【ZBrush 4R6】アントニオ・ロペスの服を作る。3

3Dいじり 3Dを自作する Maya ZBrush 作業記録

この記事は約3分で読めます。

ブーツを作る。

別にメッシュに靴を沿わせるんだから、サイズどうでもいいんだけど、

一応、前から知りたかったので、

DazのMeasure Metrics for DAZ Studioで計ってみたら

27㎝って出たので、32㎝まで拡大しておいた。

ついでに、指のサイズも計ることにする。

規格外サイズもある指輪サイズ表

↓マジメに計測。191㎝マッチョでかいっ!

20140814_061924

まじめな記事も作りましたよ。(これはマジメじゃないんか?)


さぁ、無駄に足のサイズもわかったところで、ブーツ作ろう。

昨日、シャツとズボンを一緒に書き出していたので、

とりあえず、バランスをとるためにも、全部読み込む。

20140814_00Create3D0095

シャツとはいえ、肩幅もパット入れて大きくしてあるので

ブーツもざっくりと大きめに作る。

スカイハイブーツのもとをプリミティブとして読み込んで、色をつけて開始。

20140814_00Create3D0096

今回は、ちゃんと早送りしたメイキング動画。

結局、面倒くさくなって途中でZBrush 4R6使った。

メッシュの基礎ができたらZBrush 4R6でやる方がいい気がした。

しわつけるのが超楽しいんだけど、そんなこまかいしわ必要ないブーツなんだよね(笑)

こんだけ簡単にしわつけられるなら、服のしわも自分でつけた方が簡単なんじゃないかと

ふと思うんだけど

ポーズによってのモーフの作り替えとか、

自動でできるなら自動でしてもらいたいので

やはり服作成はMarvelous Designer 3の三角ポリゴンで行く。

もうここは決定とする。

うん。

そして、柄を先に作らなきゃいけないので、

しわの前からやりなおし……

今回も、メッシュで色分けしようかと思ったんだけど、

ウエスタンブーツはさすがにステッチとか派手に入っているので

ディスプレイメントでした方がいいと思う。

アルファとかブラシ作成とかの勉強しながらだ♪

それと原画集では爪先が跳ね上がってないけど、

ウェスタンブーツは先が跳ねてるので跳ねさせておく。

ブーツ終わってないけど、帽子の作り方を思いついたので、先に作った。

20140815_00Create3D0104

形がいま一つなんだけど、どこをどうしたらいいのかわからないのでとりあえず寝る。

20140815_00Create3D0105

この帽子をもっとかっこよくするにはどうしたらいいかしら?

トップが大きい?

もうちょっと被りが深いかな。

髪の毛は帽子用モーフ作るので、ここでははみ出ててもいい。

エンジョイ! & サンキュー♪

20140816_062153

BLESTAR ZBrush ベーシック

私が買った、ZBrush 4R6の参考書。 | Create3D-3dCG制作作業日記

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。