【Shade】虎徹さんの髪を作る2【DAZStudio4】

3Dいじり
3Dいじり メイキング 作業記録

この記事は約6分で読めます。

【Shade】虎徹さんの髪を作る【DAZStudio4】←前
続 虎徹さんの髪。
 

ShadeでDAZ Studioの髪作成20001.JPG

細かく色分けしてみた。
極楽鳥にしかみえん。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20002.JPG

生え際で三列。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20003.JPG

左が正面図。右が透視図。
どっちの幅を信じればいいんだろう。
百貨店の鏡を見ているかのようだ。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20004.JPG

生え際を整える。
何本か、額より前に出てた。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20005.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20006.JPG

後ろの髪が上に出てくるので、後ろの髪もずらす。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20007.JPG

ポリゴンが重ならないように。ひたすらずらす。

耳寄り前から後ろに流れる水色の髪が、
耳にかぶさらないようにするのが一番大変だった。

耳にかぶっちゃいけないけど、耳には掛からなきゃイケナイ。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20008.JPG

サイドはこんなもんかな。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20009.JPG

後ろの髪も、頭皮にそってずらしていく。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20010.JPG

上から次の髪がかぶさってくるのと
できれば、一番下の黒いナミナミを外したいので
つめていく。

下の黒いナミナミは、スカルキャップで代用できれば一番いい。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20011.JPG
↑の緑の後ろ髪をコピー。
 前後反転
ShadeでDAZ Studioの髪作成20012.JPG
角度を変えて上に張り付ける。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20013.JPG

ほんでまた、一本一本整えていく。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20014.JPG

根元のアンカーポイントだけ
地肌にずらすように変える。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20015.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20016.JPG

ぴったり。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20017.JPG

埋めつくしていく。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20018.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20019.JPG

生え際の一番手前の髪を選択。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20020.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20021.JPG

コピー。
左右反転
ShadeでDAZ Studioの髪作成20022.JPG
横方向に拡大。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20023.JPG

頭の右側に持っていく。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20024.JPG

大きさを合わせる。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20025.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20026.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20027.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20028.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20029.JPG

前髪の高さに合わせて、一番高い部分を前のめりに盛る。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20030.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20031.JPG

正面図と透視図で、生え際の赤いのと黄色いの差が見えたり見えなかったりで
どちらに合わせていいのか迷う。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20032.JPG

毛流れを整えていく。

キースサンは手櫛だろうざっくりとしたけど
虎徹は櫛と整髪料を使っているだろうから少し機械的に。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20033.JPG
サイドぐちゃぐちゃやった。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20034.JPG
後ろ髪のバランスはこんな感じでいい気がする。

右下に手書きで髪の毛を描いたのを置いて
シルエットを合わせていく。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20035.JPG

前髪を仕上げていく。
黄色にした。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20036.JPG

前回も迷った
前からサイドに流れる髪の流れ。
どうしたもんかなぁ。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20037.JPG

前髪を左から数字つける。

ShadeでDAZ Studioの髪作成20038.JPG

中は一つの自由曲面。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20039.JPG

整えていく。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20040.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20041.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20042.JPG

毛先は、↓のスクリプトで一点に収束。
これ最初からあったんだろうか?今回初めて気づいた。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20043.JPG
これがあるなら、トリムじゃなく、ベジェで毛先を尖らせる方がカンタン。

前はこれに気づかなかったので、トリム使った。
↓前
ShadeでDAZ Studioの髪作成20072.JPG
↑これはこれで、超気に入っている。

大体こんなもんかなぁ。

ShadeでDAZ Studioの髪作成20044.JPG

生え際ぐちゃぐちゃだった。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20045.JPG
生え際を整えると
ShadeでDAZ Studioの髪作成20046.JPG
前からズタズタ
ShadeでDAZ Studioの髪作成20047.JPG
どっちから見ても綺麗綺麗。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20048.JPG

マッターホルンより鋭角な前髪。
丸くするか尖らせるかちょっと悩んだ。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20049.JPG
この後の行程で気にならなくなると思うので放置。

ShadeでDAZ Studioの髪作成20050.JPG

サイドも整える。
前髪前半の山場。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20051.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20052.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20053.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20054.JPG
前髪キレイキレイ。

全部整えたら
一番の髪を選択して
ShadeでDAZ Studioの髪作成20055.JPG
横方向に縮小
ShadeでDAZ Studioの髪作成20056.JPG
四回コピペ。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20057.JPG

左右にずらす。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20058.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20059.JPG
他の髪も、順次細くして数を増やしてずらす。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20060.JPG

こんな感じ。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20061.JPG

サイドがどうしようもない感じ。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20062.JPG
ポイントになる髪を選択して、カーブをつける。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20063.JPG
くにゃ。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20064.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20065.JPG
ポイントの髪を選択してカーブ。
くにゃ。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20066.JPG

ShadeでDAZ Studioの髪作成20067.JPG

ちょっと休憩。
カトゥーンレンダリング。

きっちりアウトラインがとれていい感じ。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20068.JPG

邪魔なので、サイドの髪を削除。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20069.JPG

でっかくカトゥーンレンダリング。

ShadeでDAZ Studioの髪作成20071.JPG

二作目より上達したかな?
ShadeでDAZ Studioの髪作成20072.JPG

一作目(笑)。
ShadeでDAZ Studioの髪作成20073.jpg
バーナビーもちゃんと作ってあげるからねっ!

髪の毛作ると、キャラに愛着がわく。
物凄くわく。

やっぱり髪の毛ってスゴイなぁ、と思った。

サイドが気になるんだけど、絵にしたときにどんだけ気になるのか
実際に作品を作ってみて検証した結果↓
---------
実際にpwToonでイラストにしたものたち↓

フォトショで色々かぶせてるけど
髪自体は修正してない。(した箇所はここに載せてない)

スペキュラは白、アウトラインは赤。

↑↓一本の話でアップしたんだけど、
  pwToonで、突然綺麗な設定を見つけて、突然肌色が変わっている。

このpwToonの色合いは超好みだわ♪

フォトショで入れたのは、文字と、白い星のキラキラブラシだけ。
肌色とか髪色はいじってない。

↓ポリゴンの形状を知っているから、妙だと思うけど
 しらなかったら、普通に髪のツヤとして気にならないレベルじゃない?
 もちろん作り直すけどね。

左こめかみあたりもまぁ、いいんじゃないかと。

シルエットも綺麗。
無駄に髪が跳ねてるのとかが好き♪

この大きさにすると、雑さが目立つ。
ポリゴンの重なりを整えてないからね。

後ろ。

ポリゴンの重なりが、白い横線になって出てる。
髪の流れとしてはこれでいい。

この角度が一番汚い。

このレベルで全員の髪の毛作ってから
気が向いたときに修正する。

アップにしなきゃわかんないんだから、
喫緊の修正じゃない。
数を揃えるのが先。

キースの髪も、このトリム無し方式で作り直したい。

キースの髪は、↓毛先がトリムなのでアウトラインが入らない。
でも、pwToonでも綺麗に毛先は出てる。(トリムが綺麗だからね!自画自賛)

影の入り方も私好み♪

違う系統の髪の毛を混在させたイラスト(笑)
遠景じゃわかんない。

↓髪よりキースのアイラインの不手際の方が気になる(でも修正しなかった)
 上を向いたときはアイラインテクスチャを変えればいいんだ。

↓pwToonのアウトラインそのまんま。

↑原稿にするときは、線の先端をちょちょっとPhotoshopで細らせれば
ペン入れと大差無い気がする。
ラインが汚いけど。


アレ? いつのまにか、pwToonの検証になってる。

虎徹の髪の筈なのに、キースしか映ってない。

↓さすが3Dというか、上からの照明で、髪の毛が胸に影を落とすのが綺麗!

胸元ってこんなふうに影が落ちるんだなぁって、納得した。

さー、ガンガン髪の毛作ってこーっ!

このレベルでいいなら、簡単なんだよ。
10時間ぐらいあればできるから。
(金髪じゃなくて黒髪の方。金髪は修正三回入れたので、40時間ぐらいかかってる。
 それでもこれだ……)

最近本当に思ったんだ。

・ゼロ→7割
・7割→10割

私、『ゼロ→七割』は超得意だと思うの。
多分、ものすごい速さでやってると思う。

でも、7割以上は根気が続かない

キースも、三回の修正で
7割以上突っ込んでたから、
なかなか『仕上がった』感がなかったんだと思う。

まだ、3Dオブジェクト10個作ってないからね。
Shadeの操作も初歩的なことでつまずいてるし。

そんな状態で七割以上を手がけるのは時間の無駄だと思った。

とにかく、7割まででいいから、10個作る。
そして、100個作る。

100個目の七割って、
5個目作ったときの9、9割ぐらいの仕上がりなんじゃないだろうか。

それを考えたとき
不得意分野の『7割→10割』に現時点で手をつけるより
数を作って腕をならして、
『七割』の完成度を上げる方が、
私にもストレスが無いし、時間も掛からない
と踏んだ。

どのみちフォトショで修正するんだしね。

今回ぐらいのなら、修正しなくても胸は痛まないし。

まず数をこなす!
量をこなせば質は着いてくる!

と、
昼寝しているときに思いついて、メモしていた。

ということで
とにかく数を作ることにする。

牛空絵あげて、スカイハイスーツ作る。

やりたいことは一杯在るんだから
作るものの一つ一つの完成度上げてる場合じゃない。

あとで書き直しのできないアナログ透明水彩画じゃないんだから
気がついたらなんぼでも手を入れられるパソコンデータなんだから

五個目作ったときにはできなかったことでも
30個目作ったときには軽くできてる筈。
その時に修正した方が、早いし綺麗!

うん。
きっとそう!

3Dオブジェクトを作るのが目的じゃない。
それを使って漫画を作るのが目的。
遠景にしたら気にならない部分なら、手を抜いて他に手を入れる。

うん。

やっぱり、100枚のイラストを短時間で作ると
短所も長所も見えてくる。

ピクシブでアップする分にはパラパラ漫画でもいいけど
漫画使うなら
「せっかくポーズつけたんだから、いろんな角度から撮ってみよう」
ってのは、棚上げする。

プロットをかっちり組んで
必要なショットだけ撮っていく。
ポーズは残してるんだから、必要ならあとで撮ればいい。

絵が増えると話が変わっちゃうからね!

特に、紙の本を作るときはそれは禁忌。

それと、いくらピクシブでも枚数が多くて助長過ぎる。
絵が100枚あるとかっ、考えるだけでも邪魔くさいわっ!

それを踏まえて次に進む。

よし!

12/08/05 (日) 11:28

○○○ 晶山 嵐 ○○○ しょうやま らん ○○○

---------
今回使ったアイテム
pwToon

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。