00Create3D3928

 

この状態で、アバタータックモードにして裏からヒダの奥をクリック。

20150630_00Create3D392920150630_00Create3D3930

 

表に返してアバターを表示させ、任意の位置にクリック。

20150630_00Create3D3931

これで、見えない部分をアバターにタックできます。

 

同じ方法で、型紙同士も見えない部分にタックできます。

 

型紙同士でタックする例。

↓これ、襟元ハイネックのインナーと半襦袢と、赤い上っ張りと三枚着てる。

【MD4】和泉守兼定の服を作る。4【赤い上着】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

これの、上っ張りを半襦袢にタックさせたいときとか、この方法でぐるぐる裏返してしてた。

型紙を非表示にすれば簡単だったんだけど、この時は非表示方法識らなかったんだ。

 

↓これを作っている途上の物語でした♪

20150521_00Create3D2296

和泉守兼定の服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記 | ページ 2

 

 

 

【MD4】表から見えない型紙をアバターにタックする。

でした。

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/06/30 11:13 】

 

 

関連記事
和泉守兼定を作る | Create3D-3dCG制作作業日記
3dでマイキャラ作成 | Create3D-3dCG制作作業日記
3Dを自作する | Create3D-3dCG制作作業日記

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。