記事の詳細

ル・アさん作成。なんとなく最後まで残していた眉毛にかかる。

前記事

【ZBrush4R6】ル・アを作る。12 眉毛を作る 【Daz3D】 | Create3D

(↑まだアップされていません)


【ZBrush4R6】ZAppLinkがおかしい……(ノд・。) グスン 助けて。 | Create3D

↑の通り、ZAppLinkがおかしいので、Photoshopで直接テクスチャに眉毛を作った。

 

↓はM4の眉毛を変形させて張り付けたもの。

131005_D 天川和香 Create3D1997

これをZBrushに張り付けて、眉毛の部分をスカルプトしようと思ったんだけど

Photoshopで眉毛だけのレイヤーを作ってそれをアルファで読み込めばいいんじゃない?

ということに気付いた。

 

とにかく、ZAppLinkが使えないとなると、テクスチャ作成が大変なので、早く解決法法を見付けなければならない。

ZAppLinkの何が楽、って

Genesisは顔のテクスチャがずれているので、片面を作って、それを反転させて半分を削除、しても反対側が綺麗にならない。

その『ズレ』の数値をまだ確認していない。

 

ZAppLinkだと、半面を作ってそれをPhotoshopで左右反転して、半分削除したら綺麗にはまるのよ。

ものすごい顔テクスチャ作成の時間短縮になる。ぜひとも復活させたい。

眉毛とかはいいんだけど、目が……目の反転は本当に使い物にならないので、ZAppLinkを使わせてほしい。

 

 

------------------------

Photoshopで、1ピクセルブラシで眉毛を描いていく。

131005_D 天川和香 Create3D1999131005_D 天川和香 Create3D2000131005_D 天川和香 Create3D2001

↑ここまで三枚が別レイヤー。

ZBrushにアルファとして読み込んで、ディスプレイメント作るため。

 

どう重ねても眉毛が黒くならなかったので、↑三枚を統合して

その上に、3ピクセルブラシでもう一枚書いた。

131005_D 天川和香 Create3D2002

 

こんな感じ。

131005_D 天川和香 Create3D2003

 

Daz Studioでこんな感じ。

131005_D 天川和香 Create3D2004131005_D 天川和香 Create3D2005

 

眉山が見えるように、内側に寄せた。

131005_D 天川和香 Create3D2006

眉頭と眉山のポリゴンの厚さが違うので、ZBrushで揃える。

テクスチャで見たまま表現されないと今後面倒臭い。

 

 

ポリゴンを整えて、眉毛の太さを一定にした。

131005_D 天川和香 Create3D2007131005_D 天川和香 Create3D2008

 

Daz Studioに読み込めなかった(T_T)

 

ポリゴン数が四倍違う。ちょうど、一回デバイドした数値じゃない? これって。

131005_D 天川和香 Create3D2009

 

でも、デバイドしてないんだよ。

131005_D 天川和香 Create3D2010

ああ。

 

前回、Daz Studioに読み込んだル・アさんを出力するときに

ベースで出してなかったんだ……

 

もう一度やりなおし。

131005_D 天川和香 Create3D2011

 

左、修正後。右、修正前。

131005_D 天川和香 Create3D2012 131005_D 天川和香 Create3D2006

正面から見て眉尻も見えた方がいいと思ったので、そこらへんも全部直した。

 

これで、テクスチャで真っ直ぐに書いたら、眉毛も真っ直ぐになる。

 

いい男じゃないかぁ~♪

131005_D 天川和香 Create3D2013

 

 

なんか、おかしいと思ってた。

131005_D 天川和香 Create3D2014

眉頭の位置を下げたから、ポリゴンのつり上がりに添ってくれなくて

怒ったときに眉毛が曲がらないんだ。

 

 

 

131005_D 天川和香 Create3D2015131005_D 天川和香 Create3D2016131005_D 天川和香 Create3D2017131005_D 天川和香 Create3D2018

この、笑うときに口の脇に出るしわって、自然なんだろうか?

 

普通は、鼻から口端にシワが走るから『八』の字になるよね。

 

顔の輪郭を肌色で塗りつぶし、顔テクスチャを複製して一色塗り潰しのテクスチャを作成。

それを、爪以外の身体に適用する。

131005_D 天川和香 Create3D2023

眉毛無しのテクスチャ以外削除。

 

 

131005_D 天川和香 Create3D2021131005_D 天川和香 Create3D2022目、赤い!131005_D 天川和香 Create3D2024

 

 

目はキースさんの目をいじる。

【DAZStudio4】綺麗な青い目できました♪【非リアル&非アニメ】 | Create3D

131005_D 天川和香 Create3D2025

茶色を乗算。

131005_D 天川和香 Create3D2026

おうっ?

131005_D 天川和香 Create3D2027

青と茶色混ぜたら緑になるの? なんで? 乗算だよ?

 

色調補正で茶色の暗い色にする。

ル・アさんは黒い目だからね。

131005_D 天川和香 Create3D2028

 

白目も、目が大きい分、デフォルトだと血の色が見えるので、

 

血の色を後退させる。

131005_D 天川和香 Create3D2029

 

 

131005_D 天川和香 Create3D2030

 

左、血の色後退後。右、デフォルト白目。

131005_D 天川和香 Create3D2031131005_D 天川和香 Create3D2032

 

けっこう茶色にしたんだけど、真っ黒だね。

131005_D 天川和香 Create3D2033

 

 

左が↑。右が↓

131005_D 天川和香 Create3D2028131005_D 天川和香 Create3D2035

 

うっすらと、『真っ黒ではない』ことが判る黒目。

131005_D 天川和香 Create3D2034

漫画的にはこれでいい。

 

 

131005_D 天川和香 Create3D2038131005_D 天川和香 Create3D2036131005_D 天川和香 Create3D2037

なんか、眉毛が違う気がする。

 

ここからが、自分の美意識との戦いさ!(笑)

これは髪の毛とは違って、楽しい作業♪

 

 

Photoshopでこれだけ真っ直ぐの眉毛が、Daz Studioでは曲がる。

131005_D 天川和香 Create3D2040131005_D 天川和香 Create3D2039

もちろん、曲面だから仕方ないんだけど

ここはPhotoshopで戦っても仕方ないので、ZBrushに読み込んで、ポリゴンでカタを付ける。

 

こんな感じで、眉毛は直線じゃなく、流線。きゅっと眉山に駆け上がっていく感じ。

131005_D 天川和香 Create3D2043

 

 

 

笑い皺修正。

左がル・アさん、右がGenesis。

131005_D 天川和香 Create3D2041131005_D 天川和香 Create3D2042

口回りのポリゴンは、やっぱり、小鼻から顎へ、『八』の字に流れなければならない。

 

131005_D 天川和香 Create3D2045131005_D 天川和香 Create3D2046

 

まぁ……さっきよりはましになったよね。

目が関連することはどうせモーフを作るから、笑顔も一緒にモーフ作ろう。

 

131005_D 天川和香 Create3D2047131005_D 天川和香 Create3D2048131005_D 天川和香 Create3D2049131005_D 天川和香 Create3D2050

 

よし。

 

ディスプレイメント作るように眉毛のレイヤー作ってるけど、そんなものはあとだ!

まずは髪の毛を作ってあげよう♪

とか思ってたら、眉毛のレイヤー残してなかったよ(笑)

 

まぁ、肌色に黒が乗っているので、抽出して出すことはできるから、とりあえず後回し。

髪の毛髪の毛♪

 

 

へっへっへっへっ♪

超楽しい♪

 

 ------------------------

【ZBrush4R6】ル・アを作る。14 顔に模様を描く 【Daz3D】 | Create3D

------------------------

 

 

Enjoy!&Thank you♪

2013_10_05(土) am06:44

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る