ダイナミックヘアでGenesisの髪を作る。1【Carrara8.5】

3d 他ソフト
3d 他ソフト 3Dいじり 作業記録

この記事は約6分で読めます。

CarraraでGenesisの髪を作る。

 130506_D9204

GenesisをCarraraに呼び出す。

Genesisがいない……

130506_D9176

 

とりあえずここから出せた。

130506_D9178

 

ダイナミックヘアー開始。

参考動画

 

ダイナミックヘアーのアイコンはここ。

130506_D9177

 

ダイナミックヘアのアイコンを、髪を生やしたい部分にドロップ。

130506_D9180

 

ダイアログが出るので↓をチェックしてOK。

130506_D9179

 

ウインドウが自動で変わります。

130506_D9181

 

自動的にモデルルームに入っています。

130506_D9182

 

髪を生やすための選択範囲を作ります。

ツール

130506_D9184

 

緑枠。

ベイントかラッソ。

130506_D9185

ラッソの方は、矩形選択というか、背面まで一気に選択できる。

ペイントの方は、マウスのある場所だけ選択になる。

 

最初はラッソで大まかに選択。

130506_D9186

 

選択。

130506_D9187130506_D9188

 

これで綺麗に背面も作れていたら、左右対称になるんだけれど

130506_D9189

 

左右対称はむりっぽ。

130506_D9190

サイドビューならできるんじゃないかと思ったんですが

うちのサイドビューだと頭部をアップにできませんでした。

できる人はサイドビューを使うと、左右対称に選択範囲がすぐに作れると思います。

 

 

ペイントモードにして……でっかいブラシ!

130506_D9191

 

このブラシの大きさは、ここで小さくできます。

130506_D9194

 

ちまっ。

130506_D9192

 

 

ラッソでここまで塗って、

130506_D9195

 

ペイントで細部を詰める。

130506_D9196

 

消しゴムは『シフト+ドラッグ』

130506_D9197  130506_D9198

 

 

130506_D9199

 

選択が終わったら、髪の毛を生やす。

Carraraで植毛する。

髪の毛を生やすツール。

130506_D9203

クリック。

 

 

130506_D9204

なぜにっ!

 

130506_D9205130506_D9206130506_D9207

笑った私は悪いこですか?

 

髪の長さを決める。

130506_D9208

数値が大きいほど長くなります。

 

腰丈にした。

130506_D9209

130506_D9211

 

明らかに長さが違うよね。

130506_D9210

 

ショウ ジェネレイティッド ヘアー。

生えた髪を見せる

のチェックを外す。

130506_D9212

 

ガイドヘアーだけが見える……おう……(T_T)

130506_D9213

そりゃ、ああなるわ。

 

 

なんで四本なのかと推測。

ヘアーサロンに入った段階で

オブジェクト全体に対するガイドヘアーの本数が決まってる。

だから、この場合だと、Genesisの全身で何本、ってことになってる。

それが、頭部だけ選択したものだから、頭部分のガイドヘアーしか存在しないことになったので

こんなことになってる。

と思う。

 

ここでガイドヘアーの本数を増やせる。(最初は四本だった)

130506_D9214

 

しかし、まったくランダムに生えてる。

130506_D9215

人間の髪をスタイリングするなら、もっと必要。

なんだけど、とりあえずテストとして、これでやってみる。

 

100本でこれだから、千本はガイドヘアー無いと、細かいスタイリングは辛い。

 

スタイリング開始。

ブラシツールをクリック。

130506_D9216

 

先端にポイント出現。

130506_D9217

 

とりあえず、ここに重力を掛けるので、顔に掛からないようにだけスタイリング。

130506_D9219

 

分け目も

130506_D9220

 

一応わけておく。

130506_D9222

 

アッセンブルルームに戻る。

130506_D9225

 

ビュー→ショウ プロダクション フレーム

130506_D9224

 

130506_D9226

 

レンダリングルームに行く。

130506_D9227

 

レンダリングする。

130506_D9228

 

 

おお……♪

130506_D9229

根元が太くていい髪だね。

もうちょっと本数少なくていいかな。

 

ドレープオール。

130506_D9230130506_D9231

一回クリックで、こうなる。

二階クリックでも同じ……オヤ?

 

しかも肩に刺さってるしな。

130506_D9233

 

ルートをゼロにすると

130506_D9234

 

こうなる。

130506_D9235

 

↓この数値を小さくしておくと、シミュレーションが速いので、

テストするときはオススメ。

130506_D9236

 

ルートを小さくするとてっぺんはげになるので

どうにかならないかと『hair』の値を100にしたら

シミュレーションがとんでもないことになった上に、

めちゃくちゃ時間がかかってる。ごはん食べに行けそう。

130506_D9237

 

------------------------


簡単に、毛を生やした多角形を転がす動画を作る方法。

これね、ここまでなら本当に簡単にできる。

 

持ち上げて、シミュレーションするだけ。

♪Carrara開けたら二分で動画♪

そんな感じ。

 

シミュレーション動画っていうのは、もっと高価なソフトでするものだと思ってたから

凄く驚いた。

 

------------------------

頭頂ハゲ問題について。

130506_D9239

髪一本のコントロールポイントの数が決まっていて、

髪を長くするとその間隔が広がる。

 

この長さだと、根元から最初のコントロールポイントが赤枠になる。

だから、少し位置が落ちただけでもてっぺんに髪が無くなってハゲになる。

 

だから、この問題を解決するためには、一本の髪のコントロールポイントの数を増やす方法を見つけなければならない。

それができないなら、長髪のスタイリングは無理。

 

Genesisだといちいち面倒臭いので、球に髪を生やした。

130506_D9240

------------------------

解決策の一つ。

Genesisを縮小する。

一本のコントロールポイントが決まっているなら、Genesisを小さくすれば

そのコントロールポイントはつまる。

最終策。

------------------------

『ドレープ オール』 髪を重力に従わせる。

『コンバート』 それを確定する。

130506_D9243

コンバートせずにドレープを押すと、何度やっても

最初のドレープの繰り返しになる。

 

コンバートでドレープで垂れ下がった分を確定して、そのあと

ドレープすると、その位置からまた重力にしたがって下がる。

 

アホ毛ががんばっておる。

130506_D9242

いやいや、こういうことがしたかったんじゃないでしょ。

コントロールポイントの増やし方を見つけたいんだよ。

 

さっきのGenesisと同じぐらいの、第一コントロールポイントの距離。

130506_D9244

この間に、せめて三つはポイントがほしい。

というか、三倍になって欲しい。

毛先もカクカクしてるのはいやだ。

 

 

次。

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。